日本民藝館

やっと、「民藝がはぐくんだ人間国宝展」へ行ってきました。

駒場はいいところだなぁ~。

今回は、芹沢介(型絵染)、平良敏子(芭蕉布)、宮平初子(首里の織物)の作品を楽しみに行ったのですが、
それ以上に、島岡達三(縄文象嵌)の作品に グッと心を捕らえられてしまいました。
陶芸のことは、よくわからないのですが、
縄文象嵌の柄って言うのかな?とか、刷毛目の模様が、
壷などの曲線と合い間ってなんだか 凄くよかったです。

26日が最終日で、ギリギリ。
行ってよかったです。

ちなみに、デジカメを忘れたので、写真はありません。
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)