FC2ブログ

紡ぎ納め

  • Day:2006.12.29 22:00
  • Cat:紡ぎ
20061229212418.jpg

12月の始めに染めた コリデールのまだら染め100gを今年の紡ぎ納めにしました。
撚り止めは 来年に持ち越しです。

紡ぎ終わったあと、紡ぎ車の手入れ。
乾拭きをして油をさしました。
そして 中途半端にボビンに紡ぎかけのままの糸を カセにあげて、
一つ一つボビンを空に。
結構 途中でほっぽらかしてある糸が残っていました…。
ほとんど、25gづつ なのが笑ってしまうのですが、頑張って細糸でも紡ごうかと試みた残骸です。
やはり、自分がほんとに欲しいと思っていない糸を紡ぐのは途中で持ちモチベーションが下がって完成しない という事なんだなと 反省。
私の気力の持続力は 25gかぁ~~ということもわかりました。

そして、ずっと機にかけっぱなしになっている、ラグ。
台所用は終わっているのだけど、あと残っているたて糸で ロムニーのステープルのラグを織ろうと15cmほど織ったままになっていました。
しかし…。実際もう ステープルのラグを織る気分じゃ無くなっているのが 困ったところ…。
というわけで、一応フリースの整理をした時に出てきた、古いロムニー×コリデールのカード済みのバッツを縦に裂いて、 太っいカギ針で サクサク鎖編みにした縄状の糸で 織ったところ、あっという間に70g終了。コッ!コレは!!いいかも!! 羊毛をたくさん使うし、今のところ織りあがりがフカフカしたマットになっています。ただ70グラムでも15cmぐらいしか織れませんでした…。
コレは、ナバホスピンドルをする時用の マットに決定!

後は、昔ナバホ撚りの練習をしたときに出来てしまったギリギリの強撚糸やらを織り込んで 鍋式に使えそうな敷物を織りました。

それらを織機からおろして 織機の埃を払って 今年は終了。

ラグやら 鍋式などの 糸始末は、年始明けからTVでも見ながらぼちぼちやりたいですね。

皆さん 来年もヨロシクお願いいたします~。

SPIN TO KNIT のお知らせ

20061120211246.jpg


明日 グラスハートにて SPIN TO KNIT 第1回を催します。
遊びに来てね♪

追記12/26

SPIN TO KNIT 楽しく終了いたしました。
普段の教室とはまた違った 緊張感がありまして、
あがり癖+あがるとアワアワしてしまう性格なので
「落ち着いて…」と自分に声をかけ励ましながら 勤めました。
みなさん可愛らしいコサージュを作ってくださった嬉しかったです。

来月は、1月は 白樺編みのリストウォーマーを予定しています。紡げる方は、合太ぐらいの太さの糸をお持ちくださると嬉しいです。何人かで糸を交換してもいいかな…なんて考えてます。
いろいろ 妄想が広がっています~~。
当日 グラスハートで糸紡ぎの講習ももちろん出来ます。紡毛機での糸紡ぎ体験講習をしてみたい方は、TELでお問い合わせくださいね~。

来年の準備

20061216163026.jpg

やっと 来年の準備が出来ました。

一番下にある歳時記のカレンダーは、来年で2回目。
挿絵も抜群!で歳時記のカレンダーですから、季節のこと日本の風習のことなど盛りだくさんで
ぼ~っと時間をすごす場所(わかりますね!)に無くてはならない必需品です。

猫のカレンダーは、来年で3回目 一度買いあぐねて 他のカレンダーで1年過ごしましたが、やっぱりこのカレンダーが1番!
平日は毎日1枚づつ土日は一緒の 日めくり(カード)の猫の写真になっていて これが すご~~~~くかわいい。ほんとにかわいい猫の写真集のカレンダーです。猫好きにお薦めです。

