FC2ブログ

追加 7月31日 「紡ぎ車初めて」講習をいたします。

7月31日を追加することになりました。
*・゜゚・*:.。.:*・゚・*:.。.:*・*・゜゚・*:.。.:*・゚・*:.。.:*・

7月31日と8月2日金曜日 紡ぎ車初めて講習をいたします。
1日でも両日でも大丈夫です。

糸紡ぎをやってみたいなぁ~という方。
紡ぎ車に触ってみたいなぁ~という方。

「紡ぎ車初めて」講習をいたします。
紡ぎ車に慣れる。
手と足を使って糸と紡ぐ。
スライバーを紡ぐ。
ハンドカーダーの使い方。

など基本の糸紡ぎの講習です。

講習費1日5000円 別途材料費がかかります。
講習時間 10:30~4:00頃まで
場所 東京都世田谷区 駒沢大学駅徒歩1分の工房です。

詳細は、お申込みいただいた方にメールでお知らせいたします。

参加ご希望の方は、右のメールフォームからお申込みください。

7月のレッスン 編み物 紡ぎ

6月の中旬からレッスンをお休みしていたので、
2ヶ月ぶりの工房でのお教室。皆さんと近況報告。

第3水曜日のあみものクラスでは、紡ぎ糸をベースに市販の糸を編みこんだ
ボートネックのセーターが仕上がりました。うぅ~~見るからに暑いですが、
秋には重宝しそうです。
137セーター

不定期開催OGクラスは、今月は土曜日に集まって、茜で紡ぎ糸染め&布フェルトをやってみよう&紡毛糸講習といろいろ。紡ぎ講座を卒業された方々が集まって勝手に色いろやっているクラスです。
紡ぎ糸は700g染めました。
137茜

第3月曜日紡ぎクラス 梳毛糸の方紡毛糸の方それぞれ。
ペイントしてあるアシュフォードの紡ぎ車の引き込みの調子が悪く、梳毛糸紡ぎはOKなんだけど紡毛糸では…ちょっと難がある…。調子のいい時もあるので原因がよくわからない。
紡毛糸の講習には使えないかも…と思案中。新しい紡毛機がほしいなぁ~。
北海道のバルクカンパニーの羊毛が届いていたのをやっとお渡しできました。
バルクカンパニーは、
2013年のスピナッツ主催の第3回 国産羊毛コンテスト2013 でも入賞している牧場です。

広げてみるとこんなに素晴らしいシルバーグレー
137バルクカンパニーWOOL
ゴミも無く、毛足が長いすばらしいWOOLです。
これを等分に分けて…皆さん何を作ろうか妄想が広がっているようでした。

はぁ~~素敵な毛だったわぁ~。


第4巣曜日の会は固定メンバーの紡ぎ編み物レッスン日。
このクラスも好きな事をしています。
もうすぐ初めての大物JKが編みあがるHさん、嶋田先生のアラン模様の帽子を編んでいるTさん、紡ぎ糸チュニックを編んでいるSさん、午前中は靴下を編み、午後は糸を紡ぐIさん。
Iさん提案のバックインバックも次回から編むことになり、面白くなりそうです。

8月 単発 レベルアップ紡毛糸講習のお知らせ

8月のお知らせです。
ありがとうございました。満席になりましたので募集を締め切らせていただきます。

紡毛糸のレベルアップ1日単発講習のお知らせ

8月5日(月曜日) 8月6日(火曜日)
両日、もしくは1日でお受けいたします。

対象  レベルアップ講習ですので、紡ぎ車経験者対象です。
時間  10:30~4:00
講習費 5000円+別途
持ち物 エプロン 筆記用具・クリアファイル お弁当(近所にお弁当屋さんあります)
ハンドカーダー&コーム(工房にあるものを使用してくださってもOKです)

申し込みは、右欄のメールフォームからお願いいたします。

みっちり2日間紡毛糸三昧いたしませんか~。



吉祥寺 高円寺散歩

今日はアレコレ用事があってまず吉祥寺に向かいました。
前回吉祥寺に来たのは…そう前の事ではなかったと思うのだけど…。
すっかり工事が始まって、情けないけど自分がどこにいるのかわからない。

