FC2ブログ

スピニングパーティー 1日目終了

  • Day:2015.09.27 05:14
  • Cat:P&M
同窓会のにように、懐かしい顔に会い、
また、新しい出会いがあり、刺激の多かった1日目が終了しました。

今年は、ブース間のスペースも広くなりとっても見やすい会場作りになっています。
27日.午前中は、WSでブースにはおりませんが、
靴下編みの達人がお店番をしてくれるています。
いろいろ聞いてくださいね。

スピニングパーティー 準備完了

  • Day:2015.09.26 06:12
  • Cat:P&M
搬入の日に雨はキツイなぁと思つつ、
都心 駅近のイベントは、楽ですね。


私たち PEGGY & MAGGIEのブースはNo.10
入場してすぐ左手前、お隣はひま研さんです。

通り過ぎないでくださいね。

ソックシートはこんな感じです。

201509260608427f7.jpeg

20150926060841330.jpeg

今年の新作!ソックシート 販売します<スピニンングパーティー>

  • Day:2015.09.21 19:46
  • Cat:P&M
今年の Peggy & Maggie 新作は「SOCK SHEET(ソックシート)」です。

ソックシートとは何でしょうか?
ソックシートとは、ソックスを編むための糸で編んだシートの事です(笑)
そのシートは2本の糸で編まれているので、解きながら編むと右と左同じ模様に編めるのです。

Peggy & Maggieでは、昨年からこのシートの開発に取り組んできました。
糸の準備、シートの幅・長さ・ゲージの詰め方など

解いた時に極度のラーメン状態では編みにくいですからね。
とはいえ、多少ラーメン状になっていても編んで水通し(洗えば)目は整います。

市販のソックヤーンをソコソコ編んでしまった方々ぜひ、もちろんソックス初心者の方でも大丈夫。
ソックシートを編んでみませんか?
シートの柄が編むとどう変わっていくのかを楽しみながら編む ソックシート!飽きません!おすすめです。

th_1509 シートソックス 展示
こんな感じに両足同時に編んでいきます。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
にほんブログ村

Tartan & Tweed 手織りのためのスコットランドチェック(本のご案内)

  • Day:2015.09.20 21:02
  • Cat:
タリフ本画像
著者 明石恵子 出版社 成文堂新光社 
画像は 手織り工房タリフblog「スコットランドチェック」からお借りしました。

皆さんもう お求めになりましたか?

いつもお世話になっている清瀬の手織り工房タリフの明石恵子さんが満を持してチェックの本を出版されました。
明石さんといえばチェック、タータンといえば明石さんですね。

本を読んでいただければ分かりますが、ずっと ず〜〜〜っと、明石さんはブレる事なくスコットランドチェックを織り続けてこられた方です。一つの事をしっかりみつめて自分のものにされてきた方です。知り合ってソコソコ時が過ぎましたが、「いつかは チェックの事、ツイードの事のを知ってもらうための本を出したい」とおっしゃっていました。そのためにチェックの講習会を重ね、織りサンプルを作られ、色の事、糸の事、を考え続け 先立って自費出版で綾織の基礎の冊子を出し、基盤を整えた上での今回の「Tartan & Tweed」です。

スコットランドの歴史 ツィードの文化など読み物も充実しています。
技法においては、基本のチェックから千鳥格子・ガンクラブチェック・グレンチェック・タータンと
パターンの組織図はなんと150種以上載っています。(ほとんどが織り見本写真付き)

知り合いだから褒めてると思わないでください。本当に凄い本なんです。
織物をされない方は、興味がなくて手に取らないかもしれませんが、チェックの配色はニットにも応用できます。
先染めで作られた色々な色が混ざってできた色は紡ぎ糸を作る時のブレンドに役立ちます。
是非一度手にとってご覧になってくださいね。

スピニングパーティーで販売されています。 

第3週 編み物と 紡ぎレッスン

シルバーウィーク いかがおすごしでしょう?
お天気がよくて気持ちのいい秋の日ですね。

さてスピニングパーティーも今週末になりました。
スピパのご案内は後ほど‥。

第3週のレッスンの様子です。
水曜日:編み物クラスがありました。
工房のアパートの大家さんが(ちょっとご年配です)かぎ針で編むペットボトルカバーが編みたいとおっしゃって、しばらくの間レッスンに通ってくださることになりました。
家でゆっくり楽しめる物・友達にプレゼントできるような物が作りたいとのご希望です。
たくさんの物が編めるようになる必要はないのだそうです。1つをジックリゆっくり 楽しんで編めるようになりたいと。
とってもいいなぁ〜っと思いました。
年を重ねてもゆっくり楽しんで手仕事ができるって感謝ですね。
レッスンは、午前午後の通しで行っていますが、無理をせず、大家さんは午前中で修了。

午後からは、いつものメンバーです。今年の夏スウェーデンに行かれたNさん すでに2回ほど旅行されているKさん
フィンランドに織りの講習を受けに行かれたことがあるKさん そして私の4人でNさんの話を聞きながら、みんなで北欧の思い出話に花を咲かせました。というわけでおしゃべりに夢中で写真がありません。 
冬に向けて編み進めてくださいね〜。


金曜日:紡ぎレッスンです。
ただいま獣毛のレッスン中のYさん 前回モヘアで紡ぐループヤーンでしたが、どうしてもツノツノのスナールヤーンになってしまう‥ということで復習されたのがこちら
th_1509rリングヤーン
ちゃんとリングになっています。でも‥ループヤーンを紡ぐのは‥あんまり好きではないとのことでしたので少量です(笑)

