FC2ブログ

ヨモギで染める

  • Day:2006.07.31 11:11
  • Cat:染め
昨日、摘んできたヨモギで染めました。
糸は、アートセンターのループヤーンと中細の梳毛糸

無媒染でこの色
20060731110209.jpg


ちょっとかわいらしい黄色だったので アルミ媒染はやめて
硫化第一鉄&酢酸銅の2色にしました。
グリーンがかったチャコールグレーと 緑がかった黄土色?
男の子のマフラーにはいい色になったと思います。
20060731110453.jpg


とはいえ、目指していた色とは「雲泥の差」
やはり難しい 草木染ですね。

さて、今日からムスコは教会のバイブルキャンプに出かけたので
糸は、1日干して水曜日から機にかけていこうと思っています。
結構やる気満々で 私も嬉しい。
今日明日は、唯一の私の夏休みかな。

ヨモギ摘み

  • Day:2006.07.29 22:26
  • Cat:染め
以前Aさんに見せていただいた きれいな若草色の糸。
7月の多摩川で摘んだヨモギで染めたと聞いていました。
是非 あの色を染めてみたいと思っています。

今日は、ムスコと久しぶりに多摩川に出てヨモギ摘みをしました。
自主保育をしていた頃は しょっちゅう来ていたのだけど、
二人で多摩川を歩くなんて 6年ぶりだ。
もう 私よりも背が高くなってしまったムスコは、
時折、ポツポツと 当時の頃を思いだして懐かしがっていました。

多摩川は、花火のためなのかしら?
土手の草がすべてきれいに刈り取られていていました…。
20060729223809.jpg


中州へ渡る秘密(ウソです)の場所へ向かっていたら、
バードウォッチングをする方々が、
「アジサシの繁殖中だから中州へは渡らないで…」
「今年は大水でほとんどの卵が流された…」と教えてくださったので
中州もあきらめて、兵庫島へ移動。
野川の川辺に ヨモギを見つけたので 採取しました。

ヨモギなんてどこにでもありそうで、みつけようとすると
なかなか みつからない物なのだなぁ~っと
ふと 思ったりしました。

おまけ
多摩川の亀。
20060729223845.jpg

五倍子で染めた バジャーフェイス

  • Day:2006.07.28 14:21
  • Cat:紡ぎ
ビーラビの糸は、しばらくの間 カセのまま竿にかけて休ませてから、
多分 8月中旬頃から編み始められるのではないかと思います。

と言うわけで、昨年採取して染めた 五倍子のバジャーフェイスを紡ぎ始めました。

まずは、ほぐします。(コレは4・5番目の染液で染めた分)
20060728204847.jpg


今回は、久しぶりにドラムカーダーでカードしました。
手前から 2・3番染液 4・5番 6・7番 8・9番 10・11番染液です。
20060728205206.jpg


まずは、10・11番のシルバーグレーから 双糸に紡いでいますが、
バジャーフェイスの繊維はカシカシしていて、金属的な雰囲気がします。

ビーラビ君の糸

  • Day:2006.07.25 23:51
  • Cat:紡ぎ
天気が思わしくなかったのですが、紡ぎ終わった糸を 洗って撚り止めをしました。乾くのにちょっと時間がかかりました。

なんと!というか… やはり!と言うべきか…。
750gが 500gになりました。シクシク。
3割減です。

毛番手は2.4番手→約3.1番手になりました。

ジップアップのプルオーバーを編む予定にしていますが、
量があったら、ハーフJKでもいいなぁ~なんて 思っていたのですが、
まぁ 無理かなと あきらめがつきました。

編地の検討を始めましたが、総量が無いので
やたら、スワッチ作りも出来ず ストレスがたまります。

今のところ アフガン編みのスワッチを編んでみましたが…没
プレーンな地編みが やはりいいのかも…。
悩むなぁ~

ロースマリーで染めた紙糸2

  • Day:2006.07.22 18:06
  • Cat:編物
20060722180346.jpg


ローズマリーの紙糸の 透かし編み、 ちゃちゃとは すすめずに
こんな所で 足踏み状態です。
やっと 後ろ身頃が 編み終わって、前身頃に入りました。
玉に巻いた紙の糸は、最後 ぐずぐずになってしまって
ちょっと編みにくいです。
細い糸だと 泣いてしまいますが 太いので何とか大丈夫。


透かし編みの表情を写真に取るのは難しい…。


ドロップスピンドルで 紡ぎ終了

  • Day:2006.07.21 23:51
  • Cat:紡ぎ
20060721235450.jpg

6月中に 終わらせようと思っていた、
「ビーラビ」(羊の名前)の紡ぎが終わりましたぁ~~。
ナバホスピンドルでもベスト分でもなくて!セーター着分をドロップスピンドルで紡いだのは初めてでした。

やはり、量というかそれに集中して鍛錬するというのは、何事かはフトわかる瞬間があるものですね。ベスト分300gは紡いでも さすがに700g~は厳しいなぁっとズッと思っておりましたので、私もやれば出来るじゃ無いのと思い、糸は、10日カセ中8カセが 2.4番手に紡げたのも 嬉しいことでした。

