ノースロナルドセイ 紡ぐ前にデザインを考える

  • Day:2014.02.17 23:30
  • Cat:紡ぎ
昨年 イギリスのウールフェスタに行った時に購入して
11月に洗ったノースロナルドセイをいじり始めました。

まずはデザイン。
私はすぐに絵をかいたりするデザインはほとんどしません。
だって…糸が決まっていないのですから…。
だから漠然とした妄想のイメージで方向性だけを決めます。

★ノースロナルドセイを見たとき、
  絶対 交差編みベースのラグランセーターを編む!と決めました。でも…どんな交差編みにしよう~~とワクワク。
  しっかり目の細い3plyにして 交差した縄が一体どこに行っちゃうの~的な迷路の交差模様なんて面白いかも…トカ

★★ サンプルを紡いでみて
  思っていたより、ステイプルが短く紡毛糸が紡ぎやすそうなのでローラグ2本分紡毛糸で紡ぐ

ロマノフにもあったあの…黒い毛 短い毛がたくさんあって野性味あふれた糸になってる。
3plyにしたら、黒毛がチカチカしてイヤラシイかも…。
やっぱりふっくらした紡毛糸かな…。並太ぐらいで。
1402 ノースロナルドセイ 試作糸

★★★サンプル編み地
画像の色が少し暗く映ってしまったけど こんな感じ。
うんやっぱり、多少凹凸のある編み地が良さそう。
しっかり目の双糸にしよう。
1402 ノースロナルドセイ 試作編み

などなど 多少のサンプル紡ぎ&編みで一応方向性を決める。
後は、手持ちの量を見て、色(染色するかしないか、先染めにするか後染めにするか…)考えることはたくさん。

★4 ラフスケッチを描いてみる(見せないけど…(^^;Δ )
形はラグランプルオーバー、身頃は交差模様。
袖は…編みこみにしてみようかと…(これは染めもしなければならないので一応保留)
編みこみ用の糸サンプルを作ってから決定にします。染めは…黄色とグレーと紺の先染めかな…。

という訳で 身頃用の糸を紡ぎ始めました。
ティージィングしてカーディングしてローラグ。
1402 ノース ローラグ


紡毛糸を紡ぐ。
1402 ノース ボビン


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定