抜ける色

  • Day:2006.10.21 20:57
  • Cat:染め
ヨウシュヤマゴボウ染め2日目 すすぎの水に色が出なくなるほど ちゃんとすすぎました。
20061021204308.jpg


20061021204449.jpg

コレが2日目のサンプルです。
容器の中の染液はうっすら 何かの白い膜が張っていてちょっと気持ち悪いのですが、臭くないし 粘ってもいないので、ゴム手をして取り出しました。やはり明日が限界でしょう。

色は、1日目の比べて濃くなりました。オペラピンク?当為感じに染まっています。シェットランドのスライバーも熱を加えていないので、傷んでなく いい感じです。

そして 2日目のWOOLに熱を加える実験
20061021204449.jpg

20061021204944.jpg


ヨウシュヤマゴボウで染めたWOOLを ぬるま湯に浸け、火にかけて暖めると、ドンドン赤みが抜けて 黄色になってしまいました。
と言うことは、染まったと思っても、湯につけたら赤色が落ちてしまうということですね。
お湯につける撚り止めはNGということになりました。
関連記事

Comment

ある程度の熱なら大丈夫かな?(湯につける撚り止めくらいなら)、と思ったのですが。

赤みが抜けた色もかわいい色ですよね!
記事でこちらを紹介させていただきました~。
・・・よかったでしょうか?
せっかくきれいに染まってもヨリ止めで落ちてしまうか、、、、いい事を教わりました♪実は昨日、山梨に日帰り旅行に遊びに行って来て、洋種ヤマブドウを何房かゲットできたんです!今、染め終わったのを干しているので、より止めの点は気をつけようと思います。
ところで、baruさんは、羊毛を2日とか、漬けっぱなしにしているんでしょうか?私は、昨日オスと混ぜておいた染め液に1時間程浸してみただけなのですが、こんなに鮮やかな色ではなく、もっと薄いです。単純に液が薄かったのかしら、、、?とも思いますが。
それにしても、熱を加えただけでこんなに色が変わるんだったら、その性質を生かして、かせにした糸の一部分だけ色を落としてまだらにしたり、編みあがった編み地に熱を加えて模様を作ったりできますね~。楽しい!
こんにちは。
もう染液は処分してしまったかな?
もしまだ間に合うようだったらシルクの糸、ちょっとだけやってみてほしい~。
シルクならもう少し堅牢度がいいかもしれません。
(無理じゃないので、できる範囲で・・・)

染料にこだわらずにこの手のショッキングピンクがほしいのなら、やっぱコチニール(Al)でしょうかね~。
おはこさん

おはこさんの実験面白かったです~。
ミョウバンだと 可愛い色になりますね。
低温の温度管理が難しいかしら?
がみさん

山梨からの採集お疲れ様でした。山梨は{アナンダ」詣ででしょうか?
色の濃度は、量と時間だと思います。わたしは500gぐらい(8房ぐらい採り、50g染めました)

ヨウシュヤマゴボウの染めは、物凄く不安定な状態で染まっているので、 色々な作用(たとえば熱とか アルカリ(石鹸)でも変わるかもしれません。
だから、遊びで色々試すのは楽しいですが、大物にチャレンジするのは、お薦めしませんよ~~!!!v-40

joyceさん

染液は廃棄してしましたの~。だって…白い膜が張っていましたので…。臭くはなかったです。

で今回は、色水あそびの予定だったので、
シルクはもったいないと思ったのですが、どうせなら サンプルだけでも採ればよかったですね。う~~mm。残念なことしました。
でも 毎年 退色したのを染重ねるにしても、 どうせなら安定した染材でやりたいかも…あはは。
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)