ヨウシュヤマゴボウ

  • Day:2006.10.19 18:14
  • Cat:染め
20061019180151.jpg

セイタカアワダチソウを採取しているときに1株 ヨウシュヤマゴボウをみつけました。そろそろ 時期も終わりだとも思っていたのでラッキー!とばかりにコチラも採取。

数年前、酢を入れて染液を作ったところで用事が出来てしまって3日ほど放置た染液で 恐る恐る染めたら、ボルドー色が!!そして 退色もあまりしなかった経験があります。
それ以降 何度が試しているのだけど、1度もあの色はでません。

再度 懲りずにチャレンジ。
今回は、煮だしをせずに、ヨウシュヤマゴボウをネットに入れて揉み
染液を抽出。お湯でちょっとだけ薄めて、そこへ酢の変わりにレモンを1つ絞って入れてみました。発酵させてみようかと思っています。
この液に シェットランドのスライバーを入れてそのまま放置。
この後 数日、様子を見つつ染めてみます。

ヨウシュヤマゴボウはちょっと毒性があると聞くので(どんな毒かは知りません)小さいお子さんと 色水あそびをするときは気をつけてくださいね。
関連記事

Comment

baruさん、色々(だじゃれ?)がんばってますね♪
ヨウシュヤマゴボウの色の研究?もうだいぶされてたんですね~。さすが!

ボルドーとは、あの色そのままのような発色ですね。いいなぁ。
酢をいれて、3日ほど放置ですね(メモメモ)
来年ヤマゴボウが手に入ったらチャレンジしたいと思います。今回の経過も楽しみですv-238
こちらでも草木染のエントリが。いろいろなものでいろいろな色が出るのが面白いですね。
カーダークリーナー届きました。ちっちゃくて可愛くて働き者ですね。早速カーダーをきれいにしました。うちは娘達がいるので、ブラシもよく髪がひっかかっているので、カーダーもそうだけれど、ブラシにも使えてこれからとっても重宝しそうです。本当にありがとうございました。
  • 2006/10/19 20:20
  • tea
  • URL
「皆と見せ合いっこの会」ではありがとうございました。なんとなく霧が晴れたというか・・そんな感じです。
そして私も、まさに今日、セイタカアワダチソウを探していてヨウシュヤマゴボウをgetしました~。
染めるのは明日なのでいろいろ方法を考えていたところです。媒染剤をどうしようかと思っていたけど、退色しないならそのままにしようかな?
またまたbaruさんのところで悩み解消です!
こんにちは。
紡ぎも染めも、それ自体だけでなく、そこからまたいろんなことを知ることになって、なんだか一気に世界が広がる感じがします。紡ぎ修行をほっぽっているので、今は情報だけでオーバーフロー気味なのですが。
見せあいっこの会、楽しそうだなあ・・・と思いながら記事を拝見しました。次の機会にはお邪魔できたらいいなあ。
う~、私も今、まさにヨウシュヤナゴボウの実を探しているのです。探しつづけてはや、1週間になるでしょうか。
加熱しないで染めるとボルドーになるのですね!加熱して染めた方がいらっしゃるのですが、不思議なことにオレンジに染まっていましたよ!ボルドーにもオレンジにもなるなんて、不思議な実ですね。しかも毒がある、、、?きれいなバラにはとげがある、みたいなものですかね(違いますね^_^;)
  • 2006/10/20 10:32
  • がみ
  • URL
  • Edit
毒があるんですか、小学生の時に担任に絶対口に入れないようにといわれたことは憶えているのですが…
探すと無いものですね、そこら辺にあるような草木って。
今日、仕事で横浜方面に高速道路使っていったら、セイタカアワダチソウが側道に山のように咲いたのあり、まだなのありでした。さすがに止まるわけにはいかないので指くわえていました。
常にかばんにカッターとビニール袋が入っていてかなり怪しい人になっています。
で、人気の"ヨウシュヤマゴボウ"ってなに?と(今さら)検索してびっくり。
ああっ、こ、これは!!!子どもの頃、よく見たヤツじゃん!
そういえば、つぶして色水つくったりしたわ~。(毒があると知ってたんだったかしら・・・<キケン)
そうかあ、これがボルドーの正体なのですね。どこにでもありそうなのに、探すとなかなか見つからないものなのですね~。
>うきさん
たしかに、セイタカアワダチソウって、結構よく目に付くけど、採りにくいところに生えてる気もしますねえ。
もねさん

>>酢をいれて、3日ほど放置ですね(メモメモ)
こんな感じだったなぁ~と言うだけで
よく覚えていないのですぅ~~(涙)

もねさんが昨年染めた 夕焼け色 きれいでしたよね。
その後、退色はしていませんか?
teaさん

遅くなってしまってごめんなさいね。
ほんとに 重宝なんですよ、このブラシ。是非使って下さいね。
おはこさん

見せあいっこの時は、ありがとうございました。
霧晴れました!かよかったです~。

ヨウシュヤマゴボウをそのまま染めたら、
多分退色すると思います。(書き方が悪くてごめんさい)
赤の色素は、染まりにくく 水に流れてしまったり、熱を加えると 褐色に変化してしまったりすることが多いのです。
なので、煮ないでどうにかできないかなぁ~って思っているところです。
確か10年ほど前の 染織а にヨウシュヤマゴボウで染めた記事が載っていたように思うのですが、 探し出せずにおります。
しろまるさん

しろまるさんの考察いつも楽しみにしています。靴下やニットアウトの方法など 「そうだよね!!」って思うことしきりです。

ヨウシュヤマゴボウ 絶対 色水遊びがしたくなる 植物ですよね!私もしょっちゅうやっていました。でも お風呂に入るときれいに落ちてしまうので、染まらない物だと思っていましたら、一度だけ ボルドーに染まったので 何とかならないものかと この季節 悩ましく思っています。

セイタカアワダチソウは子どものとき 「喘息や花粉症のアレルギーの素!!」とか言って 大人に凄く嫌われていましたが、私は大好きでした。 あんなに見かけたのに 淘汰されてきてしまったのでしょうかねぇ~?
がみさん

探し続けて1週間ですか(笑)
そろそろ、実がシワシワになってきていますよね。

上でも書きましたが、赤の色素は、特別な物以外は 熱に弱いので 色が抜けちゃったり 変色したりすることが多いですね。春先に ソメイヨシノの実(アメリカンチェリーの小型の実)で染めたときは、染液はボルドーなのに 染めた端から茶色になりました…。
草木染は解からないところが 面白いですね。
うきさん

そうなんです。ヨウシュヤマゴボウ 実にはさほど無いようですが、根っこなどに毒性があるようです。
っというのも 私は、「実」をみると 何でも口に入れたがる 子どもでしたので 周りの人が、コレはダメよ!としょっちゅう叱られていました(笑)

11月のねらい目は、水色を染められる 臭木の実ですよ!
コレも、高速を走っているときによく山にはえているのを見かけます。とまるわけにいかないので 悔しいですよね。

持ち物はあと 皮手袋が必需品です。(軍手でもいいけど)
それと 採取しすぎないように、バネ秤があるとGOOD!
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)