クイルスピンドルお試し紡ぎ 

  • Day:2017.06.30 00:42
  • Cat:道具
初めての道具は、やっぱり嬉しいですね。
早速装着して紡ぎました。
th_1706クイルスピンドルウール

アシュフォードのクイルスピンドルは、トラデショナルのダブルにもシングルにも着けられるようにコマ(プーリーと言った良いのかな?)がクイルの両側についているので安心。
ダブルドライブのトラデショナルに装着してみました。


先ずはちょっと憧れている立ったまま紡ぐスタイルに挑戦。 ホイールを回しましたが、ホイールの直径が小さく手で回すには低い位置にあるので背の低い私でも回しにくい。回転も遅くて…残念。
ネット上でよく見かける立ったまま紡ぐスタイルは、大きなホイールでないと 無理ですね。小さなものは姿勢が悪くて長くはやれそうにありません。
当たり前だけどトラデショナルは椅子に座って紡ぐ道具ですね。



次は 座って紡ぎます。
クイルの先端からの引き出す角度とか巻き取る時の位置 それに加え ペダルも踏まないといけないのですから、結構座る位置には配慮が必要です(腰が痛くならないためにも)
コレは片足踏み用の のトラデショナルでなければ身体に無理がかかりそうです。(工房には、両足踏み用のが無いので確認はしてません)
とりあえず 良さそうな位置をみつけ、先ずはウールを紡ぎました。
ドライブベルトは、1番大きな円周にセット。

糸車と違って両手が使えますから、苦戦するかと思った糸の引き出しも楽勝です。面白い様に紡げました。


th_1706クイルスピンドル綿

ドライブベルトの位置はそのままで 今度は綿を紡いだのですが、それではやはり回転数が足りないので、1番小さな円周にセットし直し。
こちらも面白い様に 糸になります。
以前チャルカで苦戦したのがウソのようです。
慣れた道具ってすごいですね。
今度はカシミヤを紡いでみよう。




にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
にほんブログ村

修理第3弾 糸車編と新しい道具クイルスピンドル

  • Day:2017.06.28 12:15
  • Cat:道具
th_1706糸車
こちらの糸車は、お時間のある時にお直しを願いします…と預けた物。
「紡ぎ」とは言っても私は綿を紡がないため 糸車はほとんど使わないので…預けていたことさえも忘れかけておりました(汗)
以前自分で修理した2015年の記事はこちら
水拭きをしたり洗えそうなものは洗ったり…と結構無謀なことをしたので車輪の組んである竹が緩んでしまったり、なんとも素人のやる事は治すのではなくて壊してる…と実感した道具です。
こんなに美しくなって戻って来ました。
th_1706糸車アップ
古い道具のお手入れ方法も教えていただきました。
そして…実はこの糸車が届いた時に、やはりこちらも入荷待ち(半年ぐらいかな…こちらもちょっと忘れてました)していた道具が届きました。
クイルスピニング。
トラデショナルに装着します。
この頃は、錘(つむ)で糸を紡いでみたかったのでしょうか…。ハハハ。
カシミヤを紡いでみようかな…。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
にほんブログ村

26日のレッスンは、色作り

本日のレッスンは、4月に染めた羊毛を使って色のブレンドの講習。
ドラムカーダーを使って色々なイメージのバッツを作る。
又は、計算をして色相環を作ります。

こちらは 色相環。

暑い中ウールの手仕事は大変ですが、
今頑張らないと冬に着られませんから…頑張り時ですね。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
にほんブログ村

修理第2弾 リトルジェムのドライブベルト装着 結構大変!

  • Day:2017.06.26 22:16
  • Cat:道具
こちらも修理
ドライブベルトの交換というだけのことなのですが、
これが結構大変で・・・
ネットで調べても交換した人がいないようで情報が全くありません。
マジャクラフトのサイトの取扱説明書を見ても書いてないないのです。

緑の紐 これがドライブベルトです。
これはすでに直してもらったところです
このソロバンの駒のようなところにこのベルトを通すのですが、
ペダルと繋がっているクランクと軸を外さないと丸く繋がったゴムの紐は通りません。
th_1706リトルジェム補修

外すためには 画像で見えている穴に六角レンチを差し込んで回すのですが・・・。
これが固くて回らない。ネジを舐めてしまいそうだし・・壊しそう。
穴も2つあるし 外した後もう一度戻せるか不安だったり・・・。

とうわけで、こちらもk-spindlesさんにお願いして直してもらいました。
ネジを回した時の バキ!という音は心臓の悪かったです。
私ではとても怖くて回せなかった。

th_1706リトルジェム


治りました。よかった〜〜。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
にほんブログ村

紡ぎ車の修理 トラデショナル編

  • Day:2017.06.25 21:33
  • Cat:道具
レッスンで使っている アシュフォードのトラデショナル。
アシュフォードのロゴが古い物く 車輪のスポークがシンプルな形状の1970年代の紡ぎ車。
大事に使っていたのですが、車輪の軸の接着剤が剥がれてきたのか? 隙間ができてしまいました。


th_1706トラディショナル

紡ぎや編み物の道具は木工製品が多く 素人でも直せそうだけど…
どこまでいじって良いものなのか?この方法でいいのかな?などと悩む事が以前はとても多い。
ネットで調べても 木工の基本の用語はわからないし道具もない…。

そんな中 最近は強い味方ができました。
スピニングパーティーにも出店されているk-spindlesの 柴原さん
工房も私の工房(駒沢)から同じ路線で近く いつも気軽に相談に乗ってくだって本当に感謝。

トラディショナルは現在進行形で直してもらいっている最中です。
th_1706ホイール修繕

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
にほんブログ村