こんなに短期間で街が変わるなんてビックリしました。
1307吉祥寺駅

まずは、アヴリルに寄ってご挨拶。
そして、コットンフィールドに向かうと一足違いで15日に閉店していましたw(゚o゚)w オオ-

1307コットンフィールド 閉店

どんどん布屋さんが減ってしまいますね。
それにしても前日までだったとは…、ちょっと残念でした。

アナンダの吉祥寺店へ行って、先日の旅行中にお借りしたBAGを返却して、吉祥寺店内へ引っ越してきたアナンダカディグラムのお洋服を見たり、原毛や小物をみながらニヤニヤ。
お買いもをしなくても、楽しいお店です(ちょっとは買い物しましたよ~)

その後、吉祥寺から高円寺に場所を移して作品展めぐり

『手遊展』 7月16日~21日  12:00-19:30 最終日18:00
Gallery たまごの工房
杉並区高円寺南3-60-6 高円寺駅から徒歩約5分 

手織り工房タリフさんで知り合ったMさんとお仲間の作品展。
色々のジャンルの方がいらして面白かったです。

そうそう、吉祥寺の古道具屋さんの店先にこんなものが…
1307 骨董屋
フライヤーが無いので、すぐに紡けないのが残念な代物でした。

スウェーデン シンマンソン学舎 お散歩

裏庭の物干し
カサを逆に刺したような形がかわいい。
物干し台 (338x450)

絵葉書になりそうな…物置小屋
物置小屋4 (450x338)

とっても大きなリンゴの木、赤い実が付いたら…どんなにカワイイでしょうね。
リンゴの木 (338x450)

小さなカタツムリ
カタツムリ (338x450)


レースの花
レースの花 (450x338)

散歩道 (450x338)

散歩道2 (450x338)

大きな木のトンネル
散歩道3 (450x338)

教会の敷地には明るい墓地がありました。
お墓 (338x450)


墓地わき 水場には如雨露とはさみ、スコップなどが置いてありました。
たぶんお墓のお掃除をする道具…。日本の墓地と変わりないんですね。面白いです。
お墓の道具 (450x338)

スウェーデン シンマンソン学舎での5日間 キノコ染め

シンマソン学舎でのワークショップに楽しみだった「きのこ染め」があります。
きのこでどんな色が染まるのでしょう。ワクワクです。
キノコは、もちろん学術的な名前はあるのですが、キノコ=マッシュルームでした。

キノコ染めは3日間かけてゆっくりと時間をかけて行いました。
講師をしてくださったのは、シャーロッタ。
救急車の運転もする看護師さん。
染め材のキノコは、彼女が採取して、干しておいてくれたものです。
1306キノコ染めの様子

首の長いきのこ 赤が染まります。
キノコ1 (450x338)

たぶん「サルのこしかけ」茶色が染まります。
キノコ2 (450x338)

コロッとしたキノコ 黄色が染まります。
キノコ3 (450x338)

キノコの量は、染める糸50gに対して乾燥キノコ200g!!
乾燥しているキノコ!!それも200gというので、なんて贅沢な染物なのでしょう!と
ビックリしました。だって、シイタケの大袋200gの量を考えても…とっても贅沢…。
キノコ染め鍋 (450x338)
あとあと、お散歩をしていてわかったのですが、スウェーデンの森や小路にはあちこちにキノコが生えていました。日本で思うほど、キノコ採取するのは特別ではなくて、身の回りにあるものなのかもしれませんね。
煮出しで1日目終了。


染液が冷めて糸を入れて煮出します。媒染はアルミ。1番染め 2番染め 3番染めまでしました。
キノコ染めなべ5 (450x338)
キノコ染めなべ6 (450x338)
黄色キノコ染め鍋4 (450x338)

まずは9色完成。
まずサンプル9色 (338x450)


染める工程の中で、とっても楽しかったのは、脱水の方法。
脱水 (450x338)
すすいだカセを裏庭の真ん中でグルングルン回して水分を飛ばします。
そばにいると、飛んできたしぶきで濡れます(笑)

シャーロッタは、もっと見せたい赤系の色があったようで、翌日。木灰でアルカリ抽出した染液を持ってきてくれてそれでも染めました。全部で22色!!
キノコ色22色 (450x338)

おまけの画像は、シャーロッタの染色見本
キノコ染め5 (450x338)

キノコ染め2 (450x338)
グラニースクエアのブランケット
キノコ染めブランケット (450x338)

8月の工房開放

6月、旅行中に工房開設1周年が過ぎてしまいました。
この一年、家賃を滞納することなくやってこれて(笑)よかったです。
ありがとうございました。

今年もお礼を兼ねて8月に工房開放をします…。が!なんと工房のあるアパートが大規模修繕中。

137工房大規模修繕 (338x450)
旅行に行く前は何もインフォメーションが無かったのに
帰ってきて工房に行ったら足場が組んであってビックリ!
何でも急に決まったそうで、7月8月は目いっぱい修理するそうです。

