FC2ブログ

4色のジャコブ 双糸

5月の課題は 英国産ジャコブ。

お渡しした 原毛を幾色かに別けて 紡毛糸で双糸にするところまで。
パックにした物は、色のバランスがマチマチなので 何色にするかは、自由。
簡単なのは3~4色。ブレンドして もっとたくさんの色を作ってもかまいません。

縮 ジャコブ 4色

1頭のひつじ毛なのに 毛の色によって太さや柔らかさが違います。
面白いです。

縮 ジャコブ かせのオヘソ

紡ぎクラブ組(レッスンコース終了後、居残りで好きなことをしているメンバーのクラス)のkayoさんは、地震のあと気持ちが外に向かなくて、ズッとお家のなかに居たそうです。
そんな時でも、何か針仕事をしていると 心が和むので チクチク縫っていました。と
更紗のパッチーワークを見せてくださいました。
H 更紗 パッチワーク

それと、ラグ・フッキングのタピストリー。大好きな絵本を下絵にしました。
コチラも、チクチク・・・チクチクと仕上げてあります。
Hさん ラグフック



英国産ジャコブを洗う

  • Day:2011.05.25 08:07
  • Cat:紡ぎ
このところ、 ずっと国産にこだわって使ってきていたので、
久しぶりに、英国産を手にしている。

このジャコブは、お転婆だったのかなぁ~、砂が多い。
転げ回っていたのかな?

国産のひつじ達は、泥汚れが多いけど、砂は少ない。
このジャコブは、洗い桶の底に砂がたまるほどだ。

乾いて解毛していもパラパラ落ちる。
砂地の牧場なのかなぁ~。
行ってみたいなぁ~英国。

そんな事を思いながら 久しぶりのジャコブをいじっています。

これは、私用ではなく、お教室用。
最近は、品種による区別というのも 輸入時からあいまい(そもそも 元の牧場でもあいまい、繊維の太さがキャラクターで種類を分けている)になっているので、 品種別に味わおうとすること自体に無理があるのかも知れないけれど、だからこそ、自分の好きなタイプがみつけられるよう、いろいろな毛質を味わおう!という企画で、

毎月 1種類づつ 品種(一応ね)別で その品種の特徴、キャラクターにあった紡ぎ方、編地の提案をしていきます。
サンプルをファイルして 編地… 最終的には サンプル編地をつなげてひざ掛けなど作れる事を 目標に。

というわけで、5月はジャコブ。
まずはじめは、大好きなジャコブから…。

ルーマニアの糸紡ぎ

  • Day:2011.05.23 07:39
  • Cat:紡ぎ
6月後半 TBS「ふしぎ発見」で ルーマニアの糸紡ぎが紹介されます。
先日、収録があり、お手伝いに行ってきました。(私は映りません~)

ルーマニアの糸紡ぎは素朴でちょっと変わっています。
是非、番組をチェックしてくださいね。

海の近くのアトリエで (ボンネット着用図)

ENITENさんの お誘いを受けて、海のそばのアトリエを尋ねた。

テラコッタの床 大きな窓 緑の庭 自然光が美しい 居心地のいいアトリエです。
縮 工房

集まって 食べて(笑) おしゃべり カーダーかけ 紡ぎ 編み物 それぞれ
好きなことを。

自宅にこもりがちな私が 毛刈りピクニック以降 ずっと出歩いていて少々お疲れモードだったのにすっかり 気持ちよく元気になってしまった。

私も、初めてオーラで糸紡ぎ。
縮 オーラ

アートヤーン専用…というか、非常に吸い込みが強く安定しているので、梳毛糸タイプの糸をショート-ドローで紡ぐには良い紡ぎ車です。汎用性がないので、 初めての紡ぎ車には向きませんが、スージーの 引き込みに 不満がちょっとある方には、おすすめなんだなぁ~っと 堪能させていただきました。

さて、先日のエントリーのボンネット、。平置きのブツ撮りでは、全く様子がわかりません、って言われちゃったので、モデルになっていただいて撮影しました。
縮 ボンネット着用
やっぱり 写真の腕がないので 良くわからないかも…。
でも 着用してもうらうと 皆とっても似合っていて 可愛いのです(笑)


