特別WS アルパカ講習 終了

  • Day:2014.03.30 15:40
  • Cat:紡ぎ
昨年12月で手紡ぎI (梳毛糸)手紡ぎII (紡毛糸) 手紡ぎIII(獣毛) 手紡ぎIV(ファンシーヤーン)を終えたメンバーさんで、1月から3月までの3回で特別アルパカ講習というか検討会をしました。

汚毛のアルパカを洗剤どのぐらいで洗うと良いのか?
ウールとのブレンドはどの程度が良いのだろうか?
などなど、気になっている事を皆で検証しながらの糸作りです。

個体差もありますし、設備もうちの工房ですからちゃんとしたデータを出す事はむずかしいですが、
個人的に少量扱うためのデータとしては、いい結果がでました。

洗いに関しては、羊ほど油っぽくないため洗剤はそう多くは必要ありません。
それよりも、毛の間に入り込んだ砂を落とす事が重要。
私は、アサリの砂を抜くような感じで底に触れないようにザルなど入れゆっくり気長に砂を落とすのが一番効果がありました。

ブレンドは、ウールをメリノ・コリデール・サフォークの3種類に決め混紡率も3パターン。
計9種類に糸を制作。
thアルパカブレンド1453

4名での共同制作なので糸のタイプは色々 細い糸・太い糸 よりの強さ・甘さ なども比べられて それだからこそ面白い結果がました。

これからの皆さんの作品制作の幅がグンと広がったのではないかと思います。
一人では大変な事も人数がそろうとデータや素材をシェアしながらできていいですね。
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定