FC2ブログ

三ツ葉屋さんが閉店とは・・・哀しい

初めてローワンの糸を買ったのは、丸の内の丸ビルにあった頃の三ツ葉屋さんでした。
あれから数十年。
最近は、糸を買うことは少なくなったけれど、
青山1丁目の駅で降りる時は、必ずと言っていいほど立ち寄っていたお店。
2019三ツ葉屋


いつも店主(かな?)のおじさまがネクタイをキチンと締めてと対応してくれる 
なんとなく大人の雰囲気が漂うお店でした。

ホームページのないお店は、こんな有名店でも閉店してしまうのかしら?残念です。

今日は、ロピーセーターをいつか(笑)は編もうと A'lafosslopi の糸を着分を買ってきました。(画像の糸は全部ではありません)
2019ロピー糸
太い棒針はディスプレイ用に 

その足で神田に行き
羊のバッグはアイルランドハウスヒーローで

そして根津まで足を伸ばして、COUZT CAFE で打ち合わせ。
久しぶりに素敵なニットな方々とお話ができてものすごく楽しかったです。
春に向けて 面白い企画ができそうでワクワクです。
1901コーツ打ち合わせ




にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
にほんブログ村

すっかり秋ですね。

すっかり秋ですね。
ご無沙汰してしまいました。
昨日イギリスから帰ってまいりました。

10月2日から渡英し 作品展に参加してきました。
9月のスピニングパーティー以降
本の出版もあり 
色々すべき事もある中 作品展初日からのワークショップなど不安と楽しみの入り混じった
ハイテンションのまま出かけてきましたが、
英国のスピナーさんと交流して本当に楽しい時間を過ごしてきました。
その件は おいおいblog に書いていきたいと思います。



th_18 1002ギャラリー

奥多摩紡ぎピクニック

日曜日 奥多摩に紡ぎピクニックに行って来ました。
曇天のお天気でしたが、このところ少々お疲れ様モードの私には、ちょうどいい。
あまりに晴天だと 何だかテンションあがりすぎてしまうので(汗)
奥多摩は、ルルさんのホームグラウンド。
いつもアップされる画像は緑が多くて素敵なところなので 一度伺ってみたいと思っていました。
もう❣️本当に素敵なところでした。
散策して おしゃべりしながら紡いで  美味しい物も食べて  本当に楽しかった。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
にほんブログ村

京都 素材屋さん巡り(烏丸通り北上編)

明日からの梳毛糸 紡毛糸の講習に京都に来てます。
品川駅では何と!ドクターイエローと遭遇。
何だか幸先が良いです。
京都 到着。寒い!と言うか風が冷たい。雪がチラチラ舞ってます。

曇天の京都タワー。
まずは、京都タワーの地下から真芋屋町に引っ越ししたヨシカワへ。京都の楽しみの1つ。デッドストック物やら編み機のパーツ・中古の編み機から部品取りして販売してる物があったりと中々 ディープな手芸屋さんです。

アフガンキャップ 箱が潰れたからパッキングしたのかな? アフガン針専用?

ナント!9mmピッチのガーター機。
始めてみました。こんなお宝が眠っているなんて~~

起毛機 東京でも探せば売ってそうなんだけど中々お目にかからない道具の1つ

握ると開くピンセット…。これって何用何だか全くわからない。突っ込んで開いて摘んで引っ張る道具ですよね?
プライスプリットに使えるかな?面白い~!ヨシカワは、いつもの裏切らない面白さがあります。

東本願寺の前を通過して。
五条の田中直染料店本店へ。
買い物なら渋谷ですればいいのですが、本店は初めて。入り口は、さすが京都の佇まいです。


店内も広いですね。お安くなってるシルクコットンのストールやら キビソの糸など 物欲を止めるのが大変(汗) グッと堪えて染料を少しお買い上げ。

そしてコチラ。金の羊の向かいのビル。山口忠兵衛商店 ココも始めての訪問。東京の神田手芸の様な感じ。布・針物関係の手芸品の取り揃えが多く編み物関係は、あまり無かったです。
その中でも へ~って思って思わず買ってしまったのがコレ。
こはぜ。さすが京都だからか?たっぷり入ってる。

ツメ  袋物に使うのかなぁ…っと思わず買ったけど…ポーチの蓋などに使えるかな。
そして金の羊へ。
本と道具を少し購入。羊毛は買わず!
その後、四条まで歩いて明日乗るバス停の場所をチェックして ハンズにもちょっと寄ってホテルに戻って来ました。
京都駅から四条まで歩いて 五条まで戻ってきておよそ13000歩。歩いてこんなに回れる京都っていいなぁ~~と思った1日でした。
お買い物も終わったし、明日からの講習頑張ります。