というわけで、木陰が涼しかったアプローチの木々がバッサリ切られていて
うっとうしい足場とネットが貼られています。

これじゃあ、工房に来てもらう人にも悪いし…今年は工房開放をやめようかと思ったのですが、
どっちミチ、お部屋から見える景色が美しいわけでもなく、窓閉め切ってエアコン入れるんだから
開放やった方がいいかぁ~とやることにいたしました。

ですので…穴倉のような工房ですが、8月に工房開放いたします。
基本日曜日はお休み
お盆休みの11日(日)から17日(土)はお休みです。

上記以外の日で、工房開放をいたしますので一応ご希望日があれば右欄のメールフォームからお問い合わせください。
手紡ぎの単発講習もお受けいたします。


スウェーデン シンマンソン学舎の5日間~道具類編~

a136シンマンソン学舎全景 (450x338)シンマンソン学舎

a136紡ぎ車
まずは紡ぎ車
2台は、アシュフォードのトラディショナルとトラベラー。他の2台はかなり古く、大きな立って紡ぐタイプの物は錘の部分が壊れていて使えなくて残念。本でしか見たことが無かったのでちょっとやってみたかったです。
紡ぎ車では、オステル糸になる直前の状態の物を紡がせてもら居ました。

a136カーダー台
カーダーの台です。籠が乗っている椅子の部分に座って、ステープルをティージングするのに使います。
針布が貼り付けてあるのは見たことがありましたが、これは大きめのハンドカーダーが取り付けてありました。
場所があったら作りたい1つですが…何せ我が工房は狭いのでこれを置くのはちょっと無理ですね。

a136バンド織機
バンド織の織機。機に向かって横座りで織るようです。
今回私は織のWSまでたどり着けず、織っていません。次回は必ず…って今度はいつ行けるだろう。


a136バンド織機2_edited-1
こちらもバンド織の機。小さいタイプです。

a136カセ繰り_edited-1
木製のカセ繰り機とロイヤル(日本製)の赤の玉巻器。ロイヤルは世界でのシェアも高いです。
赤い玉巻器は古いタイプ。赤いタイプは使いやすいです。

a136ボビンレース2_edited-1
ボビンレース。初めてボビンレースをしました。食わず嫌いでしたが…結構楽しい。
思わず、バスティーナでクッサン(ボビンレースの台)を買ってしまいそうになりました。

a136ろくろ機
そして織機。みんな縮絨してポンポンができる物を作っていましたが、こちも私はたどり着けませんでした。

スピンドル1 (450x338)
そして色々なスピンドル。見ているだけでも楽しいです。

スウェーデン シンマンソン学舎での5日間 その1~会場編~

シンマンソン学舎は、村の集会場だったところを、オステルヨートランド羊毛紡績が買い取って
手仕事を思う存分できる宿泊施設になっています。
キレイで明るくて、気持ちの良い場所です。
2階が宿泊所
1階が工房とキッチンとダイニング。

まずは、工房から
初日、お好きなだけ使ってください~っとオステルヨートランドの糸が
テーブルに並んでいました。
a136楕円テーブル

これから毎日ここにある道具と材料を使って、講習三昧に日々が始まります。
a136長机

お隣の教会です。
a136教会 (400x300)



*・゜゚・*:.。.:*・゚・*:.。.:*・常務連絡*・゜゚・*:.。.:*・゚・*:.。.:*・
ご迷惑をおかけしていましたが、iPhone治りました。

スウェーデン、イギリスから帰ってまいりました

13A ゴットランドゴットランド

昨日、スウェーデン・イギリス旅行から帰ってまりました。
出会い、天候、健康に恵まれた充実した楽しい2週間でした。

ひつじにもたっぷり会えました(笑)
新しい技法も習得してきました。

忘れてしまわないうちに、復習しながら日記に書いていきたいと思います。
あぁ~~楽しかった。

*・゜゚・*:.。.:*・゚・*:.。.:*・業務連絡*・゜゚・*:.。.:*・゚・*:.。.:*・

成田到着後、iPhoneが壊れてしまいました(涙)
携帯でのメールが受け取れません。
至急の連絡がある方は、PCメールもしくは、自宅へ電話してください。
ヨロシクお願いします。