FC2ブログ

〜3月のレッスン〜

さぁ もう3月です。

今月のレッスンは私の都合で変更があります。
ごめんなさい〜&ご注意くださいねぇ〜。

変更 3月3日(火曜日)→10日(火曜日)編み物
11日(水曜日)清瀬 手織り工房タリフ 午前中糸紡ぎクラス 午後編み物クラス
16日(月曜日)第3月曜日の会 糸紡ぎ
18日(水曜日)第3水曜日の会 編み物
20日(金曜日)第3金曜日の会 糸紡ぎ
変更23日(月曜日)→30日(月曜日)糸紡ぎ
25日(水曜日)グループレッスン
27日(金曜日)第4金曜日の会 スキルアップ講習

第4金曜日 紡ぎカリキュラム終了 スキルアップクラス 

第4金曜クラス。

こちらのクラスは、梳毛糸・紡毛糸・獣毛・意匠糸のカリキュラムを終了してくださった方々が、そのまま居残りで 課題を提案しながら進めているクラスです。

久しぶりに集まって、2月の課題 染色をしました。
染もいろいろしてきたので、各自イロイロ

Sueさんは、手持ちのポロワス(フリース)
th_1502 第4金染色1

Suzさんは、糸染
th_1502金 糸染

Tさんは工房のフライスランド(フリース)
th_1502第4金 染2

フリースを染めるのはやはりお鍋(染色用のタンク)で染める方が簡単かなぁ〜(笑)と思いました。
あれこれやって、わかる事が多いですね。

前回の課題は色相環・明度 彩度 
th_1502 金色相環

th_1502 金講習1

作品作りで難しい色選び。隣合う色で作品の出来栄えがグッと変わってきます。
明度もとっても重要です。少しでも作品作りに活かしてもらえると嬉しいです。

しばらくお休みの間(私の都合でお休みしていました)の皆さんの作品を見せていただきました。

こぎん刺しをされているSuzさん。
木綿んの糸で刺したこぎんも素敵で大好きですが、刺繍糸でのこぎんってモダンで素敵♡
黒のクラッチバッグが欲しいわぁ〜なんて言ってみたり‥。
 
th_1502第4金 こぎん

昨年暮れから糸の用意をされて、1月にホームスパンの短期集中講習を受けてこられたTさん
シェットランドで杉綾のストール。
軽く膨らみがあってとっても素敵、いろいろ課題も見えてきたそうです。
th_1502第4金 ショール

作品の画像はありませんが、パレットで縮絨講習を受けてこられたSueさん
こちらも、綾織と平織りの違いなどいろいろ思うところがたくさんあって勉強になったそうです。

私は編物専門なので、織りのこと素人です。
マフラー程度の切れない縦糸を紡ぐ糸の講習はできますが、やはり専門外の事はお伝えできません。
糸の基礎を学んでいただく中で、ご自身の作品の方向を見つけて織りや編み フェルトなど その他へ巣立って(大げさですが)行かれるのは 本当に嬉しいです。
そして その方々が、また集まって作品を見せてくださったり、その時感じていることを話してくださったりすることが教室をやっていてよかったなぁ〜っと思う瞬間です。

糸紡ぎは楽しいです。
みんなと紡ぎ車を並べておしゃべりしながら糸を紡ぐのができて本当によかったなぁ〜っと思った2月でした。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
にほんブログ村

第4水曜日 手紡ぎ糸で編物レッスン 〜今日も猪谷靴下〜

2月も もうあと少しですね。
近くの公園の梅も満開です。

第4水曜日
猪谷靴下の最終日です。
もう一度 かかとの復習をして仕上げます。

Hさん の緑色ベースの靴下。
th_15024水1

Tさん ブルーベースの靴下。
th_15024水2

Iさんは赤ベースの靴下でした。

猪谷靴下は、中細〜並太の糸を数本引き揃えで編むので、結構どんな色合いのものでもいい感じのなってしまうところが魅力です。
みなさん、出来上がって履いた途端「わぁ〜〜。暖かい」とおっしゃいます。
本当にあたたかい。素敵な靴下です。

