THE ART OF KNITTING(日本ヴォーグ社)

  • Day:2006.07.01 17:56
  • Cat:
20060701174532.jpg


昨日、編み物の師匠の資料の中に ↑の本をみつけたので
早速借りてきました。
以前から読んでみたいと思っていたのでとっても嬉しい~~。
(ホントは、欲しいのですが 最近 本が増えすぎているので 借りられる物は借りるように心がけています…)

この本は、著者は ロンドンの「王立芸術学校」出身の二人アン・ゴードン、ジェーン・ラプレー。コレをイブ ハーロー女史によって編集されたものの翻訳物です。
最も面白いと思ったのは、 編み物の歴史。(そういうタイトルのなので当たり前ですが…)
編み物の始めは スプラングから派生したものだろう と言うことからはじまって、フレームを使ったもの(リリアンのような形状の物)になり
靴下や帽子を編んだらしい。そして糸を引っ掛ける道具として 鈎のついた棒針が出てきて…と言うことのようだ。

もちろん、フェア島の編み物話やアラン諸島の話などの記載もありますが、あらためて、「へ~~」って思うことも多くて、歴史好きな方におすすめな1冊だと思います。図書館などで 貸し出しがあるといいのですが。ヴォーグ社創立25周年記念出版の物とありますが、発行年はよくわかりません。
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)