ノーホークホーン(Norfolk Horn)

  • Day:2010.04.13 16:39
  • Cat:紡ぎ
Norfolk Horn(ノーホークホーン)
この羊は、顔が黒く 角のある羊です
古くはノーフォーク、サフォークとケンブリッジ(イングランド)にいた羊で、
サフォーク種の開発の時に、サウスダウンとともに使われました。
しかしながら、本物のノーホークホーンは絶滅してしまい、
Suffolk、Wiltshire Horn 、Swaledale の3種のかけ合わせで
NEW Norfolk Horn として復活し現在では、Norfolk Hornとして確立したようです。

このところ サフォーク種をはじめ サフォークの元になった
サウスダウンやロマノフを紡いできたので、ノーホークホーンも紡ぎたいと
探して、2008年に 北海道のスピナーズファーム田中さんからご紹介をいただいき
観光用のノーホークホーンのフリースを手にしました。

しかし…観光用のひつじさんは、フリースの中にゴミが多いのです(涙)
スピナー用に飼育しているひつじではないので しかたありません。
いただいた時も ゴミが多いですよ!と言われていたので、そのことは承知。…のハズでしたが

やっぱり 物凄くゴミが多くて(笑)
紡ぎイス用のお座布団を1枚編んで、挫折しておりました。

師匠から、ゴミの多いものはグリージーの時にコーミングで落としたほうが良く落ちる…と聞いてはいるものの
室内で扱いたくないほどのゴミの量を含んだグリージーだったので、ココはガッチリ洗うしかない!と
本日は、一日 普段はしない振り洗いを 腰をかがめてやっていました。
さすが、サフォークの元のひつじ 振っても 揉んでも 全くフェルト化する様子も見せず、
ゴミさえなければ扱いやすい毛質なのに~~~っと フガフガしてしまいます。

縮 ノーホークホーン
乾いたら、外でドラムカーダーをかけましょう。
少しでもゴミが落ちるといいなぁ。

Norfolk Hornを洗いながら、このままだと 達成感がないなぁ~っと思い、
フリースの置き場から 浸け置き洗いで済みそうなモノを選んで 一緒に洗いました。
縮 ハーフブレッド ボーダーデール

ミルクティ色:ハーフブレッド
茶色MIX: ボーダーデール
関連記事

Comment

ばるさん いっつも いろんな品種の羊に挑戦してるでしょ...

私も いろんな羊を手がけてみよう..と思っているけど 1つの品種を作品に仕上げるまでに時間がかかって なかなか手がけた品種が 増えません(笑)

なので ばるさんの ブログで堪能させていただきます。(笑)
  • 2010/04/14 10:27
  • CatGirl
  • URL
  • Edit
C.G.さん

いろんな品種いじるのすきですね(笑)
でも基本、ダウン種が好き♡です。

ノーホークホーン ごみごみ覚悟なら、
直に堪能してみますか(笑) お気兼ねなく~
Comment Form
公開設定