FC2ブログ

スピンドルをいただいた

  • Day:2007.01.30 01:17
  • Cat:紡ぎ
手編み(手紡ぎ)仲間で11月に作品展をすることになりました。
打ち合わせで集まって 色々相談した後、
DADAKOさんので開催中の「What ever glove」に行って来ました.
20070130002742.gif

壷阪さんの ミトンが袖にくっ付いたカーディガンにビックリ!
あんな素敵で編むのが大変そうなカーディガンを遊んでしまえる感覚がすごい!私にはもったいなくて絶対できないなぁ~と思ってしまいました。猿沢さんの使い込んで補修してる手袋が温くて 柔らかくて 履き心地がすばらしかったです。
一番のお気に入りは 山中さんの 指なし手袋。コレも既に売れてしまっていましたが シンプルだけど 可愛くて 履き易いすごくいいデザインだなぁ~~っ♪ こういうのが好きlove♪と思いました。
そして田村さんの極細糸で編まれたシェットランドレースやサンカグラブの数々!圧巻でした。
模様もいわゆるサンカ柄から ALL鳥模様(指先まで!)とか 花柄の編み込みとか!! 江戸小紋のような小さな柄の物など!(此れが欲しかったけど、ポンタさんのお買い上げ手袋でした~~)


ワイワイ言いながら愉しんでおりますと DADAKOさんが
「これ 田村さんのスピンドルなんだけど、紡ぎをされる方が持っていたほうがいいから もらってくださいねぇ~」っとおっしゃるのです「ひぇ~~!!そんな …申し訳ないです~」と一応遠慮していると
「そう これも使ってみて」っと 紡がれた糸とサンカグラブ用の棒針を差し出されたので「そんなぁ そんなぁ~」と言いつつ「みんなで体験してみますね~。嬉~♪♪」万歳!!っといただいてきてしまいました~。DADAKOさん ありがとう~~。

そしてコチラ↓が 田村さんの糸と針とスピンドルです
20070130004530.jpg


わ~いわ~い♪と家路について、まずは針の写真を!この画像は市販されている 0号針20070130004742.jpg
そしてコレが田村さんお手製の針。 やっぱり随分細さが違います。 20070130004834.jpg
そして糸 上がローワンスパン4PLY 下が田村さんの糸(双糸)です 20070130005034.jpg

ローワンスパン4PLYに比べても やっぱり細いですね。

その糸はこのスピンドルで紡いだのかあぁ~~
よ~っし ちょっとだけ お試しで!と チャレンジしてみました。
羊毛は、数年前の富士山こどもの国の羊の毛 多分コリデールのグリージーです。コーミングして
そのまま梳毛糸で紡ぎました。20070130010738.jpg
なんと 番手は 21番手 私にしては 超~極細になりました!!っが このまま 30g紡ぎ続けるなんて…。
恐るべし!田村製 スピンドル!
今度の編物教室のとき 皆で 遊んでみようと思います~。

週末の思ったこと

  • Day:2007.01.28 15:38
  • Cat:道具
金曜日 伊藤久仁子さんの敷物展に行ってきました。

ホームスパンはもちろん大好きです。
優しい柔らかな布地や しっかりした服地を見ると すごく優しい気持ちになったり、背筋がシャンとします。

でも私はやっぱり敷物がだいすきだぁ~~!!と思いました。

トワイニングの技法で織られた敷物は、迫力と心が波打つような ザワザワするような 感動がありました。それとは別に ロクロの織機で織られた敷物は、遠い地平線のような 大地を感じるような 素敵な敷物でした。あの敷物の上で ゴロゴロ したい~。

土曜日 知り合いのアトリエから グリモクラの織機を解体して運び出すというお手伝いをしました。
グリモクラ~ かなり憧れの織機です。幅が多分150cm幅 織れるタイプだったかと…。こんな大きい織機は我が家には入りません(シクシク)

