2月 第1火曜日 手紡ぎ糸で編物レッスン

2月なってしまいました。

第1火曜日は手紡ぎ糸で手編みのレッスン日。

手持ちで残りの染めたフリースとシルクなどなどを混紡してセーターを編んでいるYさん。
パーツが出来上がり、とじ・はぎ に入りました。

〜・〜・〜・〜・〜・
スチームセット。湯通しのこと

・手紡ぎ糸での編み物は最後の仕上げとして湯通しをすることにとって、糸の膨らみが出ていい感じに仕上がります。もちろんスチームセットでより形良く仕上げられます。
・市販の手編み糸は湯通しをしなくても良いように加工してあるのでワザワザお湯に入れなくても、スチームセットで美しく仕上がります。
・工業糸(コーン巻きの糸)は、糸自体にまだ油など付いている状態なので精錬する(洗う)という作業が必ずどこかで(糸で洗うか、作品にしてから洗うか)必要です。

最近、なんでもかんでも編んだら洗って仕上げ‥というような風潮があるようです。工業糸で編む方が増えているからでしょうか。
他に糸の保存状態、編んでいる最中の汚れ‥など気になるのかもしれません。

ウールに限って言うのなら、状態の良いウールは毛の芯まで汚れが入り込むことは少ないのです。
表面にブラシをかけたり、はたいたり、風に通したり ちょっと拭いたりするだけで汚れは落ちます。
ウールのことをもう少し知ると楽しみもの倍増するのですが‥。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・
話がそれてしまいました。
Yさんの袖のスチームセット
シルクのネップの入った編み地がとても個性的です。 
th_1502袖アイロン


サンカグラブを編んでいるSさん。
昨年から編み始めていますが、すでに今年の年号入りです(笑)目標は年内に仕上げることです。
th_1502サンカ手袋

手染め糸で 「毛糸だま」からのデザインを編まれていたEさん。
襟付けの段階で不安になられたそうでレッスンに通ってくださるようになりました。
デザインは七部袖が付いていたのですが、ない方がお似合いなのでベストでの仕上げに。
th_1502カーディガン

ムーリットで販売の<木の葉のショール>←たぶん。
狭い方の弧の部分がメリヤス編みが強くて丸まるのが嫌なので、次回からそちら側にも縁編みをつけるデザインにしようとスチームをかけて検討中。糸はオステルヨートランド。
th_1502マフラー

ヴォーグ学園で求心編みのWSを受けらたそうで、そちらも黙々と進められています。
久しぶりに求心編み(横編みの編み図)見て‥たまには復習しないと‥と反省です。
th_1502求心編みベスト



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
にほんブログ村
関連記事

Comment

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2015/02/10 14:23
Comment Form
公開設定