FC2ブログ

鎌倉散策 作品展巡り

薄日の差すお天気。あんまり暑くなくてよかった。
鎌倉は久しぶり。

garden & space くるくる で開催中の「作るひと 2016」に伺いました。
16人に作家さんたちの作品展です。
以前から拝見したかったフェルトとか陶芸とか革のバッグなど色々な作品が
いっぺんに見られる楽しい展示会。
ワークショップも多種あってそれもすごくいいのです。

また会場は江ノ電 和田塚から徒歩2分 とっても素敵な一軒家。
明日までです。


th_1605くるくる看板

5月は引きこもり気味でしたので、こんな素敵なお庭に伺えただけでも嬉しい。
th_1605くるくる庭1

今が盛りのカシワバアジサイ。
th_1605くるくる庭 柏アジサイ

2階のお部屋からの眺め。2階も素敵なお部屋です。
th_1605くるくる庭2

th_1605くるくる庭3

なんて名前かわからないけれど レースのような小花(蕾?かも)
th_1605くるくる庭花1

コレも華麗で素敵!
th_1605くるくる庭花2


午後からは、おんめさま(大巧寺)の裏の方のギャラリーでバンド織りの作品展を見てきました。
写真okですって言われたのに 見入って撮り忘れてしまいました。

おめんさまの小径のも大好き。

アガパンサスはもうじき満開になりそう。
th_1605アガパンサス

ガクアジサイも まだちょっと硬い感じが可愛らしい。
th_1605額アジサイおめんさま小径

嫌われがちなドクダミの白い花が大好き。なんて愛らしいのでしょう!
th_1605ドクダミ

そして そして 八重のドクダミの群生です!!素敵
th_1605おめんさま小径 八重ドクダミ

結局、SWANYにも寄らず、お花見をして帰ってきました。
作品展の画像もなく タイトルと中身がちょっと違ってしましたがリフレッシュした1日でした。
いいなぁ〜鎌倉!

5月は草木染が楽しい 〜小鮒草で染める〜

  • Day:2016.05.13 19:01
  • Cat:染め
紫稲に続けて 小鮒草で染めました。

小鮒草は、八丈島の黄八丈の黄色を染める染料です。
th_1605小鮒草

煮出して、カシミヤとシルクをミョウバンで媒染しました。

右がカシミヤ 左がシルク
カシミヤは本当によく色素が入りますね。
th_1605小鮒草カシミヤ・シルク

ウール
手織り工房タリフさんがお知り合いから昔いただいたというて紡ぎの糸。
477g 種類の違う羊の毛のようです。色素の入り方がちょっと違いますが、大丈夫です。
th_1605手紡ぎ糸477g

右側がミョウバン 左が鉄媒染です。
鉄もいい色です。ウールの黄色もいい色です。
th_1605小鮒草ウール

全体です。ウール・カシミヤ・シルク 
th_1605小鮒草 染め糸


前回 紫稲(銅媒染)で2回染めて色が濁ってしまったシルクに小鮒草をかけました。
ちょっとカーキ色が薄まっていい感じになってホッとしました。

th_1605 紫稲小鮒草 銅

草木染めの黄色はバリエーションが多いので好きです。
もうちょっと黄色系を染めようかと思います。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
にほんブログ村

ハーフブレッドの糸でショールの完成

清瀬の手織り工房タリフでの講習でした。

先月 素敵なハーフブレッドの糸を紡いで来られたTaさん

th_1604Taハーフブレッド

この糸をショールに編んで来られました。
1房ごと丁寧にコームをかけ紡いだ糸なので、房の色によってそのままランダムに色が出ます。
自然の色合いが本当に美しいです。
ハーフブレッドなので柔らかさとツヤがあってとっても素敵な一枚になりました。
th_1605ハーフブレッドショール1

こちらは、今まで残っている羊毛を紡ぎ、藍の生葉染めの糸と双糸にした杢糸 
藍の生葉の色がナチュラルな羊毛の色と合っていい感じです。

th_1605杢糸

マフラーの予定で編んで来られましたが、羊毛の種類の中にロムニーがあるようでちょっとチクチク。
前身ごろと後ろヨークの繋がったベストの提案をしました。
th_1605杢糸マフラー


真っ赤の頂き物の羊毛と藍色をブレンドして彩度を落として使いやすい色合いに紡いでいるNさん
量がたくさんあるので 大物ができそうです。
th_1605混色糸

こちらは目の覚めるような鮮やかな糸
レッグウォーマーとリストウォーマー編む予定だそうです。
小さい分量に鮮やか色を持ってくると元気の出る冬の小物になりますね。
th_1605カラフル糸

