田村直子さんの 作品展

田村DM田村地図


朝から冷たい雨が降っていましたが、心は ウキウキ。
今日はちょっと遠出をして、田村さんの手仕事展を見に行きました。

すばらしかったです。 ほんとにもう~~ ため息が出ます。
レースは、世界総合チャンピオンに輝いた糸を紡がれる方の糸ですから、
それはもう すばらしいの一言なのです。

そして サンカグラブも!あぁ~ なんてピッタリフィットな 繊細な手袋なんでしょうか!
羊毛の種類によって コリデールの手袋はコリデールらしく (Izumiちゃん所蔵)
チェビオットはチビオットらしい (PONTAさん 所蔵)
そして作品展には、 アルパカ混のサンカグラブ。柔らかくてぬめりのある手袋。

セーターは、
ロムニーとモヘアをブレンドした糸がベースの草木染の編みこみのセーター♡
タマネギで染めた ブルーフェイスの デューク柄のセーター ♡などなど。
艶といい 手触りといい 色も!本当に見ることが出来て幸せです。

そして、出来る事ならば 長く着ておられるセーターを拝見したいと願っていたところ、
旦那様が セーターを着ていらしたので 「ちょっと触らせてください」っとお願いしたら、
なんと脱いで 見せてくださいました。感激です。
仕事着として20年着ても へたれていない コリデールで編まれた ガンジー柄のオイルドセーター。
すばらしいです。

私も 1年に1着でいいから こういう手仕事をしたいと思いました。

先週は 紡いで織る すずきひろこさん
今日は 紡いで編む 田村直子さん

お二方とも ぜんぜん 気取らず自然体で 何を聞いても教えてくださいます。
そして 同じように「難しい事はしていません。誰にでも 出来ますよ。大丈夫」とおっしゃいます。
それはきっと、圧倒的な 経験値からの気持ちなのでしょう。
1本 突き抜けた芯がある 強さと 優しさある 言葉だと思います。勇気がでます。

画像はありません。
是非!お時間を作られて 自分の目で見て触らせてもらってください。


今年は多くの事を体験するチャンスがあり、得ることが多い一年でした。
その中で 自分が何を選び どうしようとしているのか 模索する事も多かったです。
体験したからこそ わかったこと、考えられ 気が付いた事 感じた事が ありました。
世界が広がって 楽しいだけはなく、
自分の軸がいつも ぶれないで 手仕事に向かえるようなりたいと
今日は、本当に心に思った一日でした。



旧友とも会えた、ほんとに楽しい一日でした。

関連記事

Comment

たんちさん  こんにちは。
こちらでコメントさせてもらうのは、お初かもしれません。

田村直子さんの個展、きっとゼッタイ素晴らしかったんだろうと思います。
ニッターであればきっと誰もが感動するような作品だったのだろうと・・・想像。
さらりとした言葉なのに重みを感じるのは、経験と自分の立ち位置をしっかり持っている方だからなのでしょうか。

たんちさんの今年のご経験は大きな財産になるのでしょうね。
羨ましい限りです。
身近に目標になる方がいると刺激になり、勉強になります。

それにしても何でこういうときに京都での授業がないのでしょう。
行きたかったなあー。
うっささん

こんにちは&ありがとうございます。
本当に、すばらしい 先輩がたの作品を見られる事は
幸せな事だと思います。

うっささんも 切磋琢磨する学生の仲間がいらして
うらやましいなぁと いつも拝見してます。
京都は、いつもいらしているのに 残念でしたね。
また みられるチャンスはきっとありますよ!

Comment Form
公開設定