日本の100年前の 編物の本 と歴史(長文です)

  • Day:2009.11.25 00:03
  • Cat:
先日 京都に出かけた時に 古書屋さんで購入した本です。
(私は、古本屋さんが 大好き♡)

編物指南

家庭百科全書の 第十一編
編物指南 三木とみこ著 博文館発行
初版 明治41年(1908年) (この本は、明治45年発行18版です)

明治の初期(9年~10年)に書かれた「童女筌」ほど 古いものではありませんが、
今までわたしが手にした 日本の編物中では 群を抜いて 古い書物です。
「童女筌」 は たた&たた夫編物入門を 見てください。

そしてこの本のにも童女筌の抜粋が載っていました。右側のページからです。
縮 編物286縮  編物指南285 のコピー縮 編物指南284 のコピー縮 編物指南283
今の洋書の編み記号 K1 ・P1などがもうこの頃から 記述として残っているのですね。

三木とみ子女史は、童女筌は 難しすぎて 活用されなかったと書いてある所も ちょっと面白いです。
日本で編物が流行りだしたのは、どうも童女筌あと10年ぐらい過ぎた頃と あり
大阪で明治19年に初めて とみ子女史の友人が編物で子ども用の帽子をつくられたそうなのでその頃から 流行り始めたようです。

また 抜粋で 明治19年8月の女學雑誌 : 【牛込メソジスト教会にて 女教師ガードネル氏婦人等に編物を教え傍ら聖書の説明していた。】など 興味深々です。牛込教会行ってみようかしら?

編み糸についても
スコッチ とか アイスグル とか 駝鳥糸 など、 なんとなく想像付きそうな…違うような。妄想がグルグル回ります。

編物用具の中でも
現在は、棒針の名称で 玉のついていない 棒針のことを 4本針 、5本だとクンスト針 と呼ばれたり 海外からの名称で ダブルポイントと呼ばれたりするようになりましたが、
この本には、「つむ針」とあります。 「つむ」とは =錘 のことですよね,きっと。
形状がそうですものね。 そうかぁ~~。

編地は、
◎鈎針編みの種類が26個(其の中に アフガン編み(畳み編み)と (玉畳編み)が2種類あり) 作品は、35種類
◎絹糸およびレース編み の作品 28種類
◎棒針 編地11種類 作品5種類

結構な数の作品が掲載されています。いづれ なにか作品を編んでみたいな。

そして 最後の 第六編 編物雑説 という章で 三木とみ子女史の 編み物エッセイがあるのですが、これが 物凄く面白い! いつの時代も同じこと考えているのだなぁっ て 思って ホッとします(笑)

【六、編針の種類と使用保護法: 編み針を買うなら 少々高くても上等な物を買うほうが徳です。 】とか

【九、注意周到を要す:落ち着きの悪い人は、無駄に時間の費を来すばかり…】とか 耳が痛い~。

【十、手編みの物と 機械編みの物の向き不向き:編物の本旨は手さきでする仕事、即ち 機械でやれない物を作るのが得意なので、若し機械で出来ますものならば、何を苦しんで 手先で編むに及びませう】
…この頃からもうそういう時代なんですね… 今は何でも機械が出来る時代 手仕事のよさを ウンと考えないといけませんね。

【十一、意匠図案の嗜みあるべし: 同じ材料で同じ編地でも 色が違うだけで 別の物になります。編物をするなら、是非とも自分で新しい模様図案の類を考え出し 新規のものをやってみませんと 面白みが少うございます。 故に編物をなさる方は その前に絵の方をいくらかお稽古なさる事をおすすめします】とか… そりゃそうですが(笑)… 色は大事ですよね。

【十二、編物見本類の貸し出し無用:】 これは 本や編地見本の 貸し出しはしないけど 自宅で見てね!と書いてあります。 私も 本を貸し出す時は無くされてもいいぐらいの気持ちでないと 貸せないかも…と
思うことがあるので 気持ちがよく理解できますね。

長くなりましたが、 この本 とっても面白いです。
読みやすし、 和とじなので美しいです。
京都の古本屋さん、 ありがとう~~♡

次回「本」のカテゴリーでは、 戦時中の編物本を紹介します!






にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
関連記事

Comment

古本市とかに たまに出かけるのですが
編物系の本は、私のレーダーには、なかなか ひっかかってくれません。

他のお友達も よく 古本市で おもしろそうな手芸本をゲットしてくるのですが....

また 面白そうな編地があったら ワークショップしてくださいね!!!
  • 2009/11/25 13:38
  • CatGirl
  • URL
  • Edit
Cat Girlさん

ハイな!面白い編地、 楽しみにしていてくださいね。
古風な名前のついている編地があるのよ~~♡
Comment Form
公開設定