京都 〜忘年会・長屋・銭湯・下鴨神社・みたらし団子~ 前編

先週末、京都まで参加している「羊で遊ぶ 羊で繋がる8人展」へ出かけてきました。

この作品展は、夏に参加させていただいた「板取スピンイングキャンプ」に集まったメンバー 内8名による展覧会。個性的なメンバーの作るものをじっくり見たい〜。京都だしワクワク♡

土曜日夕方からの忘年会から参加。
メンバーは作品展主催の bit spinning clubのnahobitさんと ペンギン印のrickyさんと 京のミツハのミツハさんと Yさんとの計5名。

食べる手が止まってしゃべるしゃべる〜〜。もう本当に楽しかったです。
で‥相変わらず画像はありません。

そしてお宿は、ホテルが取れなくて諦めていた私に手を差し伸べてくださったnohobitさんからご紹介いただいてrickyさんと宿泊したのがこちら。
1412nagaya.jpg
京都の細くて長い建物は「町家」というのだとおもっていたのですが、nahobitさんが「長屋」とおっしゃるので
「ん?」なんでかな?と思っていたのです。
帰宅後Wikipediaで調べてみたら、「長屋は集合住宅で入口を入るとすぐに土間で、そこにせいぜい2部屋がついたもの」町屋が独立住宅。間口は2間から3間ほどであった」そうだなんだ。
左隣とは、くっついていたので「長屋」なのですねぇ。なるほど

夜、これまた昭和の風情の銭湯へ
1412銭湯
脱衣場のカゴは、期待を裏切らない年期の入ったもの どこまでも昭和の香りがします。
ゆっくり温まりました。結構大勢お客さまがいましたね。

翌朝、世界遺産の下鴨神社まで散歩
学がなくて‥下鴨神社が世界遺産なのだということも‥、式年遷宮があることも知らずそして!!
下鴨神社が「みたらし団子」の発祥の地である!(これが一番 わたし的!)ということにびっくり。
「大炊殿」(重要文化財)を拝観してきました。
床の上のまな板での調理はきびしいなぁ〜とか。七五三に積んであるお餅が面白かったり、楽しめました。

1412 みたらし団子

そして‥みたらし団子。由来はこちらをどうぞ 
小さめのお団子が5個です。関東では多分もうちょっと大きめのお団子が3〜4が通常。
5こということに意味があったとは‥これまたびっくりでした。
そういえば以前 名古屋で食べた みたらし団子もお団子が5個でした。どの辺りまで団子5つバージョンなのでしょうね?後で 調べてみよう〜〜。

何も下調べせずフラ〜っと行ってしまったら、rickyさんが全て下調べしてきてくださって、短い時間で色々体験できて楽しかったです〜。ありがとう〜rickyさん
そして、風情のあるお宿を紹介してくださったnahobitさんありがとうございました〜

後編は、作品展の様子など‥
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定