さて 今年3月に手帖で悩み、不本意ながらの手帖に甘んじておりました。手帖選びは、恒例ではありますが、物凄く悩む年中行事です。

今年は、 色々と周りから聞き込みをして 情報を集めたところ
どうも 「ほぼ日手帳」を使っている人が多いようで、使い易いらしい…
ちょっと厚いような気がするのだけれど 、来年はこの手帖で1年過ごしてみようと思う。
「ほぼ日手帳」はカバーに色々種類があって悩んでいたら 注文が遅くなってしまって 欲しかったカバーは売り切れ(涙)
仕方がないので 第3希望の綾織りのタイプに柄にしました。

これで準備万端です

青山へ出かけました

17日(日) まで南青山で 清野工房二人展が開催されています。
2006年12月12日(火)~17日(日)
青山 GALLERY2104
〒107-0062 東京都港区南青山 2-10-4
tel・fax 03-5411-2104
●銀座線/外苑前(いちょう並木出口)徒歩3分
●銀座線・半蔵門線・大江戸線/青山一丁目 徒歩5分

ホントは初日に行きたかったのですが、家人が体調不良で
今日まで延び延びになってしまっていました。

素敵なさくひんがたくさんあって~~ もう感激!!
わぁ~^素敵! コレ 欲しい! という物すべて 売約済みで…。
やはり作品展は初日攻めだったなぁっと 思いました。

そして、青山1丁目まで歩いて 三ッ葉屋さんへ

短い編み棒を頼まれていたので 私のも合わせて購入。
糸にも未練があったのですが、これ以上在庫を増やしてはいけない!!
という固い決心で お会計をしました。
青山のツインタワーは今日まで 年末の大売出しだったようで
福引券を2枚もらい、店員さんに「1等は 液晶TVよ 金券もあるから当たったらまた買いに来てね~」などなど おしゃべりをして、福引コーナーへ。
私は、12回スカを引いたことがあるぐらいクジ運が弱いのでいつも期待はしないのですが、今日は1000円の金券をゲットしました♪

1000円~何 買おうかなぁ~~。 当然 … 当然 アレですよね。

Read more...

頼まれ糸を紡ぐ

  • Day:2006.12.14 18:24
  • Cat:紡ぎ
20061214175347.jpg

アートフリマで 糸紡ぎの依頼を受けました。
普段は自分の物を紡ぐので精一杯なのですが、
お話を伺うと…、
紡いであげようか…と言う気持ちになりました。

数年前に ウールクラフトの講習(市民講座?)で みんなで1頭を洗って分けて フェルトを作ったり スピンドルで糸を紡いだりしたそうなのですが、なかなか思うように紡げません…それに
仕事が忙しくなってしまったので 講習後は何もしないでそのまま押入れの隅に追いやられていたそうです。いつも押入れを覗くと 心が痛むので何とか糸にして欲しいとのこと…。
よ~~~くわかります!!その気持ち!!

と言うわけで、紡ぎました。
品種も忘れてしまった…ということだったので なんだかわかりませんが
かなり繊維が短くて スグにネップになります。
今までの紡ぎ経験から言うと… ブラックウェリッシュマウンテンのような感じ。
初心者講習で ブラックウェリッシュマウンテン 使うのかなぁ~?など 思いつつ 双糸にしてみると なんだか マンクスロフタンのような感じもしてきました???何だコレ??
単糸と双糸で糸が違って見えるなんて面白いなぁと思いつつ 終了。

たぶん どこかの牧場のMIXのひつじの毛だったのでしょう…
それにしても…、フェルトにいいかもしれないけど スピンドルには難しい毛でした。コレを初心者に使うって…。どういう講習だったのだろう??かとちょっと疑問に思います。
せっかく 紡ぎを始めたいと思っている人にコレは無いよなぁ~っと ちょっと哀しくなりました。

依頼主の方が、「コレが糸になったら この冬休みは 編物しながら過ごします~~っ」と楽しみにしてくださっているので その期待を裏切らないといいのだけど…。
基本的に繊維が硬いのが気になります。