2月第4月曜日 紡ぎレッスン 

今日は暖かかったですね。

紡ぎのレッスンは、今月は染月間

Iさんは工房での染は数回目。「何色でも好きな色でね〜」と声を今回もかけましたが、
選んだ色は、無意識にほぼ前回と同じ色でした。60色あっても好きな色は決まってしまうのですね。
th_1502月4染色3

Muさんは、工房からの提案のコリデールと持参されたシロプシャーのトップを染めました。
ダウンタイプのシロプシャーは染料をよく吸収し、膨らみも抜群です。
染め上がりの感触も違うことを、染めながら実感されました。
画像の羊毛ははシロプシャー
th_1502月4染色2


Nさんは、工房からの提案のコリデールと持参されたペレンデールの原毛。
画像は、コリデールです。
th_1502 月4染色


Maさんは染はなさらずに ひたすら紡ぎます。本日はロングドロー。
ずっとメリノを紡がれていたので、他の羊毛がとっても紡ぎやすく感じたそうです。

th_1502Mロングドロー


画像は、Iさんのアルパカとポロワスのミックス。
とっても美しく紡げていますね。ショールになるそうです。
th_1502 Iアルパカ双糸

紡毛糸1回目を終えてたMさん 紡毛糸はもう少し練習がひつようですがポロワスのセミ梳毛糸は、細い美しい糸になりました。編み地もとても綺麗です
IMG_3074.jpg

自主トレでペレンデールを紡いで、編み地提案させてもらったモチーフを編んでこられました。
糸は光沢があって美しい仕上がりですが、編み地は‥ちょっと編んだ針が細かったようです。
編み地が息苦しそうです。もう2号ぐらい太いい針でも大丈夫そうです。
th_1502N 編み地

紡ぎレッスン 第3金曜日

2月は染色月間

まずは先月からの自習制作物を見せていただきます。

紡毛糸5回目のYさん
手前から 甘茶(NZダウン)白(ブルーフェイスレスター)薄甘茶(NZダウン+ブルーフェイスレスター)こげ茶(NZダウン+ポロワス黒)
th_1502YNZサウスダウン

品種や色をブレンドすることによって、欲しい色合い または弾力や光沢 しなやかさを補います。
1種類(シングルブリード)のヒツジのキャラクターをきちんと把握し知っていくと、自分の欲しい物が自ずと作れるようになっていくのが楽しいですね。

紡毛糸2回目のEさん
サフォークの紡毛糸の単糸ですth_1502Eサフォーク

まだ2回目ですが、紡毛糸の糸の成りになってきています。
画像で見てしまうと「あちゃ〜!!」と思えてしまいますが、未だまだ練習過程ですから、見た目の美しさを求めないでください。なぜ撚りの強弱ができてしまっているのかをゆっくり考えながら、次回の課題になります。

セミ梳毛講習中のKさん
コリデールのセミ梳毛糸の双糸
th_1502 Kコリデール
上品な細めの双糸になっています。ただちょっと双糸のより加減が甘いかもしれません。
編み地よっては、糸割れしてせっかく双糸にしたのに引き揃えの糸のようになってしまいます。
写真を撮り忘れてしまいましたが、Kさんは、サンプル編みされていたので、
この糸に合う編み地とそうでない編み地のチェックもできました。
地道な作業ですが‥1つ1つ 自分で確認することが一番大事ですね。

 ~✴︎〜 染色講習 〜✴︎〜
好きな色を置いて
th_1502 金3染色1

th_1502金3染色2


熱を加えた後 放冷
th_1502金3染色3

すすいだ後 広げて乾かします。
th_1502金3染色4

染めは楽しいです。
染レッスンだけの講座をしたいぐらい‥。

第3水曜日 手紡ぎ糸で編物レッスン と編機のメンテナンス

昨日は、とっても冷たい雨が降っていました。
去年の2月は大雪の日が何回もあったことを思えば、今年は楽なのかもしれませんが春が待ち遠しいですね。

第3水曜日の 手紡ぎ糸で編物レッスン 若干名募集します。
興味のある方 是非遊びにいらしてください。

Mさんは今シーズン靴下を何足も編み、編み図を見ずに空き時間にTVを見ながらでもチョコチョコ編めるようになったのが嬉しいとおっしゃっています。
画像は、peggy&maggie の染糸で編んだ靴下。
th_1502 靴下

