fc2ブログ

all about the wool16 「羊のきほん」24(水)〜28日(土)

本日より28日(日曜日)まで大倉山記念館ギャラリーにて
all about the wool 16 「羊のきほん」開催中 (私は27日土曜日 在廊予定)

昨日 天気の良い中で搬入を終えホッとしています。
大倉山記念館ギャラリーの周りはとても見晴らしがよく、気持ちの良いところ。
坂を登り最後の階段を上がると青空にプレ・ヘレニック様式の素敵な建物が見えてきます。
「毎年、こんな素敵なところで作品を展示させてもらえて感謝だなぁ」と一年の締めくくりをこの大倉山記念ギャラリーの搬入を終えた時にいつも思うのです。

2111allabout16_convert_20211124103253.jpg

デザイナーは、Tatsiana Kupryianchyk
作品タイトル Graphite Mandala のアレンジ。円形のマット
直径60cm・460g
2111allaboutかぎマット

スプラング  2:2斜経ヨコ綾 糸:茶=太番手の国産羊毛 白=ハードウィック+ブラックフェイス;サフォーク
2111allaboutスプ2


スプラング インターリンキング+インターレイシング 面の入れ替え操作 糸:市販糸の撚り合わせ糸
2111allaboutスプ1


スプラング 環状整経による輪で組むスプラング 糸:オステルヨートランドDoRedo
2111thallaboutスプマフ

紐:もじり組 
2111th_allaboutヒモ

こうやって並べてみると 遠山記念館の「織の世界に遊ぶ心」の小林桂子氏の「交差・もじり・編み」を少しずつですが、体感する一年だったようです。編みは棒針ではなくかぎ針編みでしたが・・・。
織の経験値の低い私は、「もじる」と「交差」の違いが中々掴めず頭の中が「??」マークがたくさんつきました。
スプラングの相原先生の紐の講習で学んだ 構造を理解するための訓練が本当に力になり理解力が増したと思います。
来年は、このことを踏まえて作品作りをしようとワクワクでいっぱいです。

紡ぎも、編み物用の糸作りとラグ用は違う・・・とシミジミ痛感いたしました。
いつも用途にあった糸作り「素材と紡ぎ方」とレッスンの時に申し上げていますが、自分こそもっともっと紡いで勉強セイ!!と次の道が見えて来て、幾つになってもやることがいっぱいで楽しいです。

all about the wool16 「羊の基本」に円形のマットを出します。

 毎年この季節、all about the wool に出す作品の仕上げでテンテコ舞いなのですが、
今年は、巣篭もり生活が長かったので多少余裕があったりしています。

2021年のチャレンジは、英文で編むかぎ針編み作品を作ること。
糸は羊毛の太くて硬く、通称モモ毛と呼んでいる、羊の太もも太い毛質部分の茶色と
白髪のような毛(ケンプ)のあるハードウィックやその他サフォークの太番手部分の白い羊毛を紡ぎ編みました。

デザイナーは、Tatsiana Kupryianchyk
作品タイトル Graphite Mandala のアレンジ。

英文のカギ針編みは初めてだったので少し混乱しラフな編み図を書いていましたが、後半は編み図を書かなくても編めるようになりました。
円形のマット
直径60cm
460g

th_IMG_9645.jpg

all about the wool 16
2021.11.24〜28(日) 11:00〜16:00
場所:大倉山記念ギャラリー
th_2111みんなの工房DM

みなさま、マスク着用でお越しくださいね。

「織の世界に遊ぶ心」遠山記念館 2021年11月28日まで

埼玉県比企郡にある遠山記念館で開催中の
2013年に発行された「糸から布へ」の著者小林桂子さんの作品と世界の織物を展示した「織の世界に遊ぶ心」を見てきました。

https://www.youtube.com/watch?v=wAkycSkJCbU


この「糸から布へ」という本は、最近の私の愛読書です。
世界中の糸から作られたもの組織を解説していて わからなくても見ているだけでなんだか面白い本。写真ではなく手書きのイラストで技法の解説をしているので、ポイントが見やすくて本当に買ってよかった1冊。

th_糸から布へ

そしてこの本の特集だったのが

SPINNUTS No.107号 特集“糸から布を創る” 織物以前のテキスタイル
遠山記念館には図録は売っていませんでした。でも受付でSPINNUTSが販売されていました。
まさに107号は図録のようなお宝号です。
th_2020107スピナッツ

「糸から布へ」でイラストを見て「実物を見てみたいなぁ〜」と思っていたものが
SPINNUTSで作品画像 手元画像 解説を読み
今回遠山記念館で本物を見た!
ワクワクする これは糸好きには見逃すのはとても勿体無い展示です。
会期は28日まで遠山記念館は、埼玉県の川越の駅からバスに乗っておよそ30分 そこから徒歩で15分という
そこそこ遠いですが是非!おすすめです。

Sumi Spin Studio の電動つむぎ機 BC1200 ドライブベルトの修理

  • Day:2021.11.19 10:07
  • Cat:道具
BC1200は、20年ほど前に購入したSumi Spin Studio の電動つむぎ機です。
今までも何度かblogにスミさんの電動スピナーのことを話題にしてきました。
本当によくできたつむぎ機なのです。
スミさんはすでにつむぎ機の製作はされなくなってしまったようなので
手に入れる方法は少ない(USED)が出るのを待つほかはないと思いますが。
復刻版が出たらいいなぁ なんて思っています。

大切に使っているスミスピナーですが、
とうとう ドライブベルトが劣化して切れてしまいました。
購入時に1本スペアがありましたがそれも使ってしまっていたので
今回はベルト購入からしなければなりません。

<補修の覚書>
補修に必要なものは、
・ベルト(オレンジ色のコードは:『バンコード』という名前です
・ハンダコテ
・作業用のマット
th_2111スミ ベルト補修キット


1)バンコードは、切れたドライブベルトの直径を測って同じ寸法のものをamazon で購入。

2)切れたベルトの長さを測り、少し長めに切り用意する。そのとき切り口は垂直になるように切ることが重要。
 斜めにカットするとベルトが円形に接続しないし、すぐ切れます。

3)ハンダゴテをチンチンに熱しておく。

4)バンコードの切り口にハンダゴテを当ててバンコードを溶かし、もう片方の切り口と接着させる。
  ギュウッと接着するまで手を離さずに圧をかけておく。

5)溶けて溢れたバリをハンダゴテで溶かしながら伸ばしてなるべく平らにする。

6)元あったようにドライブベルトをかけて終了。

th_2111スミベルト接着

th_2111スミセット完了

以前から、ドラムカーダーのベルトが切れたり、他の電動スピナーのドライブベルト(バンコード)が切れたことが何どもありました。
その度に、バンコード接着にチャレンジしたのですが、
コンロの火・チャッカマン・ロウソク などで炙ってみたりしたのですが、
コードが黒くなって溶け方が均一にならないのでキチンと接着できませんでした。

そんなこんなをfacebook で嘆いていましたら、「バンコードは、ハンダゴテで溶かすといいわよ!
とホームスパンの工房をされている清野先生から助言をいただいてましたので今回はハンダゴテで早速試したところ
簡単に接着できました。本当嬉しい。また1つメンテナンス技を覚えました!
バンコードが切れた時、お試しくださいね。

all about the wool 16のお知らせ

年末恒例の all about the wool が今年もあります。
もう16回目。長くやってきています。

コロナもこのまま収束してくれればいいけれど・・・。
みなさま、マスク着用でお越しくださいね。

2021.11.24〜28(日) 11:00〜16:00
場所:大倉山記念ギャラリー
th_2111みんなの工房DM