SWALLOWTAIL SHAWL

  • Day:2006.10.23 14:48
  • Cat:編物
20061023135443.jpg


デザイン:EVELYN A.CLARK KNITS FALL 2006
糸:メリノ・シルク 双糸
量:150g

出先の待ち時間に編もう!と選んだデザインです。
最初、7目から始まるので持ち歩きにも場所をとらないので スイスイと進みましたが、後半 多少飽きてきた頃に目数が多くなるのでちょっと 飽きました。
素のデザインは、もう少し小さめ。私はたっぷり羽織りたいのでBudding Lace2の部分の柄を長く編みました。
それと、 最初は頑張って編んでいた小さなbobbleが たまらなく嫌いなので、このままでは 絶対編み終えれ無い!と判断。
6段ほど編んでいたけれど ざ~~っとほどいて 編みなおしました。
無くて すっきり!羽織るとこんな感じ。20061023144115.jpg

20061023144028.jpg


薄い紫色の糸は120gしかなかったので、本の通りに編めば足りたのですが、結局足りなくなり、eneを編むつもりにしてた 濃い紫色を縁部分に持ってくることになりました。 薄紫の色が、ちょっとボケていて 老けた感じになっていたので、濃い色を配色してよかったかな…。

仕上げをして… 最後の伏せ目がきつかったためか。
SWALLOWTAIL(ツバメのしっぽ) な仕上げになりませんでした。

おまけ
20061023144826.jpg

グルグル巻いてみても やっぱり地味かな…。
関連記事

Comment

とても繊細で素敵な作品ですね~
↓ヨウシュヤマゴボウも、とってもきれい。
試行錯誤の繰り返しで、世界が広がっていくのですよね…
わくわくします!!
ショールいいですね。たぶん自分では使わないけど(笑)、年上の方に贈るのに、こういうのいいなー、作ってみたい~、と思う今日この頃です。
(もちろん、年上じゃなくても、似合う人には似合いますよね ^^;)
綺麗ですね 窓目のショールはステンドガラスの様でステキ!!
これからの時期 ちょっとお洒落に羽織る事もできてうらやましい!
baruさんには 脱帽です 日々の努力が必要だと実感させられます。
持続性がなくなって あっち こっちと手を出しすぎて・・・困った物です
染めも綺麗に染まり、熱を加えると変化するのも勉強になりました、
  • 2006/10/24 00:44
  • gabo
  • URL
完成しましたね!もう完成したのですね~さすが。
なんてエレガントで素敵なんでしょう。
全然老けた感じがしないですよ。上品な雰囲気が漂ってると思います。
私の2号は、まだもう一息のままです・・・。
baruさんの薄紫を見て、私も薄紫系でene3号を編みたい・・・と2号もまだなのに妄想がi-250
寒いので早く完成させます。baruさんのを見てエンジンがかかりました。
  • 2006/10/24 08:59
  • こはぎ
  • URL
わあ、とってもきれい!糸が足りなくなって色を変えた部分、あそれがアクセントになって、全体が引き締まって見えます。元の作品のふちのトンガリ(スワロウテイル?)もステキだけど、この作品もいいと思います。私なら、かえってこのくらいのふちの感じのほうが好きです~。
でも、染めやら実験やらしていて忙しいはずなのに、、、、いつの間にこんな大物を!?びっくりです。
  • 2006/10/24 09:59
  • がみ
  • URL
  • Edit
なんて繊細なショールでしょう!!!
私もいつかbaruさんのような作品を編んでみたいです♪

↓ヨウシュヤマゴボウは見たことありましたが、
名前は知りませんでした、化学染料のように鮮やか。
こんにちは。さりげない2色使いのスワロウテイル素敵ですね。
↓ヨウシュヤマゴボウの実験(?)楽しく拝見しました。
来年は染めてみたいです!
  • 2006/10/24 22:21
  • joujouka
  • URL
  • Edit
糸芸人さん

試行錯誤繰り返し、下手の横好きで 泥沼にはまって行くようです。
植物繊維も興味があるのですが、これ以上手を広げるのはよそうと思っているところです。

糸芸人さんの手仕事にも凄く憧れます~
ひつじ丸さん

>>たぶん自分では使わないけど(笑)、
ふふふ そうですね。
自分で編みながら、私もう少し年を重ねてからでもいいかな~って思いました。
gaboさん

色が淡いので 置いたまま撮るとなんだか?と言う感じでしたので、思わずカーテン外して写真撮りました(^^;Δ

持続性…。最近は忍耐してまで編むことは出来なくなってきました。(課題の作品を編む!とかはもうしたくない気分です)
こはぎさん

完成しました~~。クンストタイプは行きはよいよい帰りは強いでした。次回作はeneデス。って何度言うのでしょうか私は。
今日は、eneの中心の柄を崩さずに編めないか試行錯誤しておりました。
何とかできたのだけど…。
がみさん

ほんとに!糸が無くなったのは、不幸中の幸いでした。
トンガリ、私もコレぐらいでいいかな…って思いました。
賛同してくれる方がいて 嬉しいです(笑)

染は、火にかけて染めていないので お鍋にくっついていなくていいので 楽でした。
鼻をつまんで 蓋を開けるだけですから…。

リコさん

ゴットランドの糸もこのショールに似合いそうですよね。
150gで出来ましたから 是非!挑戦してください!
joujoukaさん

紫(メリノ)の多い ブレンド違いの糸があってよかったです。

ヨウシュヤマゴボウの色遊び 楽しんでもらえました!(笑)
よかった~~。
染に適している素材とはいえない気もしますが、
楽しむにはピッタリの染材ですよね。
是非、来年 楽しんでくださいね
ショールとてもきれい!
私も編んで見たい。今度は、毛の種類、糸の紡ぎ方等きちんと計画して。(いつもいい加減に始めて、四苦八苦してしまうので)
  • 2006/10/25 08:37
  • shima
  • URL
いやあ、素敵ですね~。透け感がかげろうみたい。この種のショールは編みたいと思いつつ、なぜか手が出てないんですよね。次こそは、なんてね。と言いつつもう、本格派の冬物になだれ込みそうで。
つむぎは出来ないので、糸の選定がヤマだと思う。細い目のモヘアは面白そうだが、透け感がどうかな。
shimaさん

ありがとうございます~。
何をおっしゃいますやら!いつも緻密な作品作っておられるじゃないですかぁ~。今度作品 見に伺わせてくださいね~~。
Erkkiさん

ありがとうございます~。
Erkkiさんは色々な意味でも「レース好き!」なのでは?と思っておりました。
私も、ニットレースは物凄く久しぶりに編みました。
糸選びは結構重要ですよね。
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)