そうそう 昨日 懐かしい方とお会いしました。
何年か前に 私のベストを気に入ってくださって、同じ物が編みたいので 糸と編み図をが欲しいとおっしゃって コリデールのナチュラルを3色紡いだことがありました。
「柔らかくて 暖かい~。手放せない1枚になりました」とおっしゃってくださったの嬉しかったです。

お嫁に行った糸とこれからお嫁に行く糸の話でした。

帽子 3種

  • Day:2006.12.12 21:47
  • Cat:編物
今年は 全然大物を編んでいないような気がする…。
と言いつつ、帽子を3つ編みました。
20061212211614.jpg


紳士物での依頼だったので 普段より大きめ。
それと ブリムの返りをつける。 縁と本体の差が少ないこと

イメージはなんとなく出来上がってはいたものの
どうしたものかと色々思案して3つほど作ってみました。

私なりの今回のテーマは、輪編みのたて糸渡しの編みこみ(インターシャ編みって言うのかな)

左:グレーと茶色のコンビは、盆の窪(首の後ろの凹んだあたり)に茶色が来るよう着用して欲しいな と思います。ゴム編みの鹿の子編みです
コリデール&ロムニー20061212214412.jpg

真ん中: コレは輪編みのインターシャ編みではなくて ガーターの横編みです。
コリデール&シェットランド&サフォーク20061212214518.jpg

右:ゴム編みのインターシャ編みです。 編みこんだ色は10色ぐらいあります。
ベースの黒は ヘブリディアン コレが結構紡ぐのが難しかった。
ヘブリディアンは4本角のある 古いタイプのひつじです。20061212214607.jpg

落ち葉で染める(桜の紅葉染)

  • Day:2006.12.10 14:00
  • Cat:染め
20061210140922.jpg

先日「所さんの目がテン」というTV番組で、 『なぜ紅葉する木と黄葉する木があるのか?』という内容を放送していました。
なんでも
木は秋になって葉の働きが老化してくると、葉の付け根の所に落葉に備えて「離層」という組織ができるのだそうです。
紅葉する葉は、
葉っぱで作られた糖分をすべて幹に送る前に「離層」が形成されてしまうので、葉に残った糖分が、アントシアニン 変化するのだそうです。
黄葉する葉は、
糖分をすべて送ってしまった後に「離層」が形成され、 葉に残ったクロロフィル(緑色の成分)が分解されると 更に残ったカロチノイドが目立って黄色く見えるのだそうです。

【紅葉は、気温が10度前後になると始まる】ということも知らなくて(恥)!11月の初旬「今年こそは、『落ち葉で染めたい!』と思っているのになかなか紅葉しないなぁ~、もう葉が散り始めている~。紅葉しないなら今年はもう染めなくていいやぁ~~」と思いはじめていました。
ところが 先月下旬、出先で燃えるような 真っ赤な桜の落ち葉と遭遇!
【目がテン!】を見た後だったことも手伝って、「あの赤はアントシアニンなんだから… 酢酸抽出で染まるよねぇ…。イチョウはカロチノイドってことは… 黄色かな…」などなど思案しつつ コンビニでビニール袋を購入して、真っ赤な桜の落ち葉を300g収拾。


まず。150gの葉っぱで 酢酸を混ぜて染液を抽出
20061210142640.jpg

ダージリンのような濁りのない液で50gのWOOLを加熱して染めました。(300%)
しかし…。薄い肌色にしか染まらず…。
仕方が無いので、煮出した染液+300gの落ち葉を入れたバケツに 再度WOOLを浸して10日余り。
取り立てて変化はありません(涙)
気温も下がっているので、液にも変化(気持ち悪い物の発生)もありませんでした。
液は濃い色が出ているので、シルクのポケットチーフをラスト3日目に投入してみると、
なんと 可愛い桜色に染まりました(嬉)
やっぱり絹!シルクなんだなぁ~~。
花びら染めだって きれいに染まって遊べるのはシルクだもんなぁ~~。っと 絹の好さを実感したのでありました。
20061210152338.jpg


さて今回10日間、何が楽しかったでしょうか!?
実は、桜の葉っぱを浸けてる染液が ず~~っと桜の香りがしていたことです。(桜餅の香りともいう…)
日に何度か覗いては、桜餅を食べた気分でした。

Read more...