タイ 興味津々 そしてヤッパリ遺跡

ワット・マハタート(アユタヤ)
1767年ビルマ軍の侵攻により破壊された。

刈り落とされた仏像の頭を菩提樹の根が抱え込む。
th_IMG_6099タイ仏頭2

横顔 
th_IMG_6102タイ仏頭

残された寺院の高い壁
th_IMG_6100ワットマハタート


th_IMG_6101ワットマハタート

th_IMG_6116ワットマハタート
雨季でしたが、ずっと青空 遺跡で過ごす時間はあっという間。


ワット・ナー・プラ・メーン(アユタヤ)
戦火を逃れた貴重な寺院。礼拝堂の石仏。本堂の金色の大仏の情報はネットに多くありますが、
こちらの石仏の方が素敵(笑)
th_IMG_6079タイ仏像2


アユタヤ・日本人街から望む・チャオプラヤ川
とうとう流れる川面。ホテイアオイと思われる・・・水草が流れています。
大きな運搬船の往来があり、生活に密着してる川なんだなぁ〜っとなんだか感慨深くなってしまいました。
th_IMG_6024.jpg

バンコク・船着場からのチャオプラヤ川と夕日
アユタヤから80km 海に近い川は広く高層ビルが似合ってます。
th_IMG_6329タイの夕日

タイ旅行記 これにて終了。

タイ 興味津々 乗り物&動物

市場にいた八百屋さん。
スクーターにいろんな野菜をくくりつけて売ってます。本体が見えませ〜〜ん。
th_IMG_5985タイ八百屋

ノーヘル二人乗りは通常。お父さん最強!5人乗り。
th_IMG_6071タイ乗り物

かなり綺麗めのトゥクトゥク。(ジム・トンプソン行きのだから)
th_IMG_6272乗り物

大型のトゥクトゥクのような乗り物。タイ語が読めないからどこ行きか全く分からず。
th_IMG_6325タイ乗り物

象・・は乗り物?かな。乗りたかったんだけど「いろんな汁が飛んでくるらしいよ・・」と言われその後の予定もあって断念。
汁って・・何? 鼻水?
th_IMG_6033.jpg

いたるところで 寝ている犬たち。
涼しい所知ってるね。
th_IMG_6057タイ犬2

犬も枕が欲しいのか。
th_IMG_5984.jpg

埠頭で寝転ぶ。自由だ〜。
th_IMG_6332タイ犬

th_IMG_6140タイ猫

th_IMG_6138タイ猫

タイ 興味津々 市場編

タイネタ続きでゴメンなさい。

アジア圏 初心者。異文化に触れるとワクワク ドキドキがとまりません。

まずは、市場(アユタヤ)
魚:川魚が多いのでしょうか?よくわかりません。
生魚よりすり身のお団子やさつま揚げ・魚肉ソーセージのような物がとっても多かった。
th_IMG_5972タイ市場魚

この日は、タイの連休前で肉屋は軒並みお休みだったようで、かろうじて鶏肉屋があった。
凄いオープンな市場だけど、そんなにハエもいなくてよかった・・。
th_IMG_5973タイ市場鶏肉

果物: 薄茶の丸いものが・・・気になる!
th_IMG_5974タイ市場果物
旅行中、FBで 「コレ何だろう?」って尋ねて教えてもらって、是非!食べねば!!と
リュウガンwikipedia
IMG_6238ロンガン

実はライチに似て半透明で種があります。でも皮がライチよりちょっと硬くてイゴイゴしてません。
味は ほんのり甘くて美味しい。ライチより香りが少ないかな・・・。
IMG_6239ロンガン


卵:このピンクの卵!!何〜鶏の卵よりちょっと大きいぞ。こんな色の卵産む鳥って何???
th_IMG_5977タイ市場卵
・・・ピンクの卵はピータンでした(ちょっとガッカリ)って思ったんだけど調べてみたら
このピンクは着色料ではなくてどうも馬の尿につけて作るらしい。ひえ〜〜。
ピータンはアヒルの卵を強いアルカリで熟成させた食品ってことなので、まんざら嘘でもないかもしれない・・・
食べるのに勇気がいるなぁ・・まぁ 殻を食べるわけじゃないのですが。



スウィーツパン屋 奥のピザの様な形状のものも甘いらしいです。
th_IMG_5986タイ市場スウィーツ

おなじみ・・虫の唐揚げ。フライドチキンと一緒に売ってる!ってことが普通って事なんだよね〜っていう事実が衝撃。
th_IMG_5993市場虫

タイの電線

昨年の夏 工房をアパートの4階に引っ越して1年。あっという間でした。

引っ越して一番びっくりしたのがコレ。
窓から見える電線。 これ以降 電線が気になってしょうがありません。
th_1507電信柱

タイの電線はすごかった!
アユタヤの片側4車線の道路は、横断歩道の代わりに歩道橋が点在しています。
その、手すりに束になった電線がくくりつけてある!度肝を抜かれました。
屋台は・・・そこからどうも電気を失敬しているような感じ(個人の感想です)

