overdye

  • Day:2012.02.29 10:09
  • Cat:染め
先日の自宅紡ぎレッスンは、染める方々と紡ぐ方でてんやわんや!
染める方は、「着分を…」と500gづつほど染めました。
染色

そして…ケチケチの私は、
残った染液やカップをすすいだ液をとっておいて(いじましいですね)
皆さんが帰られた後に染めます(笑)
実は、これが私のお楽しみ♥ 自分では出さない色があるので発見があって面白い。

そして今回染めたものは、ずっと残っていてそろそろ処分を考えないとと
45リットルビニール・3袋を見るたびに悩んでいた。紡ぎ糸の残糸。

その中でもoverdyeしたら使えそうな糸を選んで染めてみました
オーバーダイ (257x350)

ベースの紡ぎ糸がナチュラルカラーだったり、前に草木染してある糸だったり…
同じ染料なのに色が違ってとっても楽しい~。


満席恩礼
告知しておりました。3月10日ノイエブリーゼで行う「アフガンのバスケット編み」
2月28日満席になりました。ありがとうございました m(_ _)m
縮 マフラー4_edited-2

セーターをリペアする 2枚目

  • Day:2012.02.28 17:38
  • Cat:編物
1枚目は…手紡ぎ糸(たぶん)で編まれた丸ヨークのセーター。
2枚目は、英国生産の市販の糸を2本どりで編まれたセーター。

まずざっと見て補修の方法を考えます。
一番穴が大きくてひどかった袖口
特に右そではボロボロ。ゴム編みの補修は思手編みと裏編みが交互に来るので結構大変です。
紺 袖穴 (350x257)

身頃にもあちこち穴が開いています。
市販の糸の場合は色を合わせるのは、至難の業。
それにまずは、補修をするための糸を用意をしなければ…。
どこか思い切ってほどて糸を確保しなければなりません。

袖口のゴム編みは長く折り返して使っているので、
隠れて見えないところを別の糸で編み、浮いた糸を補修に充てることに…。

身頃穴 (350x263)

このセーターは、袖口側から(ゴム編みから)編み始めてあるので、
実はほどくのも大変!
袖とゴム編みの境のところを1段切って抜いてしまいます。
抜きながら、袖側の目がほどけてしまわないようにには糸を通しておきます。
この変の作業の頃は夢中で写真を撮るの忘れてしまいました。

ゴム編み部分はほどいて カセにして糸洗い。
3%の濃度に溶いたモノゲン液につけて押し洗い。
軽いおもりを付けて、撚りよりのラーメン状態の糸を伸ばします。

しっかり乾いたら
糸の量を左右のゴム編み用に2つと補修用の糸(少量)に分けます。
(補修用の糸は穴が開いていた部分の短い糸も使いました)

大きな穴は、1段ごとに編むように閉じていきます。
セーター1枚目と一緒です。
身頃 穴ふさぎ (350x263)


新しく使う糸も用意します。
このセーターはたまたま2本で編んでいたので袖口の補修には
重なって見えないところでは、本体の紺色の糸と、別に私が用意した糸と合わせてゴム編みをしてあります。
ゴム編みの最後は、もちろんゴム止め。

紺 補修完了 (350x263)

紺セーター完成 (291x350)

セーターをリペアする 1枚目

  • Day:2012.02.27 16:59
  • Cat:編物
セーターのリペア…リフォームではなくて修繕のお話です。

今時、修理してまで着たいセーターなんてあるかしら?っと考えましたが、
それ以前に、修理するほど着倒すセーターなんて普通はないのかもしれません。
それでも、私の周りには手紡ぎ糸で編んだ物を来ている方々が多いので
ほどいて編み治す事は珍しくはありません。

さて…
今回依頼されたセーターの修繕。
40年物…30年だったかな?愛されたネパールで購入のセーターです。
ヨーク 全景 (350x263)
画像が小さくてわかり難いかもしれませんが、両肘と手首、裾がほつれていて 全体に黄ばんでいる感じがします。

まず左ひじから
←袖 (350x263)
手持ちの紡ぎ糸を並べて、まずは色合わせ…似てる色と素材を見ながら選びます。
このセーターは、梳毛糸で紡がれている双糸。光沢があって強い繊維の太い糸です。
色々検討してペレンデールのグレーの単糸があったので双糸に撚り合わせて補修糸の第一候補に。

左ひじ補修
左袖補修 (350x263)
穴が大きいので1段ごとに糸を付けて編みながら補修します。
ペレンデールではちょっと繊維が細かったようです。

右ひじの穴
右袖 (350x263)
こちらは穴が小さいのでとじ針でメリヤスはぎのようにかがっていきます。
右袖補修 (350x263)


袖口
袖口 (350x263)
両袖口とも結構ボロボロ…。画像でもちょっと見えますが以前から何回も補修はしていたようで
木綿糸でグリグリに綴じ付けてあったりしています。
大事に着ていたんだなぁ~っと思いますが、実はこの前の補修部分を外すのが大変でした(笑)

袖口補修 (350x263)
袖口を6段ほどほどいて編みなおし。
最後の2弾は糸がボロボロすぎて編めないので新しい糸を足して仕上げました。

補修終了!
補修完了 (282x350)

結構きれいに治せました。

アフガンのバスケット編み 

アフガンのバスケット編み 
ありがとうございました。満席になりました。
縮 マフラー4_edited-2

1day講習のお申込み
場  所 ノイエブリーゼ
日  程 3月10日(土)
時  間 13:00~16:00
受講料  5000円 材料費  未定
定 員  8人 
申し込み こちらからお願いいたします

たびたび告知してきましたバスケット編みの1Day講習。
ありがとうございます。
お席は残り少なくなりました。
ご希望の方はお早めにお申し込みくださいね(笑)

下記の画像は両方とも同じ編み方です。
たて編みかよこ編みかの違いです。
それだけでもずいぶん違って見えるのが面白いです。

たて編み
縮マフラー6

よこ編み
縮マフラー2_edited-2


アフガンのバスケット編み ~透ける編地~

  • Day:2012.02.21 16:51
  • Cat:編物
縮アフガン バスケット編み 縦_edited-1

今日は暖かくてそろそろホントに春になってきたようです。

ヒツジパレットで編む本番の糸でのサンプル。(縦編み)
モヘアにベビーアルパカの糸…。寒いころに試作したのですっかり冬バージョンなのだけど…
来冬にしてもらえればいいかしらね。

縮バスケット編みアフガン_edited-1
こちらは横編みの柄です。
横編みの方がグラデーションが映えるかもしれません。



1day講習のお申込み
場  所 ノイエブリーゼ
日  程 3月10日(土)
時  間 13:00~16:00
受講料  5000円 材料費  未定
定 員  8人 
申し込み こちらからお願いいたします



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村