教室だより

munekoさん、今シーズン 旦那様用のニット3着目。
現在進行中の ラグラン編みのカーディガンは、あと袖をはいで、前立てをつけて出来上がり。
それと一緒に進行中なのが、裏編みのベスト。
こちらのベストは、ご自分で実物大の製図をして 計算ではなく実物大にゲージのラインを引いて
割り出しをして編んでいる物。

縮 野松 ベスト のコピー
今年の冬はとっても寒いので 旦那様も喜んで下さっているそう。
この一年で、一人でベーシックなセーターや、ベストは製図をして編み図を起こす事も出来るようになったと
とても喜んでくださいました。

minakoさんの 袖のあるケープが仕上がりました。
縮1 山縣ケープ平置き のコピー
素材はポロワス。色変わりの楽しむために 細く紡いでナバホプライにあわせ かのこ編みにしました。
参考作品は、お手持ちの手芸本。
minakoさんも ご自分で割り出しをされ 紡ぎ糸の強弱のある糸に少々悩まれながら、
数回編みなおしてキッチリと出来あがった大作です。

縮 山縣 ケープ後ろ のコピー
ポロワスのしっとりと体に添う柔らかさとドレープのでるナバホプライとは思えない軽やかさ。
出来上がりは500gほど、軽く仕上がりました。
ポロワスの繊細な繊維とワックス系のネットリとした脂に 紡ぐ時と糸仕上げがちょっと大変だったようですが、
色の出方など、狙っていた通りで とっても素敵。
デザインに合うボタン探しが宿題です。

掛け持ちのダブルフックアフガン編みの帽子も編みあがりました。
縮 山縣ダブルフック帽子 のコピー
甥っ子さん用の「むしろ編み」のビーニー。
ネップを入れた糸をベースに 裏に渡る糸は織りに使った残りの細い単糸。
とっても暖か。今シーズンはもう一回ぐらいは、この帽子をかぶってスキーにいけるかな~。

masamiさんの鈎針編みのカーディガン。
縮 狩野 鈎針ボレロ のコピー
画像が悪くて…編地がつぶれて見えませんね。ゴメンナサイ。
先月 棒針の割り出しよりメンドクサイ(っと私は思っている)鈎針の割り出しをされたmasamiさん
もう、パーツすべて編んでこられました!早~~~い!。
透かし編みなので 表に響かないように とじはぎして、ほとんど出来上がってしまいました。
あとは、縁編み。
糸は、チェビジャコ(チェビオット×ジャコブ) の単糸。
チェビオットの張りとジャコブの膨らみが効いている糸です。そしてこのダークブラウンのこっくりとした色が
とっても素敵。
1頭分あるそうなので、 このあとは、オーバースカートを同じ糸&編地で作る予定だそうです。
アンサンブルですね。

こちらは、masami兄 用に編まれたそうです。
お母様が生前 セイタカアワダチソウで染めた羊毛をブレンドした帽子。
こんな 帽子を作ってもらえるお兄さんは幸せですよね。
縮 狩野 兄帽子 のコピー

そして こちらもmasamiさん作
縮 狩野 室内履き のコピー
ゴットランドの糸を使った贅沢なブーティー。履くともっと可愛いし 脱げにくいのです。
ことしの冬は、寒くてブティーが手放せなくて 何枚か編みましたが、かかと と足の裏は要考察!だな…っと
自分の課題だったので、このブーティーはとってもいい。
パターンはwoollies スリッパのパターンからだそうです。
私も 今度編んでみよう~。

お仕事もしているmasamiさん いつこんなに たくさん編めるのでしょう?凄いです!

先月 ロングマントを編み終えたmasakoさん
まだら染めの糸で ポケット付きカーディガンが早くも始動しています。
後ろ身頃がほぼ編みあがり…前身ごろのポケットの編み方の確認。
そして 同時進行用の フィッシャーマンリブのレッグウォーマーも編み始められました。

名前がMから始まるクラス(笑) 活発です!
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定