バンコクの歓楽街の電線。
th_IMG_6222電線

これは、ちょっと凄い。近未来の映画にワンシーンになりそうな電線。
th_IMG_6225電線

そして、働くおじさん。3人がかり、凄いなぁ〜こんなに暑いのに長袖で作業してる。
th_IMG_6221電線

タイのひつじ

これがタイのひつじという訳ではないのですが・・・
一応ひつじネタ。

水上マーケットの脇にあった動物広場のようなところにひつじ広場が・・・

th_IMG_6030タイシープランド

20バーツほどで餌(細長い草)を買って、囲いの中のひつじに餌をやります。
ひつじは、身を乗り出して「餌くれ〜〜〜」っとベーベー鳴いています。
th_IMG_6034タイひつじ2
パンダ柄のちょっと貧相に見えるひつじ。
垂れ耳で首から下体の内側の毛が少ないタイプのひつじ。なんていう種類の系統なんでしょう?
ふさふさの毛だったらきっとかわいいけど 毛がないから涼しいよねきっと
th_IMG_6035タイひつじ3

毛をわけて中を見てみると、メデュレーションの毛が多い。
紡いだらどんな感じでしょう。
th_IMG_6036タイひつじ4


帰りの飛行機から見た ひつじ雲
th_IMG_6376ひつじ雲

タイに行ってきました。(手芸屋さん記録)

早めの夏休みを頂いて、タイに行ってきた。
タイは、情熱的で何もかもが活き活きしていて、ずっと鳥がさえずっていて極楽のよう・・・暑さを除けば。

機内から富士山のてっぺんを見た!
th_16タイ富士山

旅行の最終日、タイの編み物&て仕事 事情を探るべく手芸屋さん巡りをしたのですが・・・。
なかなか思うようにはいきませんでした。とほほです。

その中で唯一買い物ができたのがバンコク エカマイのゲートウェイの中にある 「THE ROOM ] というお店
織のお店ですが、タイシルクの手編み糸が!

th_IMG_6248THE ROOM
th_IMG_6243THE ROOM
100%タイシルク 25gで200バーツでしたので・・・600円ぐらい?安くはないですね。
th_IMG_6321THE ROOM 糸

あと、本屋があるたびに入って探しだした編み物(手芸本)

かぎ針編みのバッグのムック本とクッションカバーの本
th_IMG_6187手芸誌

こちらもタイトル通り かぎ針編みのバッグとウエアのムック本
英語表記のタイトルだけど中身は東南アジア系のモデルさんの本
th_IMG_6188手芸誌

購入したのは、スーパーで見つけたこの雑誌
いわゆる手芸誌。
表紙
th_IMG_6322雑誌
裏表紙 アクリル糸の広告
th_IMG_6323.jpg
タイ語表記のレシピと編み図
th_IMG_6324雑誌中身
う〜〜んこのブラウスのようのワンピースのような服・・・この襟にこのカーディガン合わすかな・・。サイズも変だし。
などなど思いつつやっぱり面白い。棒針あみの作品はほとんどなく かぎ針のが主流のようですね。

他、
シルク王のジム・トンプソンの家(日本語のガイドつき)
th_IMG_6250ジムトンプソン

入り口では、このように繭の糸繰りをしたり繭玉を並べていたりして、ワクワクしたのですが、
どちらかというと・・・シルクの博物館というより、ジム・トンプソンのお宝博物館でちょっとガッカリ。
ガイドさんは良かったです、歴史とかがうっすら理解できました。
th_IMG_6263タイシルク

次に行ったのが タイの山岳民族の生活ぶりがわかるという
カムティエン・ハウス博物館 しかし・・・休館日などちゃんと調べて行ったのになぜかしまっている!(涙)
th_IMG_6315カムティエンハウスjpg
思わず横の垣根から乗り出して中の写真だけでも撮りました。哀しい〜〜。
今度は、チェンマイに行ってちゃんと民族衣装を見てくるぞ!!
th_IMG_6320カムティエン・ハウス_edited-1

番外編
繁華街の屋台が並んでいるところに、ミシンの裾上げ屋さんがいました。
ポロシャツ着て身なりもキチッとしている。裾上げがいくらだったか確認できなかったけど・・・。
th_IMG_6300屋台ミシン屋


続く〜