秋です。チョッキが編み上がりました

  • Day:2014.10.30 23:41
  • Cat:編物
作品展に間に合わせたいと頑張っていた物数点。
結局 間に合わず(汗)

まず1つジャコブのチョッキを仕上げました。th_1410ベスト3
th_1410ベスト

ジャコブを茶系と白系に分けて、単糸に紡ぎそれを赤系の染料でover dye したもの。
メリヤスとガーターの組み合わせの簡単な模様だけど、雰囲気のある仕上がりになりました。
th_1410 ジャコブの単糸
撮影は近くの公園。
ここ2ヶ月、ず〜〜っと部屋にこもって作業をしていたので、
久しぶりに公園にくると秋がグッと迫ってきていてビックリ。

すすきはもう少し先かな 空が青いです。
th_1410 ススキ

楓の木は上の方から色づいて。
th_1410紅葉3

こんなに真っ赤なのは久しぶりに見たような気がします。
th_1410 紅葉2



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
にほんブログ村

Wool Works 楽しく終了いたしました〜

  • Day:2014.10.29 13:05
  • Cat:P&M
10月27日日曜日 無事にWOOL WORKS 終了いたしました。
3日目、朝 open 前からお手伝いに来てくださった、Kさん。Aさん。
撤収をお手伝いしてくださったIさん。

その他皆様方に支えていただき、楽しく終えられた事、本当にありがとうございました。

今回はあまりWSの告知をしなかったのですが、(会場にも告知を置きませんでした)
BlogやDMをご覧になって スピンドルの講習 アフガン編みのピンクッションの講習を受けにきてくださいる方がいらしてとっても嬉しかったです。

スピンドルの講習の写真は取り忘れてしまいました〜。ごめんなさい。
アフガン編みのピンクッション とっても可愛くできました。

th_1410ピンクッション1

th_1410ピンクッション2IMG_2416

また、次回もよろしくお願いいたします。
ありがとうございました。

Wool Works 1日

  • Day:2014.10.25 09:12
  • Cat:P&M
おはようございます。

Wool Works 1日目、人が途切れることなく
終了時間まで、しゃべり続け楽しく終了しました。
久しぶりに会う、幼なじみ。
子育て仲間。
「今まで、気にはなっていて来たかったのだけど
中々来られなかった…から
凄く嬉しいし、楽しい」と言ってくれる友人たちに、
私も含めてだけれど、
子育てを終えて、自分の時間ができた喜びを分かち合う事ができました。
年を重ねる事は、ため息が出ちゃう事もあるけど
日々の変化を楽しみつつ 暮らしたいなぁと
思ったのでした。

スピニングパーティでのDMで、blogを見て、リピートでいつもお越しくださる方々
そして…10月のレッスン中止も嫌な顔せず、「先生頑張って」と応援してくださった皆様
ホントにありがとうございます。
まだ2日ありますが、昨日は、いつも以上に緊張して
そして嬉しかったのでお礼が言いたくて…。

さて!あと2日頑張ります。


明日からWool Works 2014が始まります。

  • Day:2014.10.23 22:26
  • Cat:P&M

Peggy & Maggie がおくるWoolイベントWool Works2014 を明日より東京神田で開催いたします。


私たち二人【Peggy & Maggie】は、古い紡ぎ車マーガレット(WeePeggy)のオーナーです。
マーガレットは、英国シェットランド地方の紡ぎ車の形を模して1960年代からNZで作られ、世界中で愛されている紡毛機です。
WeePeggyとは(小さなマーガレットちゃん)という意味です。
私たち二人の愛機の名前を付けた【Peggy & Maggie ひつじのお店】!を今年も神田で開催することが出来る事をとても感謝しています。
WOOLをこよなく愛する方々と楽しい時間を過ごしたい、そんな思いでお待ちしています。

1410dm住所
会場のART ROAD は神田駅西口を出たら、正面の商店街を入りメガネスーパーの2階です。

本日の搬入の様子
今年のテーマは巻物

ショール
th_ww14 ショール1

ネックウォーマー
th_ww14 ベスト


手袋
th_ww14 手袋

今年のバッツは、お宝の草木染めを大放出!!
紅梅、しだれ桜、にんじん葉 など
th_ww14バッツ草木染め

オステルヨートランドのロービングを紡いだ手紡ぎ糸
th_ww14 オステル紡ぎ糸

ノールビンドニングの帽子
th_ww14 ライオン帽子


他にも色々あります
遊びにきてくださいねぇ〜。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
にほんブログ村

ラトビアの手編みの靴下

  • Day:2014.10.12 23:01
  • Cat:
誠文堂新光社から10月10日に発売になった
ラトビアの手編み靴下 受け継がれる伝統の編み込み模様 中田早苗著
ラトビアの手編み靴下

春に中田さんから この本の製図の校正をして欲しいと依頼されて
ず〜〜っと楽しみにしていました。
8月どんどん送られてくる 靴下(現物)に「キャーキャー!!可愛い〜〜」っと言いながら
製図のチェックをしました。

でも本が出るまでは、Blogに載せる事も出来ませんし、誰かと早くこのかわいさを共有したい〜〜っ独り占めしているのがもう〜〜苦しくて!(笑)
これでやっと、ワイワイ楽しめます。

何足も実物の靴下を手に取って、ひっくり返し 目数・段数を数え 技法をじっくりと見られるチャンスなんてそうそうある事ではありません。
渡された靴下には、売り物としてではなく家族用に編まれた物などがあり、たぶん編み図などなく寸法見ながら減らし目したり増目したり…、臨機応変 手編みの神髄という感じで編まれていて…とっても面白かったです。

私はこの夏ズッと靴下しか見ていなかったけど 今回 この本を手に取ってみて、靴下だけでなくラトビアの地域の歴史や民族衣装にもふれていて、読み物としてもとっても面白い本です。
この秋 おススメの1冊です。


作品展が再来週の週末に迫ってきました。今回は、編みフェルトの作品を色々作っています。
是非 遊びにいらしてくださいね。
作品展のお知らせはこちら

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
にほんブログ村