ほんとにビックリしたのは こんなに大きな機なのに 木を組み合わせて、ペグ?(クサビ?)で止めてあって 解体すると ほとんどが板状にばらばらになってしまいました。織機ってすごい道具だなぁ~っと感心しました。そして大事というか この大きな機を動力を伝える仕組みは紐(コード)!なんです。 解かってはいたつもりでしたが、一つ一つ解体しながらこの紐はこう繋がってる… などと確認できたのは、とてもいい体験でした。
どっしりとした グリモクラの機なんて 我が家にはとうてい置き場もないし…、無理だけど 物欲はだけはムラムラしました。

スワッチの山の行方

  • Day:2007.01.22 18:06
  • Cat:編物
20070122175509.jpg


ある時 たくさん溜まった編地を見ながら
パッチワークにして サンプル セーターにしたら着られるかな…、
なんて思って 繋ぎあわせてみました。

スワッチを作ったら剥ぐ!なんて 几帳面なことはしないので
気が向いたときに1枚2枚と つけたり はがしたりしながら
現在 両袖まで つきました。
スワッチは溜まる一方ですが、最近は 異形の物が多くなってきたので
どうつなげ様か考えては、そのまましまう年が続いています。
昨日の編地も 何処につけようかな…

昔編んだ セーターの 編地をたまにみると 懐かしいですね。

白樺編みの 補足として

昨日の SPIN TO KNIT で
基本のリストウォーマーと
バージョンアップタイプのミテーヌを 提案したのですが、

そのときに、「柄の入れ方としてガーターなどはどうかしら?」と
質問がありました。そのとき ミテーヌの柄としてということだと思ったので、「柄が活きてこないと思う」というような返答をしましたが、
家に帰って反省をしつつ(毎回一人反省会をしてます)
あの質問は 全体でって事だったのかしら?とふと 思ったりしまして、

日々の裏側をお見せするようですが、
色々作品を考えるときに 編み散らかしているスワッチをお見せして
見ようかと思います

私は、イメージをまず形にするときは、色の薄めの市販の並太タイプの糸で試作します。

20070121221250.jpg

↑コレは ガーターでリバーシブルになるようにして マフラーを提案しようと考えた時のものです。
↓コチラは裏
20070121221453.jpg

編地に厚みが出て マフラー?というには…それに 量はドレぐらい紡ぐのよ!と没にした編地です。でも リバーシブルにはなるかと思うのでいつか使ってみたい 編地です。

20070121220934.jpg

↑コレは、 帰りのモチーフを鹿の子にしてみた所、思ったほどの効果がありませんでした。
最後は長く編んで ブロックの間に穴をあけようなどと思ったのですが、
コレをどのような作品に提案するのか!とフト思い直して 途中でやめた所です。
こんなことばかりやって(実は此れが編む事の中で一番面白くて大好きな作業です)スワッチの山を築いています。

そんなこんなで ミテーヌの透かし模様を決めました。


SPIN TO KNIT の詳細は
サイドバーの SPIN TO KNIT 掲示板からご案内してます

咳止めをちょうだ~~い!

週の初めに 熱をだしました。
久しぶりに高熱だったので こりゃもうダメかと思いました。

元気になったので やっと メールをチェックしました。
スパムって どうしてこんなに来るのだろう?
誰も見やしないのに…。

お返事の遅れている方などなど スミマセンm(_ _)m
もう少しお待ちください。

熱は2日で引いたけど 気管支が弱いので、いったん風邪をひくと咳がいつまでもとれないのが悩みです。
黒豆をの汁、 大根蜂蜜の液 かりんシロップ
などなど試しつつ、1週間が過ぎました。
咳をスパッと止める方法ってないのかなぁ~


ペレンデールでリストウォーマーを( SPIN TO KNIT)

20070113233041.jpg

告知が相変わらず遅くて申し訳ありません。
1月のSPIN TO KNIT は1月20日(土曜日)に変更になりました。
白樺編み・バスケット編み あじろ編み など いろいろ名前のついている技法ではありますが、
この技法のリストリストウォーマーをペレンデールで編みましょう!!が今回のテーマです。

もちろん 紡がれた糸をお持ちいただいてOKです。
リストウォーマーのバーージョンアップ仕様として
『ペレンデールの3色ミテーヌ』の提案もしています。20070114000707.jpg


