8月、工房開放終了しました。 おまけ画像三角ショール

8月31日、本日も古い友人(織の先生)が工房を訪ねてくれました。ありがとう。
お茶をしながら、ゆっくり色々な話をして、何を思って教室をやっていくのかなど、
あらためて思い返す、良い時間になりました。

さて今日で工房開放も終了です。
今年で2回目、遠方から来てくださる方を含めリピーターの方が多く、
定期のレッスンではできない、レッスンや道具を使っていただく事ができて良かったです。

その中でも、今回は7月を含めると最高訪問5回というSさん。
普段はスピンドルで糸を紡いでいるSさんは、紡ぎ車が必要なのか…というところで思案中。
今回の工房開放で、2着分の(たしか)糸を紡ぎ終えました。
この冬編む糸は紡ぎ終えてしまいました。もちろん自宅ではスピンドルで紡いでいます。
夏に工房に通って多少の糸のストックができてしまえば…あとはスピンドルで何とかなりそうなので
紡ぎ車は必要ないのかも…という結論に傾くのかしら…どうなんでしょう。

もうおひとかた こちらもSさん。3回のご訪問。
Sさんは、今年購入された羊毛もすでに洗って持参されドラムカーダーかけ。
こちらも…たぶん3頭分ぐらい、カードされました。
工房のドラムカーダーを使うお約束は、「とりあえず羊毛をほぐしてくること!」というのをお願いしています。
あの分量をほぐすのも…大変な量です。感服。
この秋からどんどん紡がれることでしょう。楽しみです。
賞味期限内で紡ぎ終えてくださいねぇ~~。

明日から9月、まだまだ暑いし、ちょっとエアコンにあたりすぎて
ちょっぴり怠くなってくる時期ですから、気を付けましょうねぇ~。

さて、おまけ画像です。
スピニングパーティーの講習の編み地を使った三角ショール。
ニットプロのアフガン輪針?を使っています。
13831アフガンショール


13831 アフガンショールアップ


お申し込みは、右側のメールフォームよりメッセージしてください。
スピニングパーティーの会場での申し込みももちろんOKです。 詳細はコチラ



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定