カセを繰る

  • Day:2012.09.26 08:15
  • Cat:染め
IZUMIちゃんとの最近はまっているプロジェクトは、「糸染め」

基本ウールなので、絹のような細くてサラサラ崩れてしまうような糸の扱いは無いのですが、
それでも、カセの扱いは難渋する時があります。

昨日も…。
1本目は、アッという間。たぶん5分程度でおわりました。

そして、2本目…。
1本目があんまりすんなり終わったので、気が緩んでいたのでしょうね。
糸が捻じれて捻じれて絡まります。

2時間かかりました…。

1本目と2本目 何が原因なのでしょう。
最初の糸口を間違えた?
糸さばきが悪かった?

昨日はどっと疲れてしまいました。

10月ニットの日(10日) ペットボトルカバー講習いたします。

世田谷アートフリマ無事終了いたしました。
遠くからお越しくださる方もいらして、とっても嬉しかったです。

さて、ご好評いただいた手織り工房タリフとのコラボキット「ペットボトルカバー」の講習会を
10月10日ニットの日に清瀬 手織り工房タリフで行います。

日時 10月10日(水曜)10:00 ~ 12:00 延長可
場所 手織工房タリフ
費用 キットの代金+講習料¥1000

キットは「華」シリーズ3色 各3000円
ペットボトルカバー 華

太めの糸で編む 「ネット」3色 各2000円
ペットボトルカバーチャンキー ネット

午後は、普段の手編み講習になりますが、そのまま延長で編んでいただいて構いません。
お申し込みは コチラからメールしてください。

世田谷アートフリマ日目終了

相棒のひでさんは、前日まで暑くて「何を持ってこようか悩んだわぁ~っ」と言うほど…
アートフリマ1日目、すっかり涼しくなりマフラー需要が高まりました。やっぱりウール物は涼しくならないとね

今回は夏の間 キット制作を重点にやっていましたので、紡ぎ糸の作品ちょっとですが…タリフさんの糸での作品つくりに精をだしました。

展示前に写真を撮れなかったので、当日値札の付いたままの当日の撮影です(^^;Δ
一押しのメージャーカバー
2mメジャーなので結構使いやすいですよ。
メジャー


2007年3月に織った手紡ぎ糸のマフラー2007年制作マフラー
1度も締めていなかったのでガッチリフェルト化させて
はさみのカバーを作りました。
今回はアンティーク風はさみ付で。
はさみ&カバー

そして、あまり糸を結び1本の糸にして、アフガン編みで編んだ小さなピンクッション
ピンクッション


いつも プリティなひでさんの作品
hide.jpg



今回はキット販売のペットボトルカバー このような箱入りで、レシピも充実のキット
見て買える!!先行販売中です。
ペットボトル キット
ペットボトルカバー【華】
ペットボトルカバー 華
ペットボトルカバー【ネット】
ペットボトルカバーチャンキー ネット


世田谷アートフリマは、三軒茶屋キャロットタワー内 11:00~18:00まで
私たちは5F88番ブースです。遊びにいらしてくださいね。

9月22日 23日 世田谷アートフリマに出ます~

春・秋と参加させていただいている 世田谷アートフリマ

三軒茶屋、キャロットタワーの4階 5階が会場です。
参加は、いつものどおり「ひつじ電信」のひでさんと一緒で5回の88ブースです。
今回は、メジャー、針刺し、はさみケースなど裁縫道具を用意いたしました。
また、すぐ紡げるバッツも色とりどり、用意する予定です。
タリフの糸で編むペットボトルカバーのキットも取り揃えます

遊びにいらしてくださいね。

「意匠糸(いしょうし)」 スラブ糸を紡ぐ

  • Day:2012.09.20 06:06
  • Cat:紡ぎ
第4週の金曜日、紡ぎクラスの講習は、意匠糸(いしょうし)に入りました。
(今月は4週に予定があり、17日の祭日に変更していただきました)

まずは、安定したスラブ糸を紡ぎます。
初めての紡ぎ糸のような「したくないのにスラブになっちゃった」糸ではなく
コントロールしてスラブを作ります。
編物用だと、あまりスラブが近すぎると、太い糸が密集した編み地になってしまうし、
間隔が広すぎると、コントロールされた美しさが映えません。
バランスよくスラブを入れます。

美しいスラブを作るためには、素材も選ばないとなりません。
あんまり繊維の長いものは、向いていないように思います。
適度な長さ、張りも必要です。すぐつぶれてしまうようなフニャフニャ繊維は、
スラグが毛玉発生原因になるので、私は好きではありません。

そのように思いながらスラブを紡ぐと結構スラブを紡ぐって難しいです(笑)

Sさんの糸 
Sさん スラブ糸+

Aさんの糸
Aさん スラブ

Sさんの糸
Sさん

スラブの次は、バランスの悪いより合わせ(ZとSの双糸など)の実習をしました。
紡いでいても、心許ないような、不安定な糸。
指を離すと、勝手にグルグルほどけてしまう様子などを見て、感じて糸のなりを見極めます。
基礎の糸紡ぎでやらないこと(なぜやらないかを実感してから)、意匠糸ではあれこれ試して、面白い糸オリジナルの糸を作ります。

次回は、Corkscrew, Bead Yarns を紡ぎます

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
にほんブログ村