さて集まったメンバーが全員 ブラザー編み機ユーザー!! 珍しい~♥♥♥
編み機熱が また 高まりそうです。

2011 毛刈りピクニック

今年は、すばらしい天候に恵まれて 爽やかな5月の毛刈りを堪能してきました。

久しぶりにお会いした方々もいらして、近況報告したり
なんだか 本当に遠足みたい。

本日のひつじは… ちび ポー
縮 ちびポー

昨年から 磯沼ミルクファームに 2代目ポーとして 仲間入りした カラードの去勢オスです。
前の日に ちょっと雨に当たってしまって その後、ご飯も食べずに一人ぼっちで居るのでかなり不機嫌な様子。
<羊は 胃袋が4つあるので お腹がパンパンだと 毛刈りをするとき苦しくなっちゃうため前日から 絶食になります。また羊は 文字通り れ の動物なので 一人っきりがとっても淋しいのです>

縮 ちびポー 丸裸
なんて美しいグレー!!!!
毛先にちょっと茶色がありますが、ホントに綺麗。
ゴミがなく オナモミも全くありません。すばらしい~~!!
昨年は もっと茶味が強くて ステイプルの真ん中に 白のラインが入っていたそうですが、今年は毛先の茶以外は ほとんどシルバーグレー…
来年は… すべてグレーになるのでしょうか?楽しみ~~~!!

豊岡さんは、大きな 毛刈り専用の大きな握りはさみで ショキン ショキンと気持ちよく刈っていかれます。
いつも… 拝見しながら 「私がやったら すぐ腱鞘炎になりそうだなぁ~」っと心の中で思っているのですが、
見透かされたように。「腱鞘炎になりそうだと思っている人が居るかもしれませんが、腱鞘炎になるような道具は使いません!」っと… そうですよね!全くそのとおり!
腱鞘炎になるような なまくらな刃のハサミは使ってはいけないのですよね。
道具はちゃんと手入れして、体に負担をかけないように使わなければいけません。
また 負担がかかるような 操作をするのも気をつけなければいけないって 事だなぁ~っと思ったのでした。

さて、我が心のアイドル 初代ポーは…
なんと14歳 毛量は減って 毛も短く 2.2.kgしかありませんでしたが、
元気に 放牧場を走り回っていました。
丘の上で こっちを向いているのが ポー(小さくて わからないですよね m(_ _)m )
縮 初代 ぽー

今回は 磯沼さんの 牧場案内の時、 放牧場へもいれていただき、 住宅街の中にある 広々とした磯沼ミルクファームの風景を楽しむことが出来ました。
ほんと 手入れされた はらっぱは気持ちよかったです。

さて…お買い物は、まだ開いていないので画像はありませんが、
頼まれ物の 小さめフライスランド 半身 1kg
裾物大好きな私のため?に 取って置いて 洗ってくれていた 裾物パック 500g
初代ポー 半身 1kg

初代ポーは 2004年 7歳ぐらい?のころ 1頭を4分割して 1/4で1kgぐらい、セーターとベストと 帽子が編めた そのぐらいの量がありましたから… ホントに年を重ねているんだなぁっと感じます。
2011年14歳の毛で 何をつくりましょうか?
また来年も元気で会えたらいいなぁ~。

カギ針編みのボンネット

  • Day:2011.05.18 00:19
  • Cat:紡ぎ
明日は、毛刈りピクニック

お天気はよさそうでちょっとホッとした。(去年は寒かったから…)
明日持参する 作品。

村山君↓の毛で (ホゲット)ボンネットを編んだ。
縮 村山君

こんなにシルバーバックの毛なんだけど、ホゲットの頃は とっても柔らか。
カギ針編み使用にちょっと 撚りを多めに入れて紡いだ。双糸 2.8番手
縮 村山君糸

黒が強いので 写真が難しい…
縮 村山君 ボンネット

かぶると、ちょっと乙女チック& アーミッシュの女性の被り物のようにも…見える?
耳が隠れて、紐も付いているので 自転車に乗るときなど いいかも知れない。
来シーズンは、大人用ボンネットが流行る?なんて事はないかな?

