Double Knitting (同時編み)靴下の編み方 2

  • Day:2006.06.24 23:18
  • Cat:編物
<編み方>
1: 白と黒の糸を 左手にかけ、白糸で表目を編む
20060624230746.jpg

2: 白色糸を手前において 黒糸で表目編む
20060624230449.jpg

☆注意☆
編みこみ模様を編む時のように 糸をからませてはいけません。
増し目 減目の時に 糸が からまりやすいので注意しましょう。(経験者)

3:ゴム編みをするときは、白と黒を棒針にわけてから止めた方が早いし綺麗です。20060624231648.jpg

関連記事

Comment

こんにちは!ご挨拶が遅れましてすみません。
白黒靴下、楽しいですね。

これを私は勝手に入れ子編みと呼んでいるのですが、"double knitting"がこれを指すこともあるのですねえ。なるほど。(この言葉、ほんとにいろんなところに出てきますよねえ)
この編み方は、どちらの編み地も表編みでいいし、針や編み地の毎度毎度のスタンバイの手間が少なくて、並べて編む"同時編み"よりも早いかもと思っております。
(流れ作業っぽい感じが薄いのもいいかも~)
棒針でもできますしね!

つま先を袋編みでというので、ゴム編みの作り目は試してませんでした。そうか、そうですよね!これは便利そうです。
この編み方にしても、両面編みにしても、開いた方(靴下なら履き口)から編むイメージだったのですが、つま先からでも問題ないのですね。
かかと(ヒールフラップでしょうか)もこのままいけました?

MAKAROVNAの本は知りませんでした。面白そうです。ちょっと探してみます!

いろいろと勉強になりました。ありがとうございました!
私も書きかけの入れ子編みや両面編みの記事、早く書かなくちゃ。
そのときはアドバイスなどまたよろしくお願いします。
うわぁ~!下の本の写真、さっき拡大して見て気づきました!
これって、これって・・・"Notes on double knitting"なのですね!
製本版の表紙を初めて見ました。こんな本なのか~。
是非欲しいともうずっと思っているのですが、amazon.comのusedなんかでもずいぶん高くて、いつも迷ってるんです。お手元にあるとはうらやましい。
ボーナス様!と唱えつつ買っちゃおうかなあ・・・。
貴重な本を拝見させていただいて、重ねて感謝です!
しろまるさん
コメントありがとうございます~。すごく嬉しいです!
お返事遅くなりました。
「勝手に入れ子編み」とは!これまたすばらしい命名で私も今後はそう呼ばせていただきます。

>かかと(ヒールフラップでしょうか)もこのままいけました?
拾い目をするときだけは、白と黒を針に分けてから拾いましtが、あとは又、白黒と交互に目をもう一度 棒針に移して、
そのままグルグルと編みました。

めんどくさかったのは、二目一度の減目です。
目の入れ替えや、交差は 白黒分けて作業しないといけないので、手間がかかりますね。
「勝手に入れ子編み」は、メリヤス編みでの靴下に向いている様に思いました。

本、amazon.comのused見てビックリしました。以前リバーシブルに編めるニットの技法書を探していたときに、購入したんだと思います。ずっとお蔵入りしていましたが…。
表紙の馬も「勝手に入れ子編み」なんです。(多分・訳してないのではっきり断言できませんが…

同感!この手の編み方は減目や増目が面倒ですね。
メリヤス編みならたしかにスイスイいけそうです。

used価格、びっくりしちゃいますよねえ。
お話を聞いてると欲しくなっちゃってキケンだわ。
ああ、でも欲しいなあ。一晩考えよう・・・。

あ、紛らわしい書き方でごめんなさい、編み方の呼び方のところ、"勝手に、「入れ子編み」と呼んでます"と書くべきでした。(あげ足取りみたいでごめんなさい)
そうですね えへへ
「入れ子編み」ですよね…。
ほんとに 間抜けな私です。

本欲しくなっちゃうでしょ~。
後 手袋と帽子と子供用の靴下 と表紙の馬が 載っていますよ。
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)