all about the wool9 無事終了いたしました

とても風の冷たい日々でしたが良いお天気に恵まれて
all about the wool9 無事終了いたしました。

昨日のミーティング・カフェの報告を少々。
大勢の方に参加していただきましたありがとうございました。
楽しんで いただけましたでしょうか?
参考になる話はありましたか?
今 自分が面白くてしょうがないことを分かち合おうと持っていたのですが
大勢の前で話をする‥と言うのはそれではダメなのかもしれない‥と大反省中です。

レッスンはそこそこ長くやっていますが、レクチャーのようなものをするのは初めて。
<テーマは編む事でかかる撚りの話・撚りの強さと斜行の関係。斜行を防ぐ編み地の提案。美しく見せる編み方向など>
ミーティング・カフェは2時間です。
タイムテーブルを組んで、まずは、自己紹介とグラスハートの矢田さんとの関わりで10分。
実技を見てもらい確認してもらうので30分。確認後サンプルを見てもらって理解を深めもらうのに30分。
紡毛糸・梳毛糸の経年変化を見てもらうのに20分。これで1時間半、後30分 質疑応答にしようと考えていたのですが、実際は1時間で話は終了(汗)1時間の質疑応答でした。

レッスンの時は、皆さんが作業なさるので30分はアッと言う間ですが、
こちらが実技をしているのを見てもらう30分といのは長すぎました。
皆の関心がス〜〜っと引いていくのがわかったので(ほんと怖かったです)
実技を半分へらしてしまったのと どんどん早口になっているようで
早めに終えることになってしまいました(大反省)

聞いてもらうだけというのは、反応が直接返ってくるので、つまらない?飽きてる?眠くなった?
お!食いついた。よかった。笑ってる‥などなど、ガンガンに心に響くので、心折れないようにしないとだめだなぁ‥と感じました。

学生の時 つまらない授業する先生は「へっ」って思っていたけど、それでも授業しなきゃいけないのだもの大変ですよね‥。

私は、、やっぱり資料などの準備不足だったのかな。とか‥もっと 紡毛糸・梳毛糸の話とかの方が一般的で良かったのかな?などなど昨晩は、一人反省会をしていました。

まぁ‥私は自分が楽しい話ができて嬉しかったのですが(笑)
参加してくださった皆様 ありがとうございました。
是非一度、編み実験・編み事よる撚りのかかり方の確認をなさってくださいね。
ご意見 感想などありましたら、メールフォームからよろしく御願いいたします。

関連記事

Comment

Comment Form
公開設定