日本クラフト展 プライ・スプリット技法を学ぶⅡ を受講してきました

昨年もクラフト展開催時に講習会をしていた「プライ・スプリット」 
去年は予定があり涙を飲んで諦めたのでした。
今年は、念願叶って行ってきました!

スライ・スプリットはインドの狭い地域のみで伝えられた ラクダの腹帯を織る技法です。
しっかり撚った紐の撚りを戻しその間に糸を通すという
言葉ではなんとも説明できない面白い技法です。

3時間でやっと織り上げたのがこちら
紐の引き加減や織り方向をジグザグに振っているので 折り返したところの感じとか
バランスを取るのが難しいものでした。
1601プライースプリット

今回は道具は使わずに全て指だけの作業だったのですが、糸を引き抜く大きな針のような道具はあって
とっても欲しくなりました(笑)
道具は大好きでみると欲しくなるのですが、最近は道具のいらない技法に興味が向いています。

硬めの羊毛でしっかりした紐を作ってみたいです。

関連記事

Comment

Comment Form
公開設定