第4週 紡ぎレッスン フリースの部位分け講習 

今日は夏至でしたね。
だんだん日が伸びて夕方がいつまでも明るくて嬉しかったのに‥。
夏至を過ぎるとちょっと寂しくなります。

久しぶりに、レッスンの様子。
今日は、1頭 丸々購入されたお二人のための2頭分の特別部位分け講習をいたしました。

まずは、丸まっているフリースの広げ方。
むやみやたらに剥がさず、ゆっくり広げます。

広げた時、根元が見えるように広がってしまった時は、毛の色がよくわかりますからじっくり見た後、
もう1枚シートを重ねて、パタン!とヒックリ返してください。
毛先が見えている方が、部位分けはしやすいです。

広げると大抵 お尻が一番わかりやすいです。
お尻の反対側が首です。
毛質を見ながら、首 肩 腹 背中 太もも お尻 に分けるのですが、
ここで一番重要なのは、部位を見極めることよりも
買った本人がこのフリースで何を作るのかを重点に考えながら、部位分けすることです。
色を重視で作品作りをするのなら そのように。
なるべく全部を使った作品をつくるのなら、部位差を確認しながら分ける など
ただただ、部位に分ければいいのではありません。
なるべく このフリースつくるもののイメージをはっきり持って部位分けしてください。

1頭のフリースを前にどうしようか悩み 思いっきり決断も必要です。
でも‥洗うと表情が変わるので、一応の目安をチェックしながら、1回に洗いやすような量になるように
袋詰めしましょう。後からいくらでも変更はできますから。

1.2kgのシェットランドのフリース
th_1506シェットランドフリース

2.2kgのチェビオット系のフリース
th_1506フライングシープの羊

どちらもとってもきれなグレーのマルチカラーのフリースでした。
午後は、汚毛洗いの講習をして終了。
今日は、とってもお腹が減りました。

洗ったシェットランド
th_1506洗い済みシェットランド



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
にほんブログ村
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定