2010 ノルディックシンポジウム

  • Day:2010.08.06 23:29
  • Cat:編物
昨年 清里で開催されたノルディックシンポジウムから もう1年経ってしまったなんて!
時の過ぎるのはなんて早いのでしょうか。

先週末 今年のシンポジウムに参加した Mさんを囲んで憧れの本場の様子を伺った。

昨年と同じ講座もあったようだけど、ドミノ編みの面白い編み方とか
ドットの なんとも可愛い編地やら、 トラディショナルな 編みこみ模様とか
ロヴァニエミとか あぁ~~~もうとっても楽しそう!

来年は 開催地は 孤島らしいです(笑)
どうやって行くのかもわからないけれど 行きたいなぁ~。

出発前のMさんに 「ボスニアンクロッシェの 木製の針を探して~」っとお願いしたら、
ちゃんと探して 買って来てくれました。セトレースの本
ボスニアンクロッシェはやはり なかなか売っていないようで、
Mさんが見つけたときも お店の方から「どう使ってあむの?」と聞かれたそうです。
そこで、Mさん 持参のボスニアンクロッシェで編んだ帽子をプレゼントして 編み方を伝授(笑)してきたそうな。
きっと お見せのウインドウに Mさんの帽子飾られているのでしょうね~。

手仕事が盛んだと思っていた 北欧でも 忘れ去れていく技法はたくさんあるのでしょうね…。

画像右の本は、「セトレース」の本
こちらも 鈎針編むレースです。
いま 自宅クラスで 地味~~にはやり始めている 技法なので 新しい本が手に入って とっても嬉しい。



関連記事

Comment

ボスニアンクロシェに木製の針があるんですね~。
以前頂いた型紙を元に、自分で削って作った針とよく似てます(木製同士だから当たり前? 笑)
ちなみに厚みはどのくらいですか?
自作針は3mm位です。強度が心配で、そのくらいが限界でした。
Pinさん

厚みですね。ノギスで測ってみますので少々おまちください~。
  • 2010/08/07 21:21
  • baru
  • URL
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
  • 2010/08/09 09:37
Comment Form
公開設定