相変わらず まだら染め (バジャーフェイス編)

  • Day:2006.12.06 22:08
  • Cat:染め
20061206213008.jpg

コリデールのまだら染めは、 かなりビビッドに染あがったので、
もう少し、ペールトーンもしくは くすんだ感じも欲しいと言う依頼もあったので、
今度は バジャーフェイスで染めました。

バジャーフェイスは、ステープルの長さ&光沢もあるので 1つのステープルの中に色々な色が入って発色もいいので とってもきれいです。

バジャーフェイスは昨年アナンダで1頭買いした3.3kg あと残り300gになりました。なんとなく達成感!

まだら染めの方法
アナンダさんのレインボー染め と基本的に変わりは無いのですが、
村尾みどりさんから教えてもらったキウィクラフトの「まだら染め」はグリージーのまま染めます。
1.染料を溶くときに台所用の食器用洗剤を入れて 染料を溶きます。
2.グリージーを鍋に入れてひたひたに水をはって、
フツフツ沸いてきたら染料&酢酸(適当)を投入 弱火で煮る
3.染液が透明になったら 火を止めて放冷→ すすぎ

色の投入方法で 混ざり具合が変わるので、今回も1kg染めましたが、
飽きることなく楽しめます。




お買い物

  • Day:2006.12.05 00:24
  • Cat:道具
20061205000908.jpg

今日は都心へ出たので、帰りがけ麻布のマザーアースに行ってきました。
広尾から歩いて行ったのですが、ムスコを愛育病院で出産してから幾数年、お豆腐屋さんも無くなって、街がちょっとづつ変わって行くのを感じました。
なんだか、懐かしく、淋しい。

はじめて行ったマザーアース。
あぁ~いいなぁ~。やっぱり糸屋になりたいなぁ。

マザーアースでは、今「おり絵さんの手織り工房展」をしています。
Blogで拝見した作品の数々を実際に見て満足!
そして、 口の当たるところの薄さ加減が気に入って もねさんのカップを購入。
それと、噂の輪針のアフガン針も購入しました。
何を編もうかなぁ~。まずはやはりマフラーか…。

まだら染めをする (コリデール編)

  • Day:2006.12.03 16:33
  • Cat:染め
20061203160105.jpg


まだら染めの羊毛が欲しい…と依頼されまして、 以前に村尾みどりさんに教えていただいた「まだら染め」の方法で 染めました 1kg強!

何度と無く自分でも まだら染めに挑戦していましたが、
昨年のスピニングパーティーで見せていただいた 村尾さんの色は濁りのないものでした。
私のは…というと??? 自分で染めたって 毎回違って染まるのが まだら染めなのだから 違って当然なのだけど 染料が違うのか なんだろう??と「どうしたら そんな色になりますか?」と村尾さんにお尋ねしたところ
「欲張らないこと…」とお答え下さいました。

「欲張らないことかぁ~…」 と言うわけで
小さなお鍋にちょっとづつ 何回かに分けて 1kg強 昨日は1日染まくりました!!

羊毛は、私の手持ちの白のフリースで染めるね!という話になりまして 出してきたのが、フリースデーの時にseさんとわけっこした コリデール。
すっかり忘れていて 当時のまま!!保管してあったものでしたが、広げてみたら やっぱり私の好きな繊維のちょっと太目の可愛い奴でした。
1kg染めあがって 干していると なんだかいとおしくて、
渡すのが嫌になってきてます…。
原毛消費月間の最大の消費になりそうなので そうも言っていられないのだけど…。
私の色は、やっぱりビビッドだなぁ…

20061203162959.jpg