もう11月です。

今週は、先週末の学芸会の振り替え休日で 月曜日にムスコが休みだった&5週目だったので 曜日の感覚が狂いっぱなし。ダブルブッキングをしてしまったり、色々頓珍漢なことをしでかしました。ご迷惑をおかけした方々… 大変申し訳ありませんでした。

3連休が始まって 昨日は国立科学博物館へ。20061104232601.jpg

「大英博物館 ミイラと古代エジプト展」&「化け物の文化誌展」物凄い人手で、ミイラを見るより人をみた!…。20年ほど前にみた エジプト展の方が面白かったかも…。「化け物の文化誌展」でも天狗のミイラと!と河童の手のミイラを見る事が出来て それはそれで面白かったです。立ち止まって資料を読めるほどゆっくり見学できなかったのが残念でした。

本日は、草木染20061104234343.jpg

20061104234410.jpg

三軒茶屋でフェアトレードのお店をしている友人主催・草木染イベントのお手伝いです。用意していた「背高泡立ち草(Fe・Al)」と「玉ネギ(Al)」「蘇芳(Fe・Al)」の3種類の染材で5色を染めました。
染めた物は、サラシと5本指の靴下
木綿を染めるということだったので 豆汁での下処理はお願いしました。
前もって下処理をしてあると、やはり綺麗に染まるものですね。
午後2:00~5:00までの3時間でどれだけのことが出来るか心配だったのですが、5色がすっきり染められて、参加者の方も喜んでくださって、本当によかったです。
主催者のFさんにお会いすると、ネパール話や、インドの話、アルパカの話、酵母菌の話などなど 話が尽きなくて本当に楽しい。
今度、紙布(しふ)で仕立てた服を見せていただくことになりました。
楽しみです。

さて遡りますが、11月1日
「みん・りーさんの 作品展」と山本実紀さんの「羊時間」サフォークの紡績糸からウールの日常着 に行ってきました。20061105000008.jpg

スピニングパーティーに行かなかったのだからいいよねぇ~と言い訳をしつつみん・りーさんのところで染の羊毛を1パック 70g購入。さっそく紡いでお湯で撚り止めをしたら、せっかくの綺麗な赤系の色が流れてしまって、ブルー系の糸になってしまいました。ちゃんと聞いてくればよかったちょっと反省。
山本実紀さんのところでは、3番手のサフォークの紡績糸を200gほど購入。現在 精錬中です。

11月中盤・後半と作品展が目白押しなのでうまく配分して 見に行きたいと思っています。
11月・12月作品展が目白押し

★アトリエMjuk展 北欧ハンドクラフト展&創作織物展
11/6~11/12 ギャラリーくぼた
★ふわふわ展 11/16~21 古桑庵
★どうして紡ぐの 11/20~25 千疋屋ギャラリー
★絲泉会 代30回ホームスパン展 11/21~26 ギャラリーサロンドフルール
★おり絵さんの手織り工房作品展11/25~12/21 マザーアース
★all about the wool 12/13~12/17 大倉山記念ギャラリー

関連記事

Comment

ミイラって不思議ですね。私も見たことあるのですが、見知らぬ人の体をあんなふうに眺める、という事も、何千年も前の体が今目の前にある、と言うことも。歴史なんてよくわからないけど、でもやっぱり歴史を感じます。

みんりーさんのイベント、行けなかったので残念です。羊毛の販売もあったのですね!
撚り止めで色が抜けてしまったんですか?!なるほど、、、私もみんりーさんの赤い羊毛を持っているので、糸にした時は注意しなくちゃ、です。アップされている写真がその色が抜けてしまった糸でしょうか?この色もとっても深くてきれいですね。
  • 2006/11/07 10:50
  • がみ
  • URL
  • Edit
がみさん
今回3Dになっているミイラは、(CT映像によると) 実はお椀をかぶっているらしいのです
なんでも、ミイラ加工をしたときに ニカワを溶いたお椀が頭に引っ付いちゃったのをそのまま隠していたらしいのです。
隠し通したと思った職人さんも、3000年後に バレルとは思っていなかったでしょうねぇ~。

みん・りーさんの処は、即売なので初日に行かないとすべてを見ることは出来ないので 初日の早い時間に伺いました。
そのときは、3タイプの羊毛うっていましたよ。
そうなんです。写真は色が抜けた糸なのですが、コレも綺麗ですよね。気に入っています。
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)