ヨモギのコバルト媒染

  • Day:2009.05.08 09:35
  • Cat:染め
GW中に、羽田のD滑走路展望台へ行ってきました。

貧相な展望台ですが、羽田がドンドン大きくなっているなぁ~って実感できる場所です。
見学者は、パラパラという状態で(笑)人込みの嫌いな我が家にとっては、格好のイベントでした。
羽田が、本格的国際空港になってくれると便利で良いのですが…
色々 諸事情があるのでしょうね。


展望台の脇 犬の散歩の落し物もなさそうな場所だったので ヨモギを採取してきました。

アルカリ抽出で銅媒染をしようと思っていたのですが、なんと!銅媒染を使い切っていました。
GW中は 染料屋さんの田中直も藍熊もSEIWAもお休みです。
人込みを避けて 午前中一番で 渋谷東急ハンズに買出し。

しかし~~!!銅媒染剤だけが、なぜか売り切れ~~

何も買わないのも悔しいので、初めて見たコバルト媒染剤を購入。
コバルト媒染材jpg

使い方は、他の媒染剤と変わらないそうだ。
帰宅後、ググって見たけれど…、
あまり情報が無かった。
どうも 手仕事で使うよりも 工場染色で使われるものらしい?のだけど… 堅牢度が良いらしいとか?未知の存在です。

アルカリ抽出 無媒染の糸
ヨモギ染2 無媒染

コバルト媒染した糸
ヨモギ染3jpg少し黄みが取れたでしょうか?
画像が暗いですが、我が家のモニターで見た色では この画像が一番実物の色に近いです。
でも、ビックリするぐらいの色の変化がありません。
コバルト媒染って…?まだよくわかりません。

玉まきにしてあるのが元の糸(英国ジェイコブの手編み糸)です

残液で染めた糸
残液で染める
残液でタスマニアウールを染めました。
細い糸の色みを重視したので、先に染めた英国ジェイコブの色はこれほど明るい色ではありません。

英国ジェイコブが色素をほとんど吸ってしまったのでしょうか?あまり色が入りませんでした。
淡い 黄緑色です。

今年は、何だか緑が気になります。
7月ごろに ブタクサと葛で緑色をまた染めたいです。
クコもいいなぁ~。
関連記事

Comment

こんにちはー
良い色ですね。よもぎ、こんなに濃く染まるのですか?
しばらく染めていませんが、また染めたくなっちゃいました。
ブタ草も緑なのですか?クコは難しいですがブタ草なら採取しやすそうですね。
このところの雨でびっくりするほど草が成長していますからちょうどいいかも~
  • 2009/05/08 15:50
  • hisa
  • URL
  • Edit
hisaさん

ヨモギ ビックリするぐらい濃く染まりました。
4月に染めたほうが、もっと透明感のある緑になるようなので、来年は4月に染めたいです。

ブタクサも アルカリ抽出すると 緑色になるようです。
今年は 緑の年にしようかと思案中です。
  • 2009/05/08 19:39
  • URL
Comment Form
公開設定