テトラポーチ ワークショップのその後

昨日の世田谷アートフリマに 東京スピニングパーティーのミニ講習に参加してくださった、しばさんが出来上がったテトラポーチを見せにきてくださいました~
ありがとう~
デジカメを忘れたので 携帯画像で申し訳ないのですが…
AFテトラ
中袋もつけてくださったのに…撮るの忘れました m(_ _)m
しばさん~~ゴメンなさい。

アートフリマの会場でお会いした、紡ぎ仲間から
「テトラポーチ途中でわからなくなっちゃって… 」って言っている友人が
私ににメールしようか迷っていると伺いました。
(講習を受けていただいた方には、出来上がるまで責任持ちますからわからなくなったら メールしてくださいねってお伝えしてあります)

実のところ 既に数件問い合わせ来ています m(_ _)m
やはり1時間では なかなか難しかったと反省しつつ フォローアップさせていただいています。

スピパで講習受けて そのままになっていらっしゃる方、是非仕上げのお手伝いさせてくださいねぇ~
メールまっています!

世田谷アートフリマで糸売ります!

縮 糸 勢ぞろい

普段 イベントに参加しても売り物のないSPINNER's Labですが、
今回は、糸!売ります!
糸は、アートヤーンと云うほど、アートしていませんが(笑) 編むのに困らない程度
控えめなアートヤーンです。
種類は 14種 (精一杯の量でした)

あと、リボンに使ってもらえるようなミニカセの糸も販売します。

今日明日 三軒茶屋のキャロットタワー5階で スピンドル回しながらお待ちしています~。

場所はこちら

フラットフック プロジェクト (ボスニアンクロッシェ)

  • Day:2010.09.21 07:00
  • Cat:道具
既に3年ほど前から 地道に進めている「木製 フラットフックプロジェクト」
ボスニアンクロッシェで使っている 平たい針なのであるが、
本と一緒にスウェーデンから送ってもらった針は「アルミ製」だった

やっぱり手に優しい木製がいいなぁ~っと思っていたら、
吉澤さんが、仲介してしてくださって
きつつき工房さんが、針を試作してくれたが始まり。

はじめは ぽってりとした丸みと厚みが 「いい感じ~」っと思っていたのだけど
使い込んでいるうちに、
「もうちょっと 鈎のところは…」とか
「持ち手はコレぐらいの厚みで…」とか
「落としたら 欠けちゃった(涙)」とか いろいろ気になる点が。

なぜ3年もかかっているかと云うと
「きつつき工房」さんとは年に1回スピニングパーティーで会う織姫と彦星のような関係なので、
その時に情報交換して 次の年に改良点をお試し~っていうのんびりしたプロジェクトだからだ。

でも今年は違う! 来年はスピニングパーティーはお休みだから!!
搬入の時 お会いしてラフに削った針を見ながら色々 注文。
翌日(スピニングパーティー1日目)の朝、 出来上がったフラットフックを渡されたので(ホテルで削って磨いて仕上げてくれた)
私は、1日目の晩。 必死でサンプルを編んで 翌日 感想をお伝えした。

なかなかいい感じにあがっている。
キッと 出来上がったら ボスニアンクロッシェを編む人は欲しがるに違いない!と思う!!
ソレぐらい いい感じだ。
早く出来ないかなぁ~っと楽しみだけど、
「きつつき工房」さんの本業は 機織機や電動の紡ぎ車を作っておられる所。
のんびり待っていよう。
出来上がったら、またご紹介しましょう。

さて その針の画像はないのですが…(いつもの事ですみません~)
フラットフックで編んだ キーケース。
縮 キーケース

縮 吊り下げキーケース