棒針収納袋 (フェアアイル)

  • Day:2009.11.30 12:00
  • Cat:編物
縮 フェアアイル針袋  蓋開き のコピー 縮 フェアアイル針袋 裏 のコピー


宿題 といえば、先日受けた風工房さんのワークショップ 「フェアアイルの色あわせの講習」も復習してみました。

当日買った糸ではなく、手持ちのシェットランドヤーンとオステルヨートランドの糸を組み合わせて

棒針を収納する袋を 試作中。ちなみに針は、NHKで販売した 嶋田オリジナル針?(10cm)
輪で編みつつ 途中袋の外側に にポケットをあけました。(ポケットがもっと深くても良かったです)
そのポケットに 針を収納するようにしたのですが…。
針先を保護する フラップももっと長くしないと…。
袋状に なっているので、中に 輪針を入れようと思っていたですが…。
まだまだ 試作は続きそうです。

さて 今回の一番のポイントは配色。
配色を考えるのは楽しい。
それに 先日のワークショップで 得た考え方は,私自身をステップアップさせてくれたように思う。
以前は、色を考えるのは好きだけど、時間が物凄くかかっていた事。
けれど、今回は比較的 すんなりと 柄と色の配分を決める事が出来、感激です。
もっと 色々編んで キチンと修得したいなぁ~っと思っているの(だけど…)
そうすると、紡ぎは間に合わないなぁ~
コレが 紡ぎ手と編みを一緒にしている一番の悩みです。

Funny patchwork knit 参 完成!

  • Day:2009.11.30 10:21
  • Cat:編物
縮 パッチポーチ ピンク側 のコピー 縮 パッチポーチ緑側 のコピー
Funny patchwork knit のがま口完成です。

ファスナーにしようかと 考えていましたが、
現在 がま口が私の中で ブーム(マイブーム!古いですね)なので
口金をつけてみました。
正方形がかなり いびつになってしまいましたが、 良し!としました。

さてコレで 夏のノルディックシンポジウムで受けた課題 に対して自分での宿題が 3/4 終了。
1.ボーヒュース 2.動物のパペット 3. Funny patchwork knit
あとはキリヤだけです。

キリヤが一番難題で 楽しそうな課題です。

Funny patchwork knit 弐

  • Day:2009.11.28 21:43
  • Cat:編物
パッチワーク3
モチーフが2枚仕上がりました。

簡単なのに ちょっと 傾いだように編みあがる モチーフ
色々な色を使って編むと とっても楽しい。
さて 形にしようかな。

Funny patchwork knit 壱

  • Day:2009.11.27 08:41
  • Cat:編物
夏のノルディックシンポジウムで 受けた講習のパターンをやっと編み始めました。
宿題の提出が遅れている生徒の気分です(笑)

色々悩んだのですが、まずは市販の糸でサンプル作り。
ぱっちpワークニット
糸は オステルヨートランド ヴィッテ(単色)です。

いただいているパターンは、もう一回りで終了なのですが、もうちょっと大きくする予定。











にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ

太平洋戦争 直前の 編物の雑誌

  • Day:2009.11.25 23:52
  • Cat:
縮 婦人倶楽部十月号付録表紙 のコピー
婦人倶楽部 昭和十四年 十月号付録 「毛糸の再生法と編物の洗ひ方 染め方 繕ひ方」です

昭和14年とは1939年 長く続いた戦争の果てに 第二次世界大戦が始まった年です。
この年の10月号ですから…
表紙には 日の丸と 物資愛護の標語が…。
標語 物資愛護

ただ、まだ太平洋戦争は始まっていないので
裏表紙を見ると
縮レートクレーム裏表紙 のコピー
フランス語のロゴと MADE IN NIPPON(JAPAN)の表記があります。
creme de leit ロゴ

まだ 鬼畜米英ではなかった時代なのですね。

肝心の付録の中味は、 和服に割烹着を着た女性の挿絵で 糸の再生方法が丹念に書かれています。
その中でも 目を見張るのは、解いた糸を洗って 染め直しをする方法。

そんじょそこらの 糸染めの本以上に 丁寧にわかりやすく、書いてあってこれなら染めてみたいと思うほどです。湯のしの方法も ヤカンのふたの変わりに漏斗を置いて する方法など へぇ~~っと手を打つようなやり方。

そして 最後にどうしようもなくなった毛糸は 細かく刻んでクッション材にするのが良いそうですよ!

物が有り余る今日では ちょっと考えられないような手間をかけて、物を大事にしていた昭和。
今からたかだか 70年前の話です。
考えさせられますね。

古い本を手にすると その時代の声が聞こえてくるようで 時間を忘れてしまいそうです。