そしてこの夏とっても頑張って紡いでこられた紡毛糸をレッスン中のMさん。
前回のチャビオット 美しい糸になりました。

th_1509m紡毛糸
そして、8月工房でドラムカーダーをかけたアルパカ(甘茶)とメリノ(しろ)のmixも糸になってきました。
th_1509m アルパカメリノ

Mさんは、第2水曜日 清瀬の手織り工房タリフの手編みクラスにも来てくださっています。
9月9日は台風でレッスンをお休みさせていただいたので、編み終えたカーディガンとコインパースを持って来てくださいました。

ゴットランドの単糸で編んだカーディガン
画像でが胸元は待ち針で止めただけなのですが、本当は赤いフェルトのコサージュがすでに用意されています th_1509mゴットランドカーディ前
写真が下手でゴメンなさい。
糸は光沢があって、編み地は透け感があってとっても素敵。
th_1509mゴットランド横
単糸だと斜行が気になりますが、これぐらいならokです。
th_1509mゴットランド後ろ

この作品を見て紡ぎメンバーのテンションが上がり、これ紡いで編む!宣言をされてました。
レッスンも大事ですが、それ以上にその場での刺激がやる気の元になりますね。仲間作りは大事です。

そしてもう一つ 残った糸であみたい〜〜!!と人気を集めたのがこちら
少し前の毛糸だまに掲載されていたコインパース。

th_1509mコインパス

たくさんの刺激と楽しいおしゃべり。
8月はひと月夏休みでしたから、なかなかエンジンがかかりませんでしたが、
やっと本調子になってきました。
週末のスピニングパーティーお楽しみに〜〜


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
にほんブログ村

スピニングパーティー 準備万端かな‥

スピニングパーティーまで二十日を切りました。

早々に、9月27日「〜羊飼いのあみ物〜手紡ぎ糸で編む巾着」のワークショップにお申し込みいただきまして
ありがとうございました。募集開始三日目には満席になり嬉しい悲鳴をあげました。
皆さんに楽しんでいただける講習にしようと頑張っていた糸も
なんとか紡ぎ終わり、今はレシピをまとめキットにしたりしています。

最後の紡ぎ糸です↓
th_1509WS 糸


今年も手染めの糸 たくさん染めました。
靴下だけの提案ではなくボスニアンクロッシェのミトンを編んでもとっても素敵!
これで全部ではありませんよ。ご期待ください。
th_2015靴下


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
にほんブログ村

Top_Down Sweater の編み図おこし

  • Day:2015.09.06 17:02
  • Cat:編物
午後から編み図を起こしていました。

とっても細い糸を紡がれるMさん。
紡ぎ終わった糸で何を編みましょうかと相談して
ネックから編むセーター(トップダウンのセーター)を編むことに。

求心編みのような丸ヨークのデザインではなくて
今流行りの セットスリーブのように見えるものをチョイス。

参考にしたのはヴォーグ社から出版されている
「Top_Down Sweaters セットインスリーブみたいなトップダウンのセーター」

本で使用されている糸がちょっと太めなので Mさんの細い紡ぎ糸では全くゲージが合いません。
製図も少しグレーディングさせたいな‥と色々いじってほぼ丸々パターンを起こすことになりました。

編み図を起こすのはとっても楽しい。
大好きな作業。
編み物はここから先まだまだ長いからなぁ。

th_1509 topdown sweater

糸紡いで、製図して編み図起こしだけしていたいなぁ‥。(ダメですよね それじゃ〜)


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
にほんブログ村

引越しでみつけた物 〜アイリッシュクロシェ風のベレー帽〜

  • Day:2015.09.05 17:48
  • Cat:編物
7月の引越しで、積極的に探していたわけではなくて、
「あ!こんなところにあった〜」という感じでみつけた物 2つ


その1
Izumiちゃんから4年ほど前に預かった Kool_Aid
これで染物ができちゃう〜!!って感じの着色剤入りの海外製のジュースの素。
「染めよう〜っ」って預かったけど、内心ウールがベタベタになりそうだし、甘い香りが付きそうで嫌だなぁ‥。
という思いがあったからかもしれないけれど、染料の中に入れたはずなのに‥見当たらなくなってしまっていたもの。
「飲んだでしょ〜」っと笑われましたが‥ちゃんと出て来ました(笑)
どうしよう〜やっぱり染めてみようかなぁ‥。
th_1509Kool_aid.jpg


その2
フェルトの荻田先生の作品のリスペクト。アイリッシュレース風のベレー帽
これは多分3年ほど前に、教えていただいて エビ編みのコードとモチーフを編んだところで丁寧にしまっていたもの。
何だろう・これ?って袋を開けてびっくり!!
ここにあったんだぁ〜(これは、タマにどこにやったかぁ〜って思っていました)
先生の作品はもっと細い糸で細かく細工してあったような記憶がありますが、
私のは、シルクとアルパカとウールのソコソコ太めの糸。
編んであったモチーフとコードをセットして、色々留めてトップを作り
サイドクラウンと言ったらいいのかなぁ(脇の部分)を編み出して終了。
もっと早く作ればよかった‥。達成感があって夏の終わりの手仕事にはぴったりでした。

th_1509前向き

th_1509横向き

トップはこんな感じです。
th_1509アイリッシュ1


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
にほんブログ村