紡いだ糸(教室のようす)

1年と数ヶ月。
毎月1回、糸を紡ぐのを楽しみに仲間と通ってくださったSさん。
とっても仕事が丁寧で、素敵な糸を紡がれます。

今まで、紡いだ糸は旦那様の靴下を編んだだけだそうで、
なかなか 編み始める様子がありませんでしたが、
これからは、「紡いだ糸で編みます~~♡」っと言って
今までの分の沢山の糸を持ってきてくださいました。
たぶん2kg以上あったと思います。
Sさんの糸

凄いなぁ~~。そしてとっても嬉しいです。

私は、いつも
「紡いだ糸はまだ素材だから、編んだり織ったりして 感じてくださいね」と申し上げているのですが、
紡毛糸から梳毛糸 ファンシーヤーンを紡いで、時間はかかっても納得した上で 今回その糸で編んでいこうとしている実直なSさん。彼女らしいアプローチだったのでした。

糸を見ていると、始めたばっかりの頃のものから、最近のものまで色々な味わいがあります。
とっても個性的なSさんは、編みたい物も個性的なものでなかなか 手ごわいです(笑)

紡いだ糸で編むというクラスは、
出来上がったデザインの物をただ編む そのためのテクニックをお伝えしてるつもりはありません。
糸を紡いでそして編むという事で 本人の作り上げたいと思っているもの(個性)を
バックアップして 形にするのが 私の仕事だと思ってます。

押し付けがましくなく、その方の個性が表現できるようにお手伝いする事
コレが中々難しいけど とっても楽しいです。

じゃあ個性が希薄な人は…なんて野暮なことは聞かないで下さいね。
基本的に 糸を紡ぎたいと思っている人は、皆個性的な人ばっかりです。(笑)


今まであまり教室の事をBlogに書いてきませんでしたが、
「どんな様子なのですか?」とお問い合わせいただくことも多くなってきましたので、
少しずつ、お伝えできたらいいなぁ~っと思っています。







関連記事

Comment

Comment Form
公開設定