古い道具は、レストアを楽しまなくちゃね2(カセあげ編)

  • Day:2015.03.09 23:54
  • Cat:道具
本日2本目のupです。

手紡機での糸紡ぎを断念して 気分はレストアモードになっていたので、先日洗浄中に取れてしまった枷あげのバーの部分の補修をすることに。

明治時代の物でメーターカウンターが付いている(動きません)小ぶりでかわいい(華奢です)枷あげです。

外れてしまったバーを見るとボンドの跡があります。(よかった私が手荒に扱ったかと反省してました)
ほぞ(繋ぎ合わせるところの出っ張り)が折れてしまって、バーの穴の中に埋まってしまってます。
私は、木工は超初心者。ほとんどやった事がありません。
工房にある道具は‥錐とカッターとペンチ。
知識は‥ダッシュ村を毎週見ている事ぐらいです。

まずは、ほぞが折れてしまっているのでダボを取り付ける穴をあけました。(錐で)
th_1503折れている

バーの部分 ほぞが詰まってしまっていた穴を綺麗にお掃除、ボンドも剥がしました。(カッター)
th_1503バーの穴

一緒に受け取ってきた木枠の中に壊れたものがあったので その部品でダボを作ります。(ペンチとカッター)
削っている最中。
th_1503削る

こんな感じ 穴から出ているところに記しをして後は、穴との接合部分になるところを削って
th_1503差し込んでみる

ダボのはめ込み いい感じです!
th_1503突起


バーをはめ込んで完成〜!!
th_1503完成

道具が無い中で結構いい出来に仕上がって嬉しいです〜。
なんだか 楽しくなってきました。

〜〜追記〜〜
レストアした枷あげ機の全容です
1503枷あげ完了

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
にほんブログ村
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定