ハンドカーダー

  • Day:2007.03.01 18:58
  • Cat:道具
ビーラビのセーターも一段落してホッとしたので
もう一度ドロップスピンドルで糸を紡いでベスト編もう(やっぱりベストよね)と
マンクス!むっちりムチムチのマンクスをいじり始めています。20070302004146.jpg


昨年の10月に ポンタさんの所のハンドカーダー 「BEE]を購入しました。 20070302004506.jpg

やっと針布が馴染んできて 短いマンクスの毛も歯に食い込まずに気持ち良くカードできるような気がしています。
が!しかし!!腱鞘炎気味で握力の弱い私には、持ち手が太い…。
「BEE]のすぐ後に「ティンカー」が出ると知っていたら 「ティンカー」にしたのに(涙)
泣いてばかりいても仕方がないので 「BEE」改造計画を実施しました。
20070302004918.jpg


まず長い持ち手の部分を6cmほどcutして面取り 握りの部分を手に合うように 肥後の守や切り出しを総動員して削り、20070302005023.jpg
カーダーの頭部分(針布)との境のところの傾斜を強くして
サンドペーパーをかけて仕上げました。 20070302005109.jpg




最初436g あったのが412gになりました。
切り落とした持ち手の部分だけで1つ10g!!あったので 結構軽くなりました。
また明日からまたカードがけ楽しくなりそう~♡
関連記事

Comment

改造?と聞いて、『くの字曲げ?』かと思ったのですが、削りだったのですね~。
ティンカーが出ると知っていたら・・・(涙)は同感です(涙)。
でも、削れる部分が多いBEEは改造向きかもしれないですね。
私はまだbaruさんほどは使い込んでないのですが、以前使っていたカーダーより使いやすくてお気に入りなので、折を見て更なる使いやすさを目指して改造してみようかなー。
その後レポもいつかお願い出来たら嬉しいです(^-^)。
 最近カーダーを買いました。ティンカーと迷ったあげく、軽いアシュフォードのミニタイプにしました。ティンカーについては情報が少なくて使い心地などがわからなかったし、アシュフォード製はどこにも重さの情報が無く、比較できなかったので、ミニを選んだのです。(でも、見た目の印象はティンカーがお気に入りなのです!)
 軽くなったBEEは使いやすくなったみたいですね。私は、もしカーダー2号を買う日が来たとしたら、ティンカーを狙います。

 ところで木を削る、っていう作業、私は大好きです!最近、彫刻刀も買ったので、彫刻まがい(?)のことなどもして楽しんでいます(笑)baruさんも自ら削ろうと思われたくらいだから、きっとお好きなんだろうな、と思いました。
  • 2007/03/02 09:47
  • がみ
  • URL
  • Edit
なるほど!削るだけでも使い勝手が変わりそうですね。

かくいう私も買いました。
そして同じことを思いました。
「小さいの出るんだったら、そっちを選んだのに・・・」

わたしも少し前向きに検討してみます。
  • 2007/03/02 09:50
  • 新井ひで
  • URL
  • Edit
pinさん
改造はちょっと大げさだったかな。くの字曲げはやりましたよ(笑)板でではなくて 皮手袋はめて親指で~ゴシゴシ。

ティンカーのことを思うと(涙)ですが、
>>でも、削れる部分が多いBEEは改造向きかもしれないですね。
そうなの!取っ手を切ってバランスはどうなのかな?とは思うのですが、 まさに「BEE」は改造向きですね。

使いつつ、バランスなどまたレポートしますね。
  • 2007/03/02 22:14
  • baru
  • URL
がみさん
私も一般羊毛用としてアシュフォードのピピーを使ってますよ。(針布は一緒ですよね?)
「BEE]の方がクッション製がいいので柔らかい感じがしますし、「ピピー」の方が面自体にカーブがついているので、カードしやすいような気がして一長一短です。 羊毛によってどっちが使いやすかサンプルしながら 使い分けてます。

木を削るのは苦ではない という感じかな…。草木染の時に削りますし…。
どちらかというと、刃物好きです。 小刀・切り出しナイフ・肥後守・鉈・ビクトリノックス・オピネルなど…。

木工はうまくなりたいなぁ~って思います。
  • 2007/03/02 22:39
  • baru
  • URL
ひでさん

お仲間がもう一人いましたね(笑)
取っ手を切ってしまって バランスが…どうかと思いますが、
なんとなく…って思っているより よっぽど良好な仕上がりになった!と思いますよ~。
  • 2007/03/02 22:42
  • baru
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)