月桂樹染め

  • Day:2011.05.11 21:42
  • Cat:染め
連休最終日、ENITANさん宅で 切り立ての月桂樹染め集会にお邪魔しました。

月桂樹を煮たり 漉したり…をほとんど ENITENさんにお任せして、ひたすらオシャベリ。ありがとう♥ENTTENさん

itsukiさんのご好意で お宝の ブラザー編み機の デリカを 触らせてもらった。
デリカは、かなり旧式タイプの編機なので、 簡単自在に編める道具ではなくて、
いちいち 手操作が必要な まさに手編み機。
しかし! なんだか 心がウキウキしてしまう道具なのでありました。

さて 月桂樹は…、
明礬で媒染したものは、黄味をあ帯びた色合いに、
銅媒染 した物は、うっすら紫がかった物になりました。

今まで、何度か染めてきた 月桂樹
やはり 紫がかった色合いになった時と カーキ色になった時とあった。
採取した季節が 違っていたのか? 植物の育った場所が違っていたからか?
いろいろな物に影響される植物なのでしょうか?。

ちなみに、 現在出版されている 草木染の本のサンプルの色もマチマチな色になっている。

お土産にもらって帰った月桂樹を その晩煮出して 翌日染色。
縮 月桂樹染め

左の黄味を帯びているのが、モヘア明礬
その上が 銅媒染 ポロワス

右側が、我が家で染めた銅媒染 のハーフブレッド

なぜに こんなに色が違うのでしょうか?

2人で考察…
我が家は、たぶん荒川水系+多摩川水系の水道水 で ENITENさん宅は たぶん相模川水系 利根川水系だそうです。水の違いでしょうか?
今度 染める前に PHを計ってみましょう!と お話したのでありました。

草木染は…奥が深すぎますねぇ。

さて、カンタ君のまねっこではないのですが…
やっぱり ネコは 羊毛が好き♥
ブックⅡも 月桂樹で染めた サフォークカラードにまみれて …
縮 ブックⅡとフリース

鯉のぼり

連休終盤

夫の単身先の社宅にお掃除をしに出かけた。
先の地震で結構揺れたらしい。本がたくさん落ちてたけど…それには手を付けず (^^;Δ

そして、やっぱり北関東はまだ寒かった…。

帰り道 電車の車窓から田園風景を眺めていたら…
ぜんぜん 鯉のぼりが 揚がっていなかった。
自粛中? 違うよね。
やっぱり 五月の空には鯉のぼりが泳いでいて欲しいなぁ~。


鎌倉 裏道散策

五月の連休。
序盤に鎌倉の裏道散策に出かけた。
ガイドは、OOさん。

鎌倉は、遠足やデートなどで度々訪れた事のある場所。
最近は、もちろん年に1回~2回は、ペレンデールさんや スワニィに足を運んでいるので私の中では行き慣れた場所だと思っていた。

今回OOさんに誘っていただいて、全く未知の鎌倉を堪能して、凄く楽しかった。
メインの通りから1本中に入るだけで、時代がさかのぼったかのように感じられる鎌倉。
駅から近いのに 季節の木の花が咲いている(全部名札が付いている!)お寺
昔からの たたずまいの古いお屋敷や垣根
ひっそりとした神社の大きな銀杏の木

いつも鎌倉で悩むのが、お昼ご飯。
連休中は混んでいるだろうし…と思っていたら
「お昼は、おにぎり握って来てね、穴場でご飯食べましょう!」と言って頂いて 木陰の穴場をおしえてもらった。
でも お昼は結局、イベント中のカジュさんの裏庭でチャイをいただいて いろんな方とオシャベリしながらおにぎりをほおばった!
皆さん 鎌倉が大好きな人たちで とっても素敵。
居心地のいい 場所。

今度は、長谷のあたりを散策して欲しいとお願いしてきた。
とっても楽しみ♥