ヤクの話

  • Day:2016.04.14 10:12
  • Cat:紡ぎ
th_1604ヤクトップコート

最近やっと(ここ3年ぐらい)話の合う美容師さんと出会えたので同じ美容院に通うようになりました。

髪は悩みの種。自分では手のつけられない広がるくせっ毛。
ずっと縮毛矯正をしているのだけど、4時間も鏡の前に何もしないで座っているなんて…拷問だ!と思いつつ諦めていたのです。

歳を重ね少し髪の腰が無くなってきた(涙)
「ショートボブにしたら縮毛矯正をしなくてもいいかもしれないね。」と言われ
4時間から40分ぐらいに美容院滞在時間が短縮したので気軽に通えるようになった。

気軽に通うようになったので色々おしゃべりをする。
前はこのおしゃべりも4時間は・・面倒くさかったのだけど まぁ40分と思えば何て事無い。
人の心の持ち用なんてこんなものか…と今更ながら反省したり。

担当の美容師さんとは1番の話題は道具と染色(ここでもか❣️ってツッコミは無しで)

ココからが本題 ヤクの話
人の髪も羊毛もタンパク質です。温度をかけなければ染まりは悪いという話や酸性染料だということ。
直接染料は落ちが早いということなどなど。

そして以前聞いてはいたのですが、髪を染める染料のサンプル染用の毛はヤクの毛を使うそうです。
ヤクの毛?あの茶色の?って思ったのです。
私たちスピナーが使うヤクの毛は、ヤクの毛のアンダーコート(内側のフワフワの毛)ですが
髪の染サンプル用はヤクのヘヤー(外側のストレートな毛) 毛の構造が人とヤクの毛が似ているので脱色したものを使用するそうです。
白髪の毛質が似てるのかぁ〜っとやっぱり面白いと思いました。
th_1604ヤクの毛

関連記事

Comment

Comment Form
公開設定