後は、お天気のいい日に 糸を洗って(グリージーのままなので)、より留めをして 編み始めます。

今回、しばし時間が空いてしまったことの反省として
私は、原毛を洗わずにグリージーのままで紡ぐのは、気温が25度が限界であるということ。動物臭いのは結構 平気なのだけど、やはり無理でした…。夏場は、染めた羊毛を紡ぐことにしようと思います。

糸は、ラグラン袖のジップアップにセーターになる予定です。

電話 復旧しました

電話 やっぱり 落雷のために 室内の白い線(何の線か私にはわかりません…)がダメになっていたため 不通になっていました。

復旧してよかったです。(工事費もかからなかったし~)

ただ…。

断線がどこだかわからないから、「一応工事の方が屋根裏に入れるようにしておくこと!」というオットの命令で本日は一日屋根裏に通じる
小屋裏の通路確保に専念してました。
そうです!
この小屋裏こそ、私の魔窟です。
いろいろ溜め込んだ素材が、地層のように積み重なっているのです。
最近起きた魔窟の 地崩れで…。もうどうしようもない状態にありました。
今日は、あいにく雨。気温も昨日よりか低い。
オットは出かけに(本日も仕事です)「今日は小屋裏整理日和だね…」と言って出かけていきました。シクシク。
そう、小屋裏は暑いのです。ヘタなサウナより暑い!

腹をくくって、いらない物は処分しよう!と心に決めて、
サッサッサッサと袋に詰め込むこと 8袋…。
ちょっと スッキリしました?かな。

…。ふぅ~。工事は、屋根裏に入らずに終了しました…。

連絡 電話通じませんm(_ _)m

落雷のせいかと思っていたのですが…。
どうも 家の外 もしくは 中で 電話線が断線したもようです…。
最悪!

と言うわけで、 しばらく電話通じません。
もし 連絡等あるようでしたら、携帯&PCのメールでよろしくお願いします。

<連絡>
7月19日(水)自宅教室やってます。


毛玉検証 10年選手のベスト

  • Day:2006.07.11 00:29
  • Cat:紡ぎ
10年前ぐらいに前に 1頭の羊毛を色に分けて並太の双糸に紡いだベストです。
毎年 現役で働いてくれる 暖かくて しっかりしたお気に入りです
20060711001742.jpg


表面は、見た感じそんなに荒れたようすもない と思います。
20060711002426.jpg


そで下は、やはり ありますね毛玉。
20060711002802.jpg


10年選手のベストだったら コレぐらいは許容範囲かと思っています。

Read more...

手紡ぎ糸は毛玉になりやすか 1

  • Day:2006.07.10 23:35
  • Cat:紡ぎ
お返事が大変遅くなってしまったのですが、
本家の掲示板に「手紡ぎ糸でできたセーターって、毛玉になりやすくないですか?、毛玉になりにくい手紡ぎ糸を作る方法がありましたら、ぜひ教えてください」という質問をいただきました。

わたしは、
「どひゃ~~!毛玉だぁ!みすぼらしい~~。」という経験はないように思います。それに ズルズルといつまでもくっ付いている合成繊維の毛玉と違って、天然繊維の毛玉は ほって置けばそのうち取れて、遊び毛が取れた後がまた 光沢がって味が出る。と思って着てるので あまり気にしたことありません。と言うのがわたしの感想なのですが…

さて、質問をいただいたので お答えする前にちょっとネットで調べてみました。
<毛玉が出来る条件>
毛糸の毛羽立った繊維がからんで玉になるのが、毛玉なのだそうです。

繊維の柔らかい物(カシミヤ・アンゴラ・メリノも!)
繊維の短い物 … メリノだ! セカンドカッツなんかもかな
撚りの少ないもの(甘撚りの糸) スラブヤーンやネップヤーンなどは繊維毛羽立ちやすいので、擦れる(摩擦のおおい)所 脇の下、袖下、腹などに毛玉がつきます。

市販の手編み糸は梳毛糸が多いけれど、手紡ぎの糸は 軽い糸になる紡毛糸に紡ぐことも多く、毛羽立っています。ハンドカードをガシガシかけたら、繊維は傷んで短くもなる。メリノを甘撚りの太糸なんかに紡いだらいっぺんで 毛玉の元になってしまいますね。

と言うことは、毛玉の少ない 糸の紡ぎ方は
☆紡ぐ前の仕事(ティージング)でセカンドカッツなど 取り除く
☆ハンドカードを丁寧にかける
☆羊毛の繊維にあった紡ぎ方、紡毛か梳毛か 撚り加減 太さ にする。

ってこれって 手紡ぎの基本ですね…。

<検証>
手紡ぎをなさっている皆さん、いかがでしょうか。
紡ぎ糸で作られた 愛用のニット 織った物など の状態はいかがでしょうか?毛玉はありますか?あるものはどういうものですか?
無い物は どうしてないのでしょうか?
調べてみませんか?
本家の写真掲示板に 手紡ぎの作品の写真を貼って情報を書き込んでいただけると嬉しいです。
ヨロシクお願いいたします。