FC2ブログ

キルギスのフェルト技法 シルダック

今回の all about the woolⅥ にだしたフェルトの座布団
シルダック (350x262)

キルギスの伝統フェルト技法の シルダック。
これは、象嵌をフェルトで行うものです。
izumiちゃんと ネガポジでフェルトを作り(私は白担当)
60㎝角を40㎝まで縮めるのがものすごく大変だった

フェルトをogita先生から教えていただくようになって1年。
ようやく、フェルトの楽しさがわかってきました(笑)
ウールは面白い素材だと思っていたけど、
フェルトができるようになって その楽しみが2倍にも3倍にもなるような気がする。

all about the woolⅥ はじまります

all about DM1

all about DM2 (350x222)
 
all about the woolⅥ が本日から始まります。

昨日無事搬入が終わりました。
今日は夕方からナバホ織の 荻久保先生のレクチャーがあります。
自宅レッスンを終えたら、速攻で大倉山記念ギャラリーに行く予定です。

みなさま、会場でお会いしましょうね(笑)

搬入後の携帯からの画像なのでちょっと暗いですが…
様子はこんな感じです。
aii about (250x188)

道具放出企画 第3弾 大管2本

  • Day:2011.11.17 23:15
  • Cat:道具
ありがとうございました。
引き取り手が決まりました。


東京手織り大管 (263x350)

東京手織り製の大管です。
ご希望の方は、鍵コメントもしくは、メールでお知らせください。

基本は、お手渡しですが、これは着払いで発送しても構いません。

道具放出企画 第2弾 湯のし

  • Day:2011.11.17 23:07
  • Cat:道具
ありがとうございました。
引き取り手が決まりました
 
アイロン湯のし (350x229)

ブラザーから販売されていた、陶器製の湯のし&アイロン置きです。
たぶん、先端の穴から糸を通し、上に蒸気アイロンを置いて湯のしするのだと思います。
(私は、やった事がないので、ちゃんとできるのかは不明です)

ご希望の方は、鍵コメントもしくはメールでお知らせください。
基本は、お手渡しですが、これなら着払いで発送してもいいです~。

道具放出企画 第1弾 座繰り

  • Day:2011.11.14 06:57
  • Cat:道具
ありがとうございました。
引き取り手が決まりました



座繰り1

座繰り(座車)という道具です。
振りがついているので、回すだけで木枠にきれいに巻き取れます。
状態はいいのですが、芯の棒は四角なのでそれに対応している木枠でしか使えません。

駒沢大学駅まで取りに来てくださる方には、差し上げます。
渋谷駅まで取りに来てくださる方には、2000円でお譲ります。

発送などは、いたしません m(_ _)m
ほしい方は、鍵コメントもしくはメールしてください。


さて…第2弾があるかどうかはわかりません m(_ _)m

ヤシャブシ染め おまけ クルミ染め

  • Day:2011.11.13 10:19
  • Cat:染め
まだ11月なのに息が白くなるほど寒い日だった。

izumi工房でヤシャブシ染め

ヤシャブシ→夜叉五倍子と書くのだそうだ。
名前の由来は
「ヤシャブシ(夜叉五倍子)の名の由来は、熟した果穂が夜叉にも似ていることから。また果穂はタンニンを多く含み、五倍子(フシ)の代用(タンニンを多く含有する五倍子は古来、黒色の顔料、お歯黒などに使われてきた)としたためといわれる。」(wikipedia フリー百科事典より 抜粋)

五倍子の代用ね。なるほど~っと思いつつ、
でも熟した実が夜叉に似てるって?夜叉って何?

またもや「wikipedia フリー百科事典」によると 
(古代インドの神様で 鬼神である反面 森林に棲む神霊だったらしい。) 詳しくはwikiをご覧くださいm(_ _)m
で画像はこちら↓
152px-SungaYaksa.jpg

う~~~ん このイゴイゴした丸い感じが似てるのかなぁ~??

まぁ…そんな事は染める時には関係がないのだけど、
なんとなく解らないことをあれこれ想像して検索するのが好きです(笑)

ヤシャブシは、4月にサクラエビを食べに行ったときに御殿山で拾ったヤツと市販されている物
染液が褐色になるかと思ったら、なんとなく金茶だったので媒染はミョウバンにしてみた。
現在放冷中ののため染め上がりは次回に
ヤシャブシ (263x350)

そうそう…ヤシャブシの拾い時って何時なんでしょうね?
寺村先生の本によると実は10月頃熟すらしいのですが…。
4月でもまだ木に実はついていました(完熟?)
実のカサは開いていた方が色はでるのかしら?
どなたか ご存知の方~~。


というわけで、前回染めた「クルミ染め」です。
クルミ染め (255x350)

こちらのクルミは、9月に八ヶ岳で開催されていたNavajo Weaving  <ナバホの国から>を見に行った帰り、小淵沢の雑貨屋さんの庭先のクルミの木から採収した物。

青い実をコトコト煮て真っ黒な染液を取り出し、
無媒染(奥)薄く鉄媒染したもの。
無媒染のいろは、もう少し薄桃色にしあがりました。
クリほど濃くなく、おいしそうなココア色です。

散歩

だいぶ元気になってきた母。
手術の全身麻酔がこんなに肉体にダメージを与えるとは思っていなかった。
前回が大丈夫だったから…今回も平気という事はないのですね。

自宅に戻って毎日リハビリを兼ねて近くを散歩しています。
私も 週に一度は遊びに行って一緒に散歩する事にしました。 

横浜山手町の外交官の家
外交官の家 (313x350)

ブラフ18番館
ブラフ (257x350)

ここは、スケッチをしに訪れる方が大勢いらっしゃる。
時折母に話しかけてくださる方々がおられるようで、
「日中一人のときは、少しでも話ができるのが嬉しいから
散歩がたのしいの…」と話すのを聞くと、
もっと遊びに来て話し相手にならないと…と思ったりする…。

バラがまだ少し咲いていて、ヒースはまだ咲いていなかった。
ここは、いつもお花が咲いていて気持ちのいいところだ。

SINNER’s Lab の今後の活動を考える

  • Day:2011.11.09 09:33
  • Cat:紡ぎ
毎月 何回か集まってizumiちゃんと活動している SPINNER's Lab 
8月に 「アートヤーン100カセ納品」を終了して
9月.10月は、作品展を見たり、講習会に参加したり 充電期間でした。

11月は、all about参加もあるし ヒツジパレットエントリーもあって大忙しの中
久しぶりに東京工房(←我が家)に集まって、染めたり、カーダーかけたり
出来上がった作品のお披露目会。
称賛と酷評が乱れ飛びます!!

今日のお披露目は、
izumiちゃんの ハーフブレッドのベストと帽子
I (263x350)

ベストは、フレンチスリーブがポイント。
襟の開き部分に講習会で教わった技が活きています。
帽子は、横編みの引き返しを駆使した技あり帽。

12月には、初の東海方面 静岡の POP UP sutudio で開催されるArtists Marketに参加します。
二人で初めて 小物&糸の販売に挑戦。
ワークショップはありません(笑)
詳細はのちほど…。

さて 慣れ親しんできた(私だけかも?)SPINNER's Labですが、名前の変更をするかもしれません。
現在思案中です~。
淋しいような、新たな気持ちで進んでいけそうな~。
名前って考えている時が楽しいんですよね~。