午前中の紡ぎのクラスは全員で6名の大所帯になりました。
半日のレッスンなのでお伝えする時間が短くて申し訳ないなぁ・・っと思っていたら、
メンバーが集まって自主トレをすることになさったようです。
会の名前も「森のひつじ」に速攻で決まりました。

みなさん自主的で楽しい集まりでとっても嬉しいです。
頑張ってくださいねぇ〜〜。

紫稲でカシミヤとシルクを染める

  • Day:2016.05.09 22:09
  • Cat:染め
紫稲とは、古代米の稲で葉や穂が紫色に色づきます。

スピニングパーティーで初めて見た時、紫色に染められるのかと思ったのですが、
紫色には染まりません。
銅媒染で美しい緑系が染められるのです。

一度染めてから気に入ってしまって、見かけると購入していました。
先日 倉庫の片付けをしていたら3年間に購入した紫稲が出てきたのです(汗)
まだ大丈夫か不安でしたが染めてみることに・・・

紫稲
th_1605紫稲本体

煮だした染液は茶褐色 カシミヤは色がよく入ります。
th_1605紫稲カシミヤ
リリヤーンのシルク なかなか色が入りません。
th_1605紫稲シルク

無媒染の時
th_1605紫稲無媒染

銅媒染をしたら美しい緑系に!!
手前の薄い色はシルク。奥がカシミヤ
th_1605紫稲銅媒染

乾いてみるとシルクはほとんど色が入っていなかったので、もう1度シルクは違う色を上掛けする予定です。
カシミヤだけ出来上がりました。
画像は黄緑が褐色がかって見えますがもっと美しい緑系に染まっていて嬉しいです。
th_1605カシミヤ捻りかせ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
にほんブログ村

野呂ロービング 双糸&より止め中

  • Day:2016.05.06 22:16
  • Cat:紡ぎ
昨日紡いでいた「野呂ロービング」を双糸にしました。

1605野呂枷あげ
グラデーションに作ってあるロービングなので なるべく杢糸にならないように長さを合わせて紡ぐのがポイント。
かなりいい感じに紡げています(自画自賛!!)

枷あげしてより止めをしました。
野呂の糸と同様 水に通すと柔らかくなります。
単糸ではないので腰のないダラっとした糸にはなっていません。
それが一番良かった点かもしれませんね。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
にほんブログ村

「野呂ロービング」 を紡いでみるの巻

  • Day:2016.05.05 20:43
  • Cat:紡ぎ
先日NYのお土産でもらった野呂のロービング。

新宿オカダヤで見かけるものより少々小ぶりの100g 
でも状態はとってもいい感じです。
th_1605野呂ロービング

糸状のものを出してみるとこんな感じ
このままでも編めそうだけど そこはやっぱり紡いでみたい。
単糸ではなく双糸で。
th_1605野呂ロービング糸

結構短い毛 ネップが多くストレートの糸にはならない。
色の濃いところはやっぱり痛んでいる。
メーカーさんの糸も色が濃いところはこんな感じになるのだなぁ〜って納得。
ボビン2つにまとめました。
明日 双糸にします。色変わりがうまく出ますように!

th_1605野呂ボビン2

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
にほんブログ村

5月の予定と 本日の編み物レッスン

5月3日 (火) 第1火曜日の会 編み物
  11日(水) 清瀬 手織り工房タリフ出張講習 AM紡ぎ PM編み物
  16日(月) 第3月曜日の会 紡ぎ
  18日(水) 第3水曜日の会 編み物
  20日(金) 第3金曜日の会 紡ぎ 
  23日(月) 第4月曜日の会 紡ぎ
  25日(水) 第4水曜日の会 グループレッスン
  27日(金) 第4金曜日の会 紡ぎ
  
  
GWも後半に入りましたね。
今日は、編み物のレッスンでした。
Eさんが可愛いベストを編み上げられました。
th_1605eベスト_edited-1
中央のシェル模様が素敵ですね。
th_1605eベスト上部

次回作のスワッチ
2月に染めたコリデール。Eさんはイメージと違う糸になってしまった・・・とおっしゃっていましたが、
とっても素敵な糸です。このところグッと腕を上げてきたEさん。「編み物が楽しくなってきたわ」とおっしゃってくださって
すごく嬉しいです。
th_1605e紡ぎ糸

次次回作のショール用の糸も紡ぎ中 アルパカです。
ちょっと双糸の撚りが甘いのです。双糸の時は気をつけてくださいねぇ〜。
th_1605アルパカ糸