詳細はコチラで
http://36220.progoo.com/rental/img_bbs2/bbs.php


メリノのスパイラルマフラー

  • Day:2007.01.13 23:14
  • Cat:編物
20070113225956.jpg


染メリノのマフラー 編み終わりました。
もうちょっと ワイン系が強くてもよかったかなぁっと
思ったりしますが、
デザインが派手なので 落ち着いた感じの色目になってよかったかもしれません。
先端はこんな感じ20070113231526.jpg

メリノロールとブレンドして

  • Day:2007.01.10 22:24
  • Cat:紡ぎ
前回の日記で書いた 「ワインカラーを基調にしたマフラー」とは
もともと 他の色味(3~6色ぐらいを混色して)で編んであった物でした。
混色に使っていた色味はすでに使い切っていましたので、あわてて染めるのもどうかと思い、そうだ! アナンダさんの染色メリーノロールを使ってみよう!と思い立ちまして、吉祥寺へ!
色味をみながら 秋タイプを購入。
20070110220942.jpg
もともとネップのある糸を作る予定だったので 針布の後が残る 画像の辺りをチョイス。
ただ ワインカラーにはもう少し 紅色系が欲しいかな…、
ということで 先日染めたのでした。
染めて、解毛して 今回はサックリ混ぜたかったので ドラムカーダーにかけました。 20070110221400.jpg
2つのバッツを 再びドラムにかけてカードしたのがコレ
20070110221553.jpg
紡いで見ると 派手なようで 結構 地味目になりそうな気配がする糸になっています。 20070110221753.jpg



コチニールの残り液で

  • Day:2007.01.06 23:40
  • Cat:染め
先日も書きましたが、貧乏性ゆえ まだまだ染まりそうな染液は捨てられません!!
特に 染料屋さんで購入した染料は、もったいなくて徹底的に使います!!

年末に「基調ワインカラーにしたマフラーを編んで♪」と頼まれているので、残液でどうにかしたい。
アンモニア処理で多少は青くなってくれ!と祈りを込めて2番残液に50g投入。画像手前の桜貝のような色の染まりました。
やはり 紫色にするには鉄媒染か。と3番残液に50g投入! ???なんでオレンジ?多少紫風味はあるもののどう見ても肌色ピンクです。媒染の鉄が古くなって ダメになっているかしら?
20070106231645.jpg


そして4番目は先に鉄媒染をしてみたら、鍋縁のところにあたっている羊毛がドンドンオレンジ色に変色していく??なんでだろう?それに液も加熱が進むとオレンジ色になる やはり媒染剤がダメになっているのかなぁ??
と不安になりつつも、先に鉄媒染した羊毛を4番残液に投入。
しかし…。すでに染液中に染まるほどの色素は残っていなかったようで
(まぁ 4番目だし しょうがありません)
その羊毛はそのまま化学染めで ワインカラーを染めました。
鉄媒染したときに、オレンジに変色した部分は、化学染めのワインと混色して明るめの紅色になりました。
20070106234504.jpg


コチニールの残液で 可愛い色がたくさん染めることが出来ましたが
好みの色を 植物で出すのはやっぱり難しいです。化学染め万歳♪

さて、我が家は昨日のゴットランドを初め 部屋干しされている 羊毛で 部屋中ピンク色です~~~。

ゴットランドを洗って染めて

  • Day:2007.01.06 01:19
  • Cat:染め
20070106012244.jpg



ゴットランドです。
ピンクの方は、白×グレーのだった毛にコチニールのアンモニア処理をして染めました。もともとグレー混じりの毛質にオーバーダイをしたので、鮮やかなオペラピンクの部分と くすんだ色合いになって なかなかいい感じです。

黒い毛もゴットランド。クリクリの艶々。きれい~~。ただゴットランドにしては短くて手触りは柔らかくて、まだ幼いひつじ?かなって感じがします。ダウンの部分がほとんどないので 夏毛なのかしら?

単糸に紡ごうか双糸にしようか悩んでます~。

本家サイトの画像掲示板に 12月のSPIN TO KNIT の作品を載せました。
http://36220.progoo.com/rental/img_bbs2/bbs.php