アンデス

土曜日 「日立 世界ふしぎ発見」では
「緊急レポート ペルー・謎の遺跡シクラス
アメリカ大陸最古の文明を追え!!」というタイトルで

5000年前の遺跡から発掘された物などに焦点を当てたクイズでした。
織物やバスケタリーなどがいろいろ 取材されていてかなり見ごたえのある番組を放送していました。

月曜日のハイビジョン放送では、
天涯の地に少年育つ”アンデス” 神の糸を刈る日
という特集でした。
アンデスの標高5000m近い村で「年に一度だけ」ビクーニャと呼ばれる野生動物を生け捕り「神の糸」を紡ぐ毛を刈る。
と言う風習についてでした。

標高5000mでビクーニャを狩るのではなくて生け捕りにして毛を刈る!
殺さずに生かして 恩恵に賜る…。
凄い!と感じました。
また家族の子ども達の姿がすばらしくて!
もう一度みたいです。

私には、まだまだリャマ・アルパカ・ビクーニャを見てどれがどれ?と解かりませんが、毛質はリャマ→アルパカ→ビクーニャの順で細くなって値段も高くなる言うのはTVを見ていてよく解かりました。

それと、ビクーニャの毛を大きな握りバサミで刈るとき
首のタテガミ?と腹の辺りの毛(べりー?)は刈り取らなくて残していました。やはり繊維が太いから刈らなかったのかな?
ビクーニャが風邪を引かないように残したのかな?ちょっと気になります。

アルパカと リャマの毛は少々手元にあるので、紡いで見ようかしら。
今年の冬はアルパカブレンドの年かもしれない!

ハンドカーダーのお手入れに

  • Day:2006.09.26 16:07
  • Cat:道具
20060926155723.jpg


ご存知の方もいらっしゃるかもわかりませんが、
コレはヘアーブラシ・クリーナーです。

そして ハンドカードのお掃除に最適です!
細かいゴミや針布に張り付いた短い毛などがスッキリととれますよ。

コレを カウント 10000を記念して1名様にプレゼント。

今までキリ番とかしたことが(もらったことはありますが)無いので
ちょっとドキドキです。
日々30名ほどの方が 覗いてくださっているようなので(いつもありがとうございます)もうしばらくかかりそうですが、10000を踏んだ方、
お申し出下さいね。

曼珠沙華

20060925003620.jpg


随分とご無沙汰しました。

曼珠沙華が咲いたなぁ~って思っていたら
金木犀も香ってきました。
今年は、秋が早いですね。

私はこの季節の朝がすごく好きです。

今日ムスコが、「今日みたいな ちょっと寒くてク~~っていい匂いのする今の季節の朝が一番好き」と言っていました。

親子だなってちょっと嬉しくなりました。

今日は

今日は、紡ぎ仲間のT●さんが遊びに来てくれました。
染メリノトップを混色して織ったマフラーを見せていただいたりしながら、私の最近のやる気の無さに渇を入れてもらいました。

彼女は、私よりずっと若いのに落ち着いていて
考えがとっても深い。
近頃思い悩んでいる グタグタした事を
ジッと聞いてくれて 素直な返事をしてくれるのがとても心地いい。
わたしも あんな風に人の話が聞けるようになりたいものだ…。

そして あの素敵なマフラーを織れるようになりたいなぁ~。


夕方、少し暗くなったころ
明日から3日間近くの児童館である藍染大会の仕込みの手伝いに行った。
久しぶりの児童館は閉館前で子ども達は少なかったけれど
やっぱり 楽しい場所です。
職員のKさんに藍の建て方をレクチャーして(田中直のインド藍だからすごく簡単なのだけど、こういう機会でもないと 会っておしゃべりも出来ないので 呼んでくれてすごく嬉しい~)
ホントは期間中お手伝いに行くことが出来ればいいのだけど、講習会や学校関係の用事があって 行けないのが残念です。

Kさんと話をしているうちに 何かやりたねぇ~と言うことになったので
来週は、抜染を試してみよう!ということになったりました。
今週は、用意のためにTシャツかなにか 久しぶりに染めてみようかと思っています。

いろいろな方のBlogで 生葉染を楽しんでいるのを指をくわえて見ていたので…、ちょっとは、腹の足し?になるかしら?

メリヤス編みのセーター

日差しはまだまだ 厳しいけれど
空は、秋空になって来ました。

羊毛を楽しく触れる季節になってきたと言うのに
どうしたことでしょう。
まったく やる気が起こりません。

ちょっとづつ 手を出して 未完のまま 放置してある物も
いくつかあって、気にはなるのだけど気分が乗りません。
それでも 9月中には ドロップスピンドルで紡いだ糸のセーターを
編み上げたいところ。

たくさんあると思っていた糸が500gになってしまったことに端を発して
決めていた編地と糸の雰囲気がなんだか合わない気がして、
編んでは 他の編地を… を繰り返しているうちに
編んだ編地は ドンドンみすぼらしくなって
すっかりドツボにはまってしまったようです。

こういうときは、無理をしないで
メリヤス編みで行くことにします…。
形もオーソドックスに。