そのほかコリデールmixのマーボ(フライングシープのヒツジ)でロングベスト
スピンドルで紡いだロムニーで旦那様のセーター
ソックヤーンの残り毛糸でカーディガンを掛け持ちで編んでいらっしゃいます。

⭐︎ ⭐︎ ⭐︎ ⭐︎ ⭐︎ ⭐︎

先日ブラザーの太編機パンチ9をだしたら‥パンチカードが不調で慌てました。
この編機は、編物友人たちが結婚祝いプレゼントしてくれた大切な編機。

4.5mmピッチ編機のオーバーホールはまだやってくれるのはわかっていたのですが、9mmはどうなんだろうと不安だったのですが、オダハラミシンサービスに連絡しましたらいろいろ相談にのってくださって送るための箱の手配もしていただき 一昨日無事に戻ってきました。嬉し〜い。

木製のものは年季が入ると味がでてきますが、金属+プラスチックのものは、劣化‥が目につき悲しい思いがしてしまいます。丁寧に扱って、長く使い続けたいです。
th_1502 編機




にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
にほんブログ村 

今月の紡ぎのレッスンは染めです

染めは、レッスンの中でも人気のプログラムです。

まずは色を楽しんでもらう為に、ランドスケープ全66色を好きに使って。
次は、科学染めの基礎を学んでもらう為に
ラナセットやイルガラン ダイヤモンドファーストなどの染料を使って
それぞれの染料の色味を覚えて、自分のカラーを探してもらえたらいいなぁ〜っと思っています。

というわけで、
ランドスケープ66色
th_1502 染料ボトル

簡易的な染め方で色遊び。
色を選ぶのが苦手な方も 自分自身にはめ込んでいるタガを外して自由に遊んでもらえたらいいなぁっと
th_1502 月3 染色2


th_1502 月3染色1

染め上がった物の写真を撮るのを忘れてしまいました(涙)
今度は、忘れないようにしよう‥

前回 アルパカのレッスンだったお二人がモチーフ

Sさんの 張りのある黒のアルパカの糸で編んだ グラニースクエアの変形モチーフ。
糸に張りのあるものは、鎖編みの多いパターンにするとチェーンの部分が丸くリング状になって可愛い編み地になるので、この糸と編み地ベストの組み合わせですね。
th_1502 かぎ針モチーフ


Wさんは、違うタイプの糸で同じモチーフを編む(白樺編み編)
左下 アルパカ糸:画像ではわかりにくいのですが、毛羽立ちのある黒いアルパカの毛が白の編み地を薄汚れた感じにさせてしまっています。
右下 シェットランドヤーン:糸の膨らみと色目が白樺編みにピッタリ!柄がよく映えています
上  段染め糸:もや〜っとした段染めだったので、なんとなく編み方向が変わっているはわかりますが、
一番編み地と糸があってない状態になってしまいました。
白樺編みをするなら、もっとスパンの長い段染めが向いています。 
th_1502 模様と色


糸を紡ぐ(デザインする)ということを 一つ1つ考えながら、サンプルを作っていくと作品を仕上げていく大きな力になりますね。

<羊と手> かぶりもの展 毛糸だまニットカフェ

三軒茶屋のキャロットタワーで1月からおよそ1ヶ月間開催されていた<羊と手>展の最終日でした。

気になっていた「羊をかぶるマーケット」を観に行ってきました。
th_1502被り物2

若手の作家さんが作る「ヒツジの被り物」
フェルト素人の私が見ても‥フニャフニャ過ぎる(狙って作っているかもしれませんが‥)など 
先日のヒツジパレットの作品と比べてしまうとちょっと完成度が低いかな‥と思ってしまう作品もありましたが、「若い人 がんばれ〜〜!!」と応援したくなるような、皆 活き活きした見ていて楽しい作品が多く元気が出ました。

(iPhoneが白黒のモードになっていました。)
th_1502被り物1

横の会場では、毛糸だま主催のニットカフェが!
風工房の服田洋子氏 サイカチ氏 他ニットデザイナー方々が 編物の質疑応答をして下ったそうです。(ニットカフェをやっているのは知っていたのですが、毛糸だま主催とは知らず‥モバイル編み物をたまたま持っていなくて参加できず残念〜〜)
また やってくれないかなぁ〜〜。
th_1502ニットカフェ

