5倍子染のショール

  • Day:2008.10.29 20:28
  • Cat:編物
ヘチマ襟でショールショール

今を去る2年前の 2005年の10月25日に採取して染めた5倍子が糸になり やっと形になりました。

原毛を染めて 糸を紡いで 編むというのは、長く時間がかかります。
ひとつの物を こんなに長く ゆっくりと楽しめるというのは、今の時代 貴重なことかもしれません。

私には珍しく、細くセミ梳毛糸に紡いで、単糸でショールを編みました。
肩の部分は、10.11煎目 シルバーグレーで
フリルは、6・7煎目 紫混じりのグレー です。

肩は編地が2重になっていて、タップリと肩に添って 暖かい一枚です。
襟を返して ヘチマ襟のように羽織っても素敵です。

来週に迫った 「冬のお散歩展」の最終打ち合わせも済んで 3人でワクワクしています。
でも ギリギリまで 何かしていたい私は、 マダマダシクハクの最中ですが…。

このショールも展示しますので 会場で羽織ってみてくださいね。



関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)