茜染めのバッツ

  • Day:2014.08.07 08:00
  • Cat:染め
th_1675草木染め


5月に紡ぎ終わっていた草木染めの糸の茜が足りなくなったので
追加分の茜をカーダーにかけました。

th_IMG_2008茜バッツ

外は嫌になるほど暑くて…茜色は暑苦しいかなぁ〜って思ったけれど
カードかけて空気を含んだバッツの茜色は優しい。

カードかけしている脇で、細いラムウールをラムネ色に染めました。
夏はやっぱりこちらが目に涼しいです。
th_IMG_2012糸染め




にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
にほんブログ村

染め糸 準備完了

  • Day:2014.08.06 08:52
  • Cat:染め
昨日も静岡の工房へ出向き、スピニングパーティー用の染め糸の準備をしました。

th_IMG_2006染め糸

ソックス用の糸 13種類!!がんばりました(笑)
展示のときは編みサンプルもお見せできる…と思います。

フリッカーをブレンディングボード用に改造

  • Day:2014.08.05 00:32
  • Cat:道具
先週、板取スピニングキャンプ2014に参加してきました。

板取スピニングキャンプは、名古屋・岐阜のパワフルメンバーの方々が企画された、一日中紡いじゃうぞ!という
何とも嬉しいキャンプなのです。

2011年のヒツジパレットでレクシーさんのアートヤーン講習のアシスタントをさせて頂いてからこっち
ほとんど、それらしい糸を紡がず、情報も集めていなかったので、そんな楽しい企画が進んでいたのもズッと知らず、開催2週間前に知って慌てて申し込んでギリギリ参加してまいりました。

メンバーは、トラディショナルな糸も紡ぐけど…いろんな技法を駆使した糸を作るのが大好きな マニアなメンバーで構成されていて、それはもう会話がマニア過ぎる暗号のような言葉にワクワクしちゃったのであります。

で今回ガッツリ心をつかまれたのがブレンディングボード。
私のは、Inwood Smith の Board Carderでブレンディングボードではないけれど、それらしくは使えるものだし、みんなはどんな風に使っているのかなぁ〜っと興味津々。
集ったメンバーはやはり皆さ道具もマニアな方々ばかり、
アシュフォード/ルエ/Howard Brush…初めてブレンディングボードを発売した会社などなど 各種取り揃え
その道具一つ一つににウンチクがありまして、歯の並びから羊毛を歯の中に押し込むブラシの毛質に至るまで(笑)結局、ブラシに関しては今の所 アシュフォードのブレンディングボードについてくるフリッカーの形状の物が良さげであるという話になりました。

そのフリッカーに似ている物とフリッカーと何が違うのか…というと針布の向きが違うのです。
なので逆さにもって作業すれば事は足りるのですが…やっぱり作ってみたい。
という事で、古くなったフリッカー↓これを改造します
th_IMG_1989フリッカー

タッカーでしっかりと打ち付けれある針を外し
th_IMG_1990フリッカー外す
曲がった針をペンチでなおし、裏の様子を確認。
さびも無いし、このまま使う事に決定!
th_IMG_1991外した針布
外した針布の向き 天地を逆さまにしてタッカーで停めます。
くの字にまがった針が持ったときに上に向くようにセットします
th_IMG_1993付け直し
引っ掛けるように羊毛をボードカーダーにのせブラシで撫で付けます。
右側がブラシをかけた所 左がこれらかの部分
十分に使えます!!よかった〜〜。
th_IMG_1994.jpg

こうした物を棒で巻くのではなくてDIZでハンドスライバーをこしらえます。これが結構楽しい。
DIZではいつも、小さいハックルを使って作業していたのだけど、この Board Carderの方が仕事がしやすい。
th_IMG_1995diz.jpg

気を良くして、スライバー作りth_IMG_2002diz.jpg

そしてracing stripe を紡ぎました。ボビンにきつく巻かれているのでちょっと細くて分かりにくですねth_IMG_1998racing stripe
racing stripeどうしを双糸にth_IMG_2004racig wrap

そして右が合わせ糸が1本でのautowrap 左は、合わせ糸が3本のautowarap
th_IMG_2003autowrap.jpg