絨毛と紡毛糸の講習

第4 金曜日 紡ぎクラス
こちらのコースは、基礎コース(梳毛糸・紡毛糸) 意匠糸 のカリキュラムを終えて
絨毛に入りました。レッスンはじめは≪リャマ≫

柔らかく細い毛の中にチクチクする太い毛が混ざる≪リャマ≫ 
見た目とちがう 紡いだ糸から指にさわる感触を体験するはとっても大事。
指はとっても微妙なところまでかんじとれるのです。
皆さんとっても美しい糸に紡げたのですが…写真を撮るの忘れてしまいましたm(_ _)m

そして、第3木曜日のクラスの日は、Wool Works2013 の初日でしたで、
狭い工房で合同でレッスンをしていただきました。

131 紡毛糸講習
素材は、12月レッスンで部位分けをして洗ったNZダウン種。(この記事は書き忘れてしまいました)
スピンジーなNZダウンは、紡毛糸にうってつけ、この甘茶色がとってもかわいいのです。

ティージンングして、ハンドカードしてローラグにしているところ。
手前のローラグは「ちょっと細すぎました」と反省されていました。
ローラグは、毎回同じ太さでよいとは思いません。
素材によって太さを変えるようにおすすめしています。

丁寧な仕事をまずお伝えしているので、レッスンで紡ぐ糸は、ほんの少量。
自宅で自分の紡ぎ車で紡ぎ小品でも作品にすることが、糸として活かせる糸を紡ぐ王道ですね。


*・゜゚・*:.。.:*・゚・*:.。.:*・*・゜゚・*:.。.:*・゚・*:.。.:*・

カップケーキ (300x400)
息子が小学生のころ通っていた「ピアノの先生にあいさつに行って来たよ。」とカップケーキを持って帰ってきた。カップケーキは今もレッスンに通っている幼馴染のYちゃんからのプレゼント。
彼女のレッスンを見て、その後カップケーキを食べながら3人でおしゃべりを2時間もしたらしい。
近くに、話を聞いてくれる大人と仲の良い友人がいる事がやっぱりうれしい事だなっと
夕食後、カップケーキを食べながらしみじみ思ってしまいました。

関連記事

Comment

Comment Form
公開設定