そして今日の一番の嬉しかった事
かぶり物を見ていたらたまたまニットカフェにいらしたIさんが声をかけてくださいました。
Iさんは 昨年ノールビンドニングに講習を受けて下り その後いろいろ情報を得ながらノールビンドニングを編まれていらっしゃいます。
10月のWool Works2014にも遊びに来て下さって、オステルヨートランドの羊毛で紡いだ糸を購入いただきました。その糸で編んだ ノールビンドニングのミトンを持参されておられたのです〜!!
うれしい〜〜
なかなか お嫁に出した糸が編まれて形になったところを見ることができるなんてないので
すごく嬉しかったです。ありがとうございました〜〜。
th_1502ノールビンドニング



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
にほんブログ村

モンゴルの遊び道具(骨)

ヒツジパレットの企画の1つに
京都工芸センターの3階でモンゴルのゲル設営、伝統的なフェルトの敷物の制作実演が行われていました。

その展示の1つに遊び道具の展示があったのですが、遊牧民の生活を彷彿とさせる物が!
これ 何だかわかりますか?
<おはじき>です。骨の!
2015021321254683f.jpg


左からヒツジ ヤギ 馬 牛のくるぶしの骨だそうです。
くるぶしの骨は2つで1組になっているので遊びやすい?そうです。

どうも‥わたしの勘違いのようです。骨はヒツジの後ろ足のくるぶしの骨で1頭から2つ取れるそうです。
またくるぶしの骨の4面を ヒツジ ヤギ 馬 牛(ラクダ)とサイコロの数字の面のように呼ぶそうです。
モンゴル(ゴビ地方)で過ごされたことのあるひま研の酒井さんからご指摘いただきました。
ありがとうございます〜〜(感謝)
他に情報がある方、わたしの記事が間違ってるよぉ〜という方 
ご指摘ください〜。よろしくお願いいたします〜。

私が見に行った時、こちらの展示の担当だったmikiちゃんが、
「モンゴルの方が観にいらっしゃると 全員懐かしい〜っと言ってこのたくさんの骨の中から ヒツジ ヤギ 馬 牛の骨を対で取り出して、(取り出せる!っていうのが凄い!!)みんな違う遊びを教えてくれるの」っと言っていました。
骨のおはじきで遊び方がそれぞれある!凄いです。
広い草原で遊ぶためのおもちゃが生き物の骨。生活です。憧れます。

そしてもう一つ
<知恵の輪> 輪ではないけれど‥これも面白い。
20150213212553d6d.jpg
 画像では、紐に通った骨が2つ離れ離れになっています。これを2つ並べる遊び。
わかりません〜。どうやったら2つ並ぶのでしょう?
おもしろいなぁ〜。

遊び道具の下に引いていあるのがフェルトの敷物です。
刺繍糸はラクダの糸、ラインは下書きせずに刺していました。
素朴で大好きです。

モンゴルも行ってみたい〜

〜2月のレッスン〜

ヒツジパレットから戻って数日が経ちました。
楽しかったこと、目から鱗〜だったこと、旧友たちとの再会などなど書きたかったことは沢山あるのですが、
溜まりにたまった日常のお仕事でPCまで手が回らず‥。
レポートは追い追い‥書ければいいなぁ〜っと思っています。

2月もすでに半ばになってしまいました。
レッスンの予定
紡ぎのレッスンは染色がメインです。
ランドスケープほぼ全色の中からお好きな色を選んで好きに染めます。

道具の用意はありますが、数に限りがあるのでお持ちいただけると嬉しいです。
持ち物は、エプロン 雑巾1枚 カップ(染料を入るので染めたい数分) お持ち帰り用のビニール袋 
染めるものはコリデールを用意いたします。
染めたい物(基本はトップorスライバーを100gづつの小分けにしてお持ちください 時間があれば染めます) 

16日(月曜日)第3月曜日の会 紡ぎ
18日(水曜日)第3水曜日の会 編物
20日(金曜日)第3金曜日の会 紡ぎ
23日(月曜日)第4月曜日の会 紡ぎ
25日(水曜日)第4水曜日の会 編物
27日(金曜日)第4金曜日の会 紡ぎ



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
にほんブログ村