染色データサンプル ウール100色2日目

  • Day:2010.03.17 12:14
  • Cat:染め
2日目は染色はもちろんですが、工場見学も。

隣接する工場へ、お昼休みを使って見学。
縮 つづれ織りの機
暗いのは、お昼休みだから?のようです。
綴れ織りの機(たぶん)が づら~~ッと並んでいる。
お昼の終わった 職人の方が 午後の準備をしていおられました。
サンプルも壁に貼ってあって面白い。

縮 緞帳を織る機 のコピー
こちらは、大きな緞帳を織る機。
ほんとに大きな機、4人ぐらいで織るらしい。

体育館ほどの大きさのところに、織りあがった緞帳の裏打ち作業もやっていました。
縮 緞帳 のコピー

この体育館の(違うけど…)の 見学コースの側面にも 各地の劇場に納めた緞帳のサンプルが展示されていました。
サンプルでもソコソコ大きいタピストリーぐらい。
色々な糸をより合わせて 太さや色を出していて 遠目で見て立体感があるような 映える様に織られていることに
改めて、凄いなぁ~っと感嘆したのであります。

さて、2日目の染色の方はだいぶ要領もつかめて、ササッと支度して リズム良く?染められるようになったつもり(笑)
縮 3原色その他
3原色による 色だしは、レインボー染めで 感覚的に体験は積んでいるものの、
1色1色 ブレンドして色を出す事の楽しさを よりはっきりと掴めた!と云う気がします(ちょっと弱気)
これからもっと 染めれば、胸を張って 自分の出したい色を染められる自信がつくはずです!

今回の講師は、 堀先生。
堀先生は、穏やかな目をされた優しい先生。 未盗掘で発見された 藤ノ木古墳の 副葬品の復元織物をされました。
その資料も見せていただきました。
縮 藤ノ木古墳 復元 のコピー

その優しい堀先生から『再現性のないデータなら 無い方がまし!そのためには、染料を正確に計るにつきる』とまず最初に言われました。

最後染め終わってから ココまで染めたので、「自宅でも引き続きこの染料で染めたい」とお願いしたところ、
まず…「秤はありますか?」と聞かれたので 胸を張って「0.1g」まで計れる秤を持ってます!と答えたところ
「それでは足りないから 0.01gまでの秤を買いましょうね(ニコ)」といわれました
あははは~~高いのよね0.01gの秤って…でも「(ニコ)では その秤もお願いします」っと申し込んで来ました。

届くのは4月の中旬かしら?楽しみなような、明細が怖いような…。

でもこれで(たぶん)キッチリ計れます! 自宅教室でも 染の講習が出来るように頑張ろう!
関連記事

Comment

ワークショップの様子 こんなことするんだ~~~と
とてもたのしみです。

ハードだったようで お疲れ様でした。

また お道具がふえるようで....(笑)

実は 我が家には0.01まで計れる 秤 あります。
旦那が 陶芸の 釉薬を調合するのに 必要だ というので 大枚を はたいて買ったのですが

実際に使ったのは 私が手作り化粧水を作るときの2回だけ。
宝の持ち腐れ状態です。



  • 2010/03/17 12:33
  • catgirl
  • URL
  • Edit
秤が欲しいけど
0.1gの秤でもひるんだ私は染め職人には
向いていないですね(笑)
C.G.さま

その節は、本当にありがとうございました。
お道具は今回は小さな物なので 場所はとらないけど、懐はさびしいです。

そうかぁ~~、やっぱり薬品を図る時は 0.01の秤なのですね~~。甘かったわ 私(笑)

C.G.さんも 染料量って いざ!染を!
ENITINさん

最近は 台所用の0.1秤も出ているから、
是非!染職人になりましょう!!
私も参加したかった!! 予約したのですが キャンセルしちゃったんです
あ===baruさんも参加されるんだったら行けば良かった。。。
次回のにはと予定・・・ 
カナリハードと聞いていたので 覚悟しないといけないですね。
道具は今は本当に進化して デジタル化も・。。
色々教えてくださいね。
  • 2010/03/17 22:46
  • gabo
  • URL
え~~~~!!!!
gaboさま。なんと!そうだったのですかぁ~~
うわぁ^^残念。ほんと!残念だぁ~。

要領良くやる!と云うのが、結構苦手なので(笑)
ハードでしたが、楽しかったです~。

こちらこそ!色々教えてくださいね。
KAWASHIMAには学生のころ行ったけど、バスでグルグルしていたのでどこにあったかはまるで記憶に残っていません。叡山電鉄の沿線だったのですね。

だけどあの緞帳ははっきり記憶に残ってます。
だって舞台いっぱいの幅が必要なんですもの、すっごい広い所でしたよね~。
  • 2010/03/21 14:26
  • ぷく
  • URL
ぷくさん

研修旅行でいかれたのでしょうか?
チャーターのバスに乗ったら道ってわかりませんよね。
講習が終わって、帰りは市バス?で京都市内まで出ました。電車とはまた違った風景で、楽しかったです。

緞帳は、ほんとに大きいですねぇ~。
場所も…
はつり(どんな字を書くのか判りませんが…)の始末をするのに 織りあがった緞帳の上に座布団しいて座って作業されていたので 大きい物は始末もたいへんなんだなぁ~っと
思いました~。
Comment Form
公開設定