’09北欧ニットシンポジウム 3日目

3日目は 午前午後 2コマ連続の スザンナ・ハンソン(Susanna Hansson)のボーヒュースニッティング

この講座では、ボーヒュースニッティングの歴史、文化的背景、ストーリーなどを織り交ぜたスライドショーもします。30年の成り立ち、創世の時代などもお話し(プログラムより)

ボーヒュースを創り出した女性達の働きをスライドによるレクチャー。
同じ女性として、私はもうちょっと頑張ってもいいのかも…と思いました(笑)
ボーヒュースは、オシャレ着。
アンゴラの柔らかいホワッっとした 糸で 仕立てにも気を使っていました。
ボーヒュースのリストウォーマー

アンゴラの糸なので 編みあがったら縮絨して起毛させるのだろうとかなり緩めに編んだら、
「編地は綺麗だけど もうちょっときつく編んだ方が素敵に仕上がるわよ」とアドバイスをいただきました。
アンゴラの糸染めして やっぱり、丸ヨークセーターが編みたいです。
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定