マンクス

  • Day:2007.03.04 00:21
  • Cat:紡ぎ
20070304000030.jpg

3/1のエントリー『 ハンドカーダー』にも書きましたが、
現在 マンクスをドロップスピンドルで紡いでいます。

マンクスだけでも良かったのですが、『ちょっとだけ何かを混ぜたい』衝動を抑えられず、以前見せていただいた 毛羽を混ぜる というのにチャレンジしています。
毛羽に至るまでには、シルクノイルを混ぜてみたり、単糸にしようか双糸にしようかいろいろ悩んで スワッチを作ってみましたが、やっぱり毛羽が扱い易いし とっても風合いがいいのです。(量を気にせずスワッチが作れるのは一番楽しい作業かもしれません)

毛羽とは、蚕が箱の中で繭を固定する時に吐き出した糸(モヤモヤ)したところです。真綿より短ので扱い易く、マンクスの色の邪魔にもならないので (コレは重要!!)今回は繭毛羽を使う事にしました。
生糸にはならない部分ですが、ちゃんとした絹なので(笑)軽くて艶があって いい感じなのです。ただ…ゴミが多いのが玉に傷です。
毛羽の部分はネップになりますが それも可愛いかなって思います。

マンクスは撚り止めなどで 水に浸かると「へなぁ~」っとなってみすぼらしくなるのですが、乾くとボ~~ンと膨らむところが凄く!可愛い。
現在 180gまで紡ぎ終えました。あともうちょっとです。
マンクスのスワッチ各種↓
20070304001935.jpg

関連記事

Comment

きゃー!何とタイムリーな!!!
もしかしてbaruさんも私と同じようなことをお考えだったのでは・・・と勝手に解釈。
やっぱり、何か混ぜたいですよねぇ、マンクス。
全くの私の頭の中での思考ですが、私はマンクスをあまりに特別視し過ぎていたのではないかと・・・。(ま、えこひいき、ってやつでしょうか)
でもなぁ、やっぱり何か特別なものを持っているような気がしてしょうがないんですよね、マンクスって。
毛羽は、「毛羽」として販売しているものなんですか?
joyceさん
私も ~ 同じこと感じてたんだぁ~ってビックリしました。
>>「糸になる前に色や羊の種類を混ぜられる
って ほんと紡ぎの醍醐味ですよね~。
マンクスのえこひいき♪わかります。まさに えこひいきですよね。

毛羽は師匠にもらったので販売はどうなっているのかわかりませんが、養蚕関係の方面に詳しい方がいらしたらわかるのかな?ごめんなさい 役立たずでm(_ _)m

  • 2007/03/04 18:00
  • baru
  • URL
あ、毛羽ですね今気がつきました。勝手に羽毛って読み替えていていました。
今、羊毛以外のものに目が行ってしまっていているのですが、絹にもいろんなものがあるんですね、勉強になります。
マンクスか~、なぜかやっぱり気になってしかたありません。
  • 2007/03/04 18:33
  • うき
  • URL
針に掛かっている甘撚りスワッチが隠したいぐらい好き!!^^
マンクスってとってーーも気になっていて、最近ペレンデールさんからスライバー状を取り寄せたんですけど、きっと生フリースはもっとバボンと楽しいんでしょうね♪
そしてbaruさん・・・あのぉ~お家にはあと何キロ何種類の羊さんがいるんですか??(最近、一番気になるんです。だってどんどん出てくるから。。><)
さらに、今回もドロップスピンドルで紡ごうと思った意図も気になります!!
  • 2007/03/06 17:28
  • あーちゃん
  • URL
  • Edit
読んで「あー!」と思い出しました。確か羽毛のサンプルを送ってもらって、でも忙しさですっかり忘れていました。

取れる量が少ないので予約販売になるそうですが、絹を扱っているところに聞けばあるのではないでしょうか?

確かに、お蚕さんの食べ残した葉っぱとか・・・けっこう入っています(^^;
  • 2007/03/12 13:01
  • 新井ひで
  • URL
  • Edit
お返事おそくなりました........ ( ..)スゴスゴ

うきさん
毛羽です。羽毛ではありません(笑)間違えますよねぇ~。
綿の講習受けられたのですね。 楽しそう~。
わたしも一度 チャルカやってみたいです。

あーちゃん
マンクス可愛いですよね。たぶん、生フリースのほうがバボン!間違いないと思います。
… 在庫状況を聞くのはNGですよ(笑)
でも 最近色々な方の在庫状況を見るにつけ 聞くにつけ
私って 普通かも…って思いはじめています。

ひでさん
そうか 予約販売してもらえるのですね 。
葉っぱ系のゴミはまだいいですよね…。
  • 2007/03/12 21:39
  • baru
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)