編み機カフェ参入

  • Day:2010.07.29 22:42
  • Cat:編物
昨年 スピニングキャンプに参加したメンバー達がなにやら 楽しい事をやっている様子。

今度は「編み機カフェ」なんだとか。
編み機大好きの私としては、 仲間に入れてもらわない手はないと
主宰の ENITENさんと itsukiさんにお願いして 大人数のところを加えてもらった。

総勢8名 編み機4台 近年の機械編み教室でも この人数・台数の編み機が勢ぞろいする事も少ないかも~っという 熱気を帯びた空間。
編み人

主催者のお二人以外は ほぼ編み機に触るのも初めて!と云う方々でしたので
きれいな メリヤス編みが 「ジャ ジャ」と手早く美しく編みあがる事に歓喜。

編み機に慣れてしまっていると 「そういうこと…」と流してしまっている事が
あ! やっぱり楽しいよね! 綺麗に編めて嬉しいよね! って素直に喜べるのが凄くうれしかった。

編み機はやっぱり楽しい!
紡ぎ糸でも バリバリ編んで 楽しんじゃうぞ!って思ったのでした。

さて 私のもう1つのお楽しみは カンタ君。

カンタ君
編み機4台が奏でる 零細工場ような騒音の中でも 平然と 織り機の上で このポーズ。
貫禄です。
この夏は 暑かろう~という フサフサの毛皮の下は、結構細身の体型のようでした。

さて 我が家のブックⅡは…。
この1ヶ月で 来る人 皆が皆 一瞬「ゲっ! なんだかやけに 大きくなってない?」というぐらい 夏痩せすることもなく成長しております。
考えるネコ
冷房の部屋が大好きで ムスコの部屋(キンキンに冷えてる)のドアの隙間に ピッタリ体を寄せて もれ出る冷気を
楽しんでいる様子。
今 一番困るのは 冷蔵庫を開けると 中に(下の引き出しの裏)に入ること
涼しいのはわかるけど 危ないです!
ねじれブックⅡ寝るブックⅡ

色遊び&梅ノ木ゴケ10日目

  • Day:2010.07.27 08:32
  • Cat:染め
第3週は、私の Working week

外出も多いので 朝晩のちょっとした短い時間を利用した作業に集中。
それに この時期、朝晩しか 暑い作業はできません!

朝 浸けこんだ羊毛を 夕方洗う。
朝ちょっと染色したものを 放冷させて夜洗う。などなど。

絹 色遊び のコピー
シルク :マユマロ ・ジオゼット・ノイル をちょっとづつ。

ポロワス2
残りのポロワス 500gと
国産サフォーク およそ2kg 終了。

白の羊毛をタップリ洗ったので、この秋からは染め放題!

そして 熟成中の梅ノ木ゴケは
10日目 こんなにきれいな色になっています
梅ノ木ゴケ10日目

×失敗談×

朝 汚毛を湯に浸し蓋をして 外出。気温36度。
帰宅後洗う予定だったけど、 グッタリ疲れて 原毛洗い中のことをすっかり忘れて就寝。
翌朝、蓋を取ったら かすかにドブの香りが~(T_T)
汚毛を浸している湯の温度は たぶん30度ぐらい
この時期 30度のぬるま湯に 1日以上 汚毛を浸すと とんでもないことになる!と実感。
(石鹸液だったら まだ良かったかも~~)
すすいで、モノゲンで洗ったら ニオイはすっかり取れました。

基本 !暑い夏は、 長い時間浸さずに洗おう!!ということなのでした。当然ですね~ ((((((^_^;)

「ボスニアン・クロシェで小さなミトンを作りましょう」 ワークショップ 終了

アートブックショップ神保町 で行った「ボスニアン・クロシェで小さなミトンを作りましょう」
ワークショップが 無事終了いたしました。
参加してくださった 皆様 ありがとうございます。
アートブックショップとの橋渡しをしてくれたRさん 本当にありがとうございました。

縮ワークショップ のコピー

ワークショップでは、なるべく完成出来るもの、 達成感のあるものをお届けしたいと思っているのです。
今回は、色々 サンプルを編んでみて 大きさや、柄の入れ方を工夫してた結果、 全員の方が
編み上げることが出来て ホント良かったです。

縮 ミニミトン 色々 のコピー

ミニミトンを編む事で ボスニアンクロッシェの編み方 糸の引き加減のバランス など 理解していただけたと
思うので、是非、次の作品に繋げていっていただきたいなぁ~っと思っています。

おまけでつけた編み図 ペットボトルカバーも是非編んでくださいね~。

ワークショップ サンプル


★ 8月に 追加ワークショップを行う事に 決定いたしました★
ただ、既に今回のワークショップのキャンセル待ちの方が多くいらっしゃるので、
満席かも知れませんが、 詳細は、アートブックショップへお問い合わせください。

国産 サフォーク ホゲットを洗うNo.1

  • Day:2010.07.18 07:13
  • Cat:紡ぎ
縮 国産サフォーク 1

紡ぎ仲間 「ペコリーナ」のメンバー2人と シェアした 国産サフォーク ホゲット。
サフォークとは 思えない繊細さと、 やっぱりサフォーク!細いながらも弾力が混在する なかなか、 そそられる フリースを 洗った。
まずは、ちょっと大変なよごれ部分から。
脂は多くないけれど、ドロと 砂が毛先にビッチリ。
ちょっと長めにお湯に漬け込んで ふやかしてから 落とした。
きっと 元気な仔だったのでしょうね

第2弾の 国産サフォーク ホゲットも漬け込み中。こちらの部位は、モッチリ 部分なので洗いあがりが楽しみ~。

さて 本日はアートブックショップ で「ボスニアンクロッシェで 小さなミトンを作りましょう」のワークショップ頑張ってきます。





NZコリデールを洗う

  • Day:2010.07.17 08:04
  • Cat:紡ぎ
ソロソロ 梅雨明けでしょうか。

暑い日々になりそうな今年の夏です。汚毛洗いはやっぱり夏ですよね。
溜め込んでいる 汚毛をこの夏は洗いきってしまいたいっと目論んでおります。

縮 コリデール グレー 全体
NZコリデール。 masakoさんから繊維の太いところを 譲ってもらった 素敵なブルーグレーのコリデール。
masakoさんが紡いで編んだ作品はこちら

洗い上がりは、ふわっふわ。 ジックリ見ると 腰のある太番手のコリデールという風情。
縮 コリデール グレー1
縮 コリデール グレー2

現在は、国産サフォークのホゲット を浸け置き中。