コチニールの残り液で

  • Day:2007.01.06 23:40
  • Cat:染め
先日も書きましたが、貧乏性ゆえ まだまだ染まりそうな染液は捨てられません!!
特に 染料屋さんで購入した染料は、もったいなくて徹底的に使います!!

年末に「基調ワインカラーにしたマフラーを編んで♪」と頼まれているので、残液でどうにかしたい。
アンモニア処理で多少は青くなってくれ!と祈りを込めて2番残液に50g投入。画像手前の桜貝のような色の染まりました。
やはり 紫色にするには鉄媒染か。と3番残液に50g投入! ???なんでオレンジ?多少紫風味はあるもののどう見ても肌色ピンクです。媒染の鉄が古くなって ダメになっているかしら?
20070106231645.jpg


そして4番目は先に鉄媒染をしてみたら、鍋縁のところにあたっている羊毛がドンドンオレンジ色に変色していく??なんでだろう?それに液も加熱が進むとオレンジ色になる やはり媒染剤がダメになっているのかなぁ??
と不安になりつつも、先に鉄媒染した羊毛を4番残液に投入。
しかし…。すでに染液中に染まるほどの色素は残っていなかったようで
(まぁ 4番目だし しょうがありません)
その羊毛はそのまま化学染めで ワインカラーを染めました。
鉄媒染したときに、オレンジに変色した部分は、化学染めのワインと混色して明るめの紅色になりました。
20070106234504.jpg


コチニールの残液で 可愛い色がたくさん染めることが出来ましたが
好みの色を 植物で出すのはやっぱり難しいです。化学染め万歳♪

さて、我が家は昨日のゴットランドを初め 部屋干しされている 羊毛で 部屋中ピンク色です~~~。
関連記事

Comment

華やかな色の羊毛がたくさんで部屋にいるだけで楽しくなりそうですね。
今回は目当てでない「桜貝色」も出そうと思うと難しいですよね~。
用意はしているものの、まだ一度も化学染めはしたことがないのですが、化学染めも楽しそうだなぁ~
こんにちは~。
桜貝色、私もツボです♪
最近は化学染めばっかりで、植物染めから遠のいていますが、こんな透明感のある素敵な色に染められるのなら、また植物染めもやってみようかなぁ~という気持ちになりました。
  • 2007/01/07 16:50
  • Candy
  • URL
おはこさん

殺伐とした我が家で かわいい桃色はなんだか気恥ずかしい感じもしますが、暖かい春の感じがして ぽかぽかします。
化学染めも 愉しいですよ~~。
  • 2007/01/07 21:24
  • baru
  • URL
Candyさん
よく見かける コチニールのかわいらしいピンクと違って 桜貝の色が出てよかったです~。アンモニアが効いたのかな。

植物でも化学でも染めはたのし~~ですよね★
  • 2007/01/07 21:34
  • baru
  • URL
ごあいさつおそくなりましたが、あけましておめでとうございます~
新年早々、羊毛三昧の毎日なんですね!
とってもきれいな色に染まりましたねえ
わたしもこたつでごそごそしてないで、作業を再開しなければ~~

遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします!
さっそくたくさん染色されていますね~。それもとってもきれいな色ばかり。コチニールの色、濃い色も薄い色も、やさしさがあってかわいらしい印象。科学染めは、また鮮やか!で、紅色の部分との混ざり方がおしゃれだな~と思いました。こういう組み合わせ技は、試行錯誤の上に生まれるものなんですね。
うちに、ウメノキゴケを漬け込んでもうじき一ヶ月になる液があるので、私の染め始めはそれかな~と思っています。どんな色に染まるか、、、わくわくします♪失敗もど~んとコイ!でやってみます~
  • 2007/01/09 11:39
  • がみ
  • URL
  • Edit
糸芸人さん

あけましておめでとうございます。
今年も 繊細な自然布 見せてくださいね~
あと美味しそうな写真と 面白い写真も♪
  • 2007/01/10 21:40
  • baru
  • URL
がみさん

あけましておめでとうございます。コチラこそ 今年もよろしくお願いいたします。
がみさんの染め始めは ウメノキゴケなんですね!楽しみです。
化学染めのメリノは 他の色と混ぜてファンシーヤーン?なりました。
  • 2007/01